スタバ好き必見!創業の街シアトルでスターバックス巡りの旅!

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

スタバ好き必見!創業の街シアトルでスターバックス巡りの旅!

スタバ好き必見!創業の街シアトルでスターバックス巡りの旅!

更新日:2017/09/26 17:34

黒川 甚太のプロフィール写真 黒川 甚太 海外弾丸トラベラー、絶景・夜景フォトグラファー、トラベルライター

さかのぼること20年前に日本に上陸して以来、コーヒーだけでなく多種多様なメニューで若者を中心に支持を集めるスターバックス。そんなスターバックスの生まれ故郷のシアトルで、ダウンタウンに位置する1号店や夢の工場型店舗‘’Starbucks Reserve Roastery’’は世界中から訪れたスタバファンで大賑わい。創業の地ならではのスターバックスの楽しみ方をお届けします。

アメリカのコーヒーの首都・シアトル

アメリカのコーヒーの首都・シアトル

写真:黒川 甚太

地図を見る

アメリカ西海岸に位置するワシントン州・シアトルはMicrosoftやAmazonに代表するIT企業や世界最大の航空機メーカーであるボーイング発祥の地として有名ですが、今や世界中の人々が口にするシアトル式コーヒーの生まれた地でもあるのです。エスプレッソに砂糖を加えストレートで楽しむイタリア式コーヒーに対し、スチームしたミルクにエスプレッソを加え、ラテやカプチーノとして楽しむのがシアトル流のコーヒーの楽しみ方。

今や世界中に2万3000店以上展開するスターバックスも1971年にここシアトルで誕生したのです。

看板が茶色い?今も営業を続ける第1号店

看板が茶色い?今も営業を続ける第1号店

写真:黒川 甚太

地図を見る

ダウンタウンのパイクプレイスマーケットに位置するスターバックス1号店。現在の女神が描かれた緑色の看板とは打って変わって、ギリシャ神話に登場するセイレーンという人魚がモチーフの茶色い看板が掛けられているのです。看板のみならず店内にも創業当初の面影が残されています。

看板が茶色い?今も営業を続ける第1号店

写真:黒川 甚太

地図を見る

日中はかなり混み合い多くの観光客が行列を作っていますが、地元の人々が入り口付近でギターを弾きながら歌っており、列に並ぶ人々が退屈しないよう楽しませてくれます。声を掛ければ記念撮影にも応じてくれるので、旅の記念にここ1号店で思い出の一枚を撮るのもおすすめです。

1号店限定グッズを手に入れよう

1号店限定グッズを手に入れよう

写真:黒川 甚太

地図を見る

シアトルの街を歩けばどこにでもスターバックスがあるのに人々が列を作って1号店に並ぶのは、なんといっても1号店限定グッズを手に入れるため。

全米のご当地シリーズである‘You Are Here Collection’マグカップ($10.95)や初代ロゴが描かれた各種マグカップ($9.95〜)、多種多様なタンブラー($14.95〜)など自分用としてもお土産としてもぴったりなグッズが販売されています。

1号店限定グッズを手に入れよう

写真:黒川 甚太

地図を見る

店内はこじんまりとしていて狭くテーブルやイスが設置されていないため、本場シアトルスタイルで購入したドリンクを片手に持ちながら、ダウンタウンを散策してみてはいかがでしょうか。

日本未上陸!スターバックスロースタリーで舌鼓

日本未上陸!スターバックスロースタリーで舌鼓

写真:黒川 甚太

地図を見る

2014年に1号店からほど近いエリアに、新コンセプトのスターバックスの工場型店舗”Starbucks Reserve Roastery”がオープンしました。ここ、通称スタバロースタリーの広々とした店内は自然を感じる木を用いたデザインで洗練されています。

日本未上陸!スターバックスロースタリーで舌鼓

写真:黒川 甚太

地図を見る

世界中から仕入れた生豆を店内で焙煎し、スターバックスのコーヒーバリスタ達が一杯ずつ、コーヒーを淹れてくれるのです。通常店舗では取り扱っていない、ハンドドリップコーヒーやサイフォン式コーヒーなどコーヒーだけでも多くのメニューがありますが、イタリア料理で有名なロッコ・プリンチ氏監修の焼きたてのパンやスイーツなども外せません。

ロースタリー限定のグッズや店内で行われる焙煎の見学も要チェックです。
なお、日本では東京・中目黒に2018年にオープン予定ですが、本場シアトルで一足早くコーヒーの世界に心ゆくまで浸ってみませんか。

スターバックスはもちろん!魅力いっぱいのシアトル

今や世界中で愛されるスターバックスですが、いかがでしたでしょうか。日本から一番近いアメリカとして東京からわずか9時間で行くことのできるシアトルにはスターバックスのみならず、広大な自然と都市の調和、新鮮でおいしい海鮮料理など多くの魅力で溢れています。スターバックス巡りはもちろんのこと、世界遺産のオリンピック国立公園やマウントレーニアなど自然を満喫するのもおすすめです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ