ゆず製品が目白押し!高知「馬路温泉」立ち寄り湯とゆずグルメ

| 高知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ゆず製品が目白押し!高知「馬路温泉」立ち寄り湯とゆずグルメ

ゆず製品が目白押し!高知「馬路温泉」立ち寄り湯とゆずグルメ

更新日:2017/08/16 11:14

浦賀 太一郎のプロフィール写真 浦賀 太一郎 週末トラベラー

高知県は、実はゆずの生産が日本一って知っていましたか?全国シェア50%近くを誇る高知県にあって、"ゆずの村"として名高いのが、高知県東部に位置する「馬路村」。馬路村は、長い年月をかけて着実にゆず製品の開発を重ね、ついに年商30億円を突破した恐るべき村なんです。今回は、そんな馬路村でのどかに余暇を楽しめる「馬路温泉」を紹介します。

深い山林と爽やかな清流に囲まれた馬路温泉

深い山林と爽やかな清流に囲まれた馬路温泉

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

安芸郡安田町の市街から、山谷を分け入るようにして安田川沿いの県道12号を車で走ること約40分。山林の緑はより鮮やかに、川の岩々は上流に行くにつれ、どんどん大きく深く秘境に入り込むような、馬路村への道のりです。

高知県東部の1000m級の山々に囲まれた馬路村は、村の面積のおよそ96%を山林が占めており、そのうち75%が国有林という、まさに山に囲まれた村なのです。安田川のせせらぎが心地よい静かな山あいに、「コミュニティセンターうまじ 馬路温泉」は佇んでいます。

深い山林と爽やかな清流に囲まれた馬路温泉

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

馬路温泉は、宿泊することもできますし、日帰り温泉を楽しむこともできます。泉質はナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉で、創傷・火傷・リュウマチ性疾患などに効能があります。温泉療養に適した泉質で、ちょっとずつ、じわじわと浸かることが肝要とのこと。詳しくは関連MEMO欄の「馬路温泉」を参照してください。

お風呂はゆったりした大浴場と、安田川を眺める半露天があります。安田川のせせらぎに耳をすまし、鳥のさえずりや虫の音を聴きながら、まったりじっくり浸ると癒されますよ!

アメニティは、シャンプーもリンスもボディソープも、馬路村産のゆずオイル仕込みのオリジナル商品で、単なるスキンケア品と侮ることはできません。爽やかな使用感が気に入ったら、フロントの売店で買い求めることもできますよ!

選びあぐねる!馬路村自慢のゆず商品の数々

選びあぐねる!馬路村自慢のゆず商品の数々

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

フロントの売店には、今までの人生で見たゆず系製品の全数を確実に上回るであろう、凄い数のゆず製品が並びます。よくよく見ると、自分の家の近くのスーパーでも見るようなゆずドレッシングやゆず酢も並んでいたりして、「これは馬路村発祥だったんだ!」とプチビックリしたりもできます。

ゆずはちみつ、ゆずマーマレード、ゆずジャム、ゆずみそ、ゆずポン酢しょうゆ、ゆずドリンク、ゆずお肉のタレ、ゆずハンドクリームetc……これらがゆず製品の生産者さん毎に数種類ずつ並ぶ姿は壮観そのもの!全国展開の商品もありますが、もちろんここでしか買えないものもありますので、旅のお土産に購入しちゃいましょう!

レストランも地産グルメのゆずテイスト満載!

レストランも地産グルメのゆずテイスト満載!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

ランチもディナーもリーズナブルに楽しめる、併設のレストランもぜひ立ち寄りたい所です。小休止なら、全国展開もしているゆずドリンク「ごっくん馬路村」をソフトクリームにアレンジした「ごっくん馬路村ソフトクリーム」がおススメ。香るゆず味は、クセになってあっという間に食べきれちゃいます。

レストランも地産グルメのゆずテイスト満載!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

ランチのおススメは、「あめごゆず酢定食(写真)」。あめごは、アマゴとも言い、渓流の女王と呼ばれる気高い淡水魚で、馬路村では安田川に生息し、養殖もされています。ピリ辛のゆず酢ダレをかけて食べるとなお美味しい!

他にも、高知の地鶏である土佐ジローのゆず胡椒焼きや、唐揚げ、酢鶏。ゆず胡椒餃子。冬季限定のいのしし鍋などなど、馬路村でしか食べることのできない地産グルメを、ゆずテイストでおいしく頂けます。

馬路村の繁栄を偲ぶ!復活の馬路森林鉄道

馬路村の繁栄を偲ぶ!復活の馬路森林鉄道

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

明治後期から昭和中期まで、日本三大美林といわれていた魚梁瀬杉の運搬のために、馬路村には森林鉄道が走っていました。車道の整備やダムの建設によって廃止となってしまいましたが、現在は馬路温泉のすぐそばで、ミニ森林鉄道として往時を偲ぶ復活を遂げています。

運行は祝休日限定で300mのプチトリップですが、小さな谷に沿って走るので迫力があって子供にも人気です。また、森林鉄道の運行日には、馬路温泉前駅弁当が10個限定で販売されます。馬路村の山川の幸を盛り込んだお弁当は、駅弁フリークに密かな人気を呼んでいます。

ゆずの馬路村!遠いからこそわざわざ行ってみよう!

実は全国のお茶の間にも届いていた、馬路村のゆず製品。長年の努力を経て、花開いた技術だったのです。のどかな山林の風景と、間断なく繰り出されるゆず製品ラッシュ、そしてまったり浸かる馬路温泉。なかなか遠く行きにくい土地柄ではありますが、余暇を過ごすにはよかところですけん、ぜひ行ってみて下さいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -