ベルギー・アントワープの名店!「デジレ・ド・リール」でオリジナルワッフルを堪能

| ベルギー

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ベルギー・アントワープの名店!「デジレ・ド・リール」でオリジナルワッフルを堪能

ベルギー・アントワープの名店!「デジレ・ド・リール」でオリジナルワッフルを堪能

更新日:2017/09/27 11:51

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ トラベルライター、アートライター

ベルギーを旅するなら、本場のワッフルを味わうのは外せません。観光スポットが目白押しなアントワープの街中にも、ワッフルを売りにするお店がひしめき合っています。

アントワープ中心部で、伝統的なワッフルを堪能したい人におすすめなのが「デジレ・ド・リール(Desire de Lille)」というカフェ・レストランです。他のお店とは違った、オリジナルのワッフルを堪能できます!

- PR -

ノートルダム大聖堂からすぐ!賑やかな通りにあるカフェ・レストラン

ノートルダム大聖堂からすぐ!賑やかな通りにあるカフェ・レストラン

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

アントワープの街を見下ろすランドマーク、ノートルダム大聖堂から徒歩5分にあるカフェ・レストランが「デジレ・ド・リール」です。この周辺は、有名ブランドのブティックや伝統のあるチョコレートショップなどが多いエリアで、観光やショッピングの合間に立ち寄るのにも便利な立地です。

目を引く赤い屋根に、ライトアップされた看板。歴史あるアントワープの街に溶け込んだような、かわいらしい外観が特徴です。

ノートルダム大聖堂からすぐ!賑やかな通りにあるカフェ・レストラン

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

店先にあるテラス席と、広々とした店内で食事ができます。カジュアルな雰囲気で、家族連れも多いお店です。

お店の向かい側には、テイクアウト専門でワッフルを販売する店舗もあります。シーンに応じて利用できるのも魅力です。

「デジレ・ド・リール」は、1903年創業という、長い歴史をもつ老舗です。ここだけでしか味わうことができない、絶品のオリジナルワッフルが人気を誇ります。

「フルーツソレイユ」は鮮やかなフォルム

「フルーツソレイユ」は鮮やかなフォルム

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

デジレ・ド・リールの売りは、なんといってもベルギー名物のワッフル。生地には秘伝のシロップが混ぜ込まれており、ふんわりとやさしい甘さが広がります。ここだけのオリジナルの生地です。

ベルギーのワッフルには、固めで食べごたえのあるリエージュ風、厚焼きでさっくり感のあるブリュッセル風と種類がありますが、デジレ・ド・リールのワッフルはブリュッセル風です。このワッフルも例にもれず、さっくりと、それでいてふわふわとした上品な食感を味わうことができます。

豊富なワッフルメニューの中でも、特におすすめなのがワッフル・ソレイユです。ワッフルの上には、こぼれ落ちそうなくらいのフルーツがてんこ盛りです!

イチゴやリンゴ、キウイなどの色とりどりで新鮮なフルーツが、これでもかと盛り付けられたボリューム満点のメニューです。添えられた冷たいアイスクリーム(ソルベ)との相性も抜群。これだけ盛られて9.5ユーロです。

ほかにも、イチゴとホイップクリームがたっぷり乗ったものや、キャラメルソースがかけられたものなども。好みに合わせてチョイスしやすいのが嬉しいポイントです。

コーヒーやフードメニューも外せない

コーヒーやフードメニューも外せない

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

お店のいちばんの売りはやはりワッフルなのですが、ガレット風クレープやソルベなど他のスイーツメニューもおすすめです。また、オムレツやクロケットなどの食事メニューも充実していて、ランチやディナーとして利用するのもおすすめです。

ワッフルのおともにおすすめなコーヒーメニューも豊富です。ふわふわに泡立ったミルクが乗ったホットのカフェラテは、ほっと一息つける味わいです。

アントワープでいただく、特別なワッフル

店内はこみあっていることが多いですが、開店直後やディナータイムは比較的空いています。また、テイクアウト専門のお店であれば、店内よりも短めの待ち時間でワッフルを堪能できます。

美しい街並みのアントワープにある、デジレ・ド・リールでいただくワッフル。こだわりのオリジナルワッフルは、アントワープ観光をより盛り上げることでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ