“神宿る島”沖ノ島をのぞむ!福岡県の離島「大島」

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

“神宿る島”沖ノ島をのぞむ!福岡県の離島「大島」

“神宿る島”沖ノ島をのぞむ!福岡県の離島「大島」

更新日:2017/07/09 19:10

さと しほのプロフィール写真 さと しほ 旅行会社勤務

福岡県の宗像大社は、辺津宮・中津宮・沖津宮という3社の総称です。辺津宮は簡単にお参りできる場所にありますが、中津宮は「大島」に、沖津宮は入島禁止の「沖ノ島」にあります。入島禁止の島ってどんなところ?気になりますよね。大島の断崖にある「沖津宮遥拝所」まで行けば、「神宿る島 沖ノ島」を遠望することができますよ!

知ってた?宗像大社は3社の総称なのです

知ってた?宗像大社は3社の総称なのです

写真:さと しほ

地図を見る

「宗像大社」が、辺津宮・中津宮・沖津宮という3社の総称だということをご存じでしたか?3社はそれぞれ別々の場所にあって、陸続きで簡単にお参りできるのは「辺津宮」だけ。残りの2つは離島にあります。

●辺津宮(へつぐう)…博多駅、福岡空港から約35キロ。福岡県宗像市にあります。
●中津宮(なかつぐう)…辺津宮から約4キロ先の神湊港へ。そこから船で15〜25分ほど、今回ご紹介する「大島」にあります。
●沖津宮(おきつぐう)…辺津宮から約60キロ先の「沖ノ島」にあります(*女人禁制の他、入島制限あり)。

知ってた?宗像大社は3社の総称なのです

写真:さと しほ

地図を見る

沖津宮をのぞむ「沖津宮遥拝所」は、大島の断崖絶壁にあります。遥拝所は、入島できない沖ノ島にある沖津宮を、遠くからお参りするために設けられました。ここから沖ノ島までは約50キロ。天気がよければ、ここから「神宿る島 沖ノ島」の島影を見ることができるんです。

知ってた?宗像大社は3社の総称なのです

写真:さと しほ

地図を見る

沖ノ島までの距離は約50キロ。うっすら島影が見えるだけで十分!天候だけでなく視力も重要なポイントです。

沖ノ島は「一木一草一石たりとも島から持ち出すことは禁ずる」という掟がある神聖な島。辺津宮の神職が10日交代で島にやってきて、島内にある沖津宮を守っています。

神職以外で沖ノ島に上陸できるのは、毎年5月27日の大祭の日、抽選で選ばれた男性だけということですから、沖ノ島がどれだけ大切に守られている神聖な場所なのかが、わかりますよね。

大島までは高速船で15分

大島までは高速船で15分

写真:さと しほ

地図を見る

神湊(こうのみなと)港〜大島港間の船は1日7往復。所要時間約15分の高速船と、所要時間約25分のフェリーがあります。

大島までは高速船で15分

写真:さと しほ

地図を見る

船内にはテレビもあります。トイレもありますのでご心配なく。高速船は15分ほどで着くので、デッキで潮風に吹かれながら船旅を楽しんでもいいですね。

大島までは高速船で15分

写真:さと しほ

地図を見る

フェリーなら車も積めます。大島をぐるっと一周するなら、少々高くなりますがフェリーで車を運んだほうがいいかもしれません。大島は周囲15キロほど。断崖に囲まれた風光明媚な場所ですよ!

中津宮にもお参りを!

中津宮にもお参りを!

写真:さと しほ

地図を見る

大島に着いたら、まずは港のすぐ近くにある「中津宮」にお参りしてから、沖津宮遥拝所にむかいましょう。

玄界灘の新鮮な海鮮丼で腹ごしらえ

玄界灘の新鮮な海鮮丼で腹ごしらえ

写真:さと しほ

地図を見る

大島行きの船は1日7往復。出航時間の都合で、大島での滞在時間は3時間ほどになります。大島で食事をとっていると観光する時間が少なくなるので、ランチは辺津宮周辺でいただいてから出かけることをおすすめします。

辺津宮周辺には、玄界灘の海の幸を食べられる海鮮屋さんがいくつもあります。ただ、週末のランチ時は混んでいるのでご注意を!駐車場に停まっている車の台数を見れば、お店の混み具合が予想できるので、時間がない方は、車を走らせながら店探しをしてもいいですね。

玄界灘の新鮮な海鮮丼で腹ごしらえ

写真:さと しほ

地図を見る

「海彦」では、海鮮丼が1,700円ほどでいただけます。他にも海鮮メニューがたくさんあります。刺身御膳は1,900円、海鮮天丼は1,200円とお手頃価格です。

「海の道 むなかた館」で学ぼう!

「海の道 むなかた館」で学ぼう!

写真:さと しほ

地図を見る

時間がある方は大島に向かう前に、辺津宮の隣にある入場無料の「海の道 むなかた館」に立ち寄りましょう。施設内のシアターでは、「神宿る島 沖ノ島」の内部を3D映像で見ることができます。立体感があるので沖ノ島に上陸した気分になれますよ!

数々の秘宝が出土している沖ノ島は「海の正倉院」とも呼ばれています。地図で見ると、辺津宮・中津宮・沖津宮はほぼ一直線上で、その先には朝鮮半島が!古来から中国や朝鮮との往来があったはずです。歴史のロマンを感じませんか?

入島できない「沖ノ島」、せめて遠望を!

大島では移動手段の確保が重要です。台数が少ないので、タクシー、レンタカーは予約が必須。フェリーで車両を運ぶ際にも予約が必須です。大島港にはレンタサイクルもあります。

「中津宮」と「沖津宮遥拝所」までなら徒歩やレンタサイクルでも行けますが、大島は断崖や展望台から見降ろす景色が素晴らしいので、ぜひ車で島を一周してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -