R18指定の古民家日帰り温泉!静岡「茶目湯殿」で大人だけの贅沢時間

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

R18指定の古民家日帰り温泉!静岡「茶目湯殿」で大人だけの贅沢時間

R18指定の古民家日帰り温泉!静岡「茶目湯殿」で大人だけの贅沢時間

更新日:2017/07/05 17:50

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

疲れをとるために温泉に来たのに、ちびっ子たちがいると落ち着かない…。そうお思いの方はいませんか?静岡県殿場市のリゾート「時之栖」には、18歳未満は入れない珍しい日帰り温泉があります。「源泉 茶目湯殿」は、大人だけが入れる究極の癒し湯処。建物は築200年以上の文化財を丸ごと移築し、温泉に浸かりながら富士山を眺められます。普段たまった疲れを癒すのにぴったり。さあ、とっておきの大人の隠れ家へ!

日帰り温泉として蘇った200年前の豪商、大井家

日帰り温泉として蘇った200年前の豪商、大井家

写真:安藤 美紀

地図を見る

富士山の1合目付近とほぼ同じ高さに位置する、静岡屈指の高原リゾート「時之栖」。冬はイルミネーション、夏は避暑地としてファミリーやグループに人気のリゾートですが、「茶目湯殿(ちゃめゆどの)」だけはちょっと違います。ここは18歳未満の人は入ることができない、いわゆる大人専用の日帰り温泉専用施設。にぎやかな喧騒とは打って変わり、山奥にある秘湯感が漂います。

日帰り温泉として蘇った200年前の豪商、大井家

写真:安藤 美紀

地図を見る

「茶目湯殿」で使われている建物は、越前の国(福井県)府中にあった醤油問屋の豪商、大井家を移築したもの。1807年に建てられたもので、福井県の文化財にも指定されています。200年以上も前になりますので、すべてが当時のままというわけにはいきませんが、限りなく原型に近い形で復元されました。館内は当時の豪商の息遣いを感じるような建住まい。中でも、広さを感じさせる木造の脱衣所は、一瞬自分がどの時代にいるの?と迷ってしまうほど。

旅情感たっぷりの寛ぎスペース

旅情感たっぷりの寛ぎスペース

写真:安藤 美紀

地図を見る

1Fの広縁は、お風呂上がりにほっと一息付ける場所。手入れさえたお庭を眺めながら寛ぐことができる気持ちのいい空間です。

木造のシックな雰囲気に癒される内風呂

木造のシックな雰囲気に癒される内風呂

写真:安藤 美紀

地図を見る

古民家の佇まいがそのまま残る「茶目湯殿」の内風呂。高い天井は太り梁が剥き出し、味のある造りになっています。浴槽は水に濡れると艷やかに光る伊豆石が使われ、高級感たっぷり。風呂桶や椅子もすべて木製で、落ち着いた雰囲気です。

泉質はアルカリ性単純泉。pHは8.7でお湯が柔らかく、ヌルヌルしすぎないマイルドな温泉です。「単純泉」といっても成分が単純なわけではなく、ナトリウム・炭酸水素・カルシウム・メタケイ酸など、様々な泉質がブレンドされています。濃度は低い方なのですが、ミネラルを補給してくれたり、お肌の弾力アップも期待できる優しい美人の湯。じっくり温泉を楽しみましょう。

木造のシックな雰囲気に癒される内風呂

写真:安藤 美紀

地図を見る

露天風呂のメインは、炭酸ガスがしっかり溶けこんだ高濃度の人工炭酸泉。湯船に浸かると、炭酸ガスの微細な泡が体につき吸収され、血液循環を促してくれる効果があります。冷え性や肩こりの改善の他、自律神経を安定させてぐっすり眠れる効果があるので、パソコンやスマホをたくさん使う人にとっては、最高の気分転換になるでしょう。

温度は38℃前後のぬる湯。思わず長湯したくなる快適な湯温ですが、入りすぎは厳禁です。湯当たりしないよう、1回の入浴時間は10分〜15分にとどめておいて、2〜3回に分けて入るようにしましょう。

無料のマッサージ機、囲炉裏で極上の癒しを

無料のマッサージ機、囲炉裏で極上の癒しを

写真:安藤 美紀

地図を見る

館内着に着替えったら、火照った体を休ませるため寝転びエリアへ。ゴロンと横になれるお布団や、無料のマッサージ機がずらりと並んでいます。奥には女性専用エリアもありますので、すっぴんを見られたくない女性はこちらを利用するといいでしょう。

無料のマッサージ機、囲炉裏で極上の癒しを

写真:安藤 美紀

地図を見る

「茶目湯殿」はさっと立ち寄るのではなく、1日かけてじっくり滞在するのがおすすめ。2Fにある無料の休憩所には、移築当時から作られた囲炉裏があります。ここは冬になると実際に火が起こされ、囲炉裏の火を見詰めて過ごすことができるんです。大人だけの静かな時間をじっくりお楽しみください。

さらに1Fの休憩所では、静岡茶やコーヒーが無料で飲み放題になります。風呂上がりには有料で御殿場高原ビールも!お食事については、館内の御食事処でいただくことができます。

離れの露天風呂「天空の湯」で富士山ビューを堪能

離れの露天風呂「天空の湯」で富士山ビューを堪能

写真:安藤 美紀

地図を見る

「茶目湯殿」の営業時間は、朝10時から夜10時まで(最終受付は夜9時)。そしてお昼12時から夜7時まで、離れの露天風呂「天空の湯」がオープンします。場所が高台になるため、浴衣のまま階段を上る必要がありますが、その先に待っている景色は超一流。ぜひ足を運んでみてください。

離れの露天風呂「天空の湯」で富士山ビューを堪能

提供元:御殿場高原 時之栖

http://www.tokinosumika.com/spa/chame/地図を見る

富士山を真正面にドーン!と眺められる「天空の湯」は、とにかく圧巻の一言。目の前に遮るものがいっさいなく、雄大な富士山を裾野までしっかり眺めることができます。浴槽自体はさほど大きくありませんが、浸かりながら富士山を拝むには十分な広さ。この絶景を独り占めできるのは、大人だけの特権です。

「茶目湯殿」で非日常の極楽体験を

「茶目湯殿」の利用料金は、平日1,500円、土日2,000円。さらに夕方6時以降は夜間券となり、平日だと1200円、土日だと1500円に割引されます。少しでもお値打ちに入りたい方は夜の時間もオススメですよ。ただし、「天空の湯」は夕方6時までとなりますので、夜間割引を利用される方は入れません。注意しましょう。

最近は、設備の整った日帰り温泉施設が乱立している時代。でも、古民家のある心和む風景を楽しみながら大人だけの時間を過ごせる施設は、唯一無二の存在です。どこか癒やされる場所をお探しの方は、ここでゆっくり贅沢な時間に身をゆだねてみては!18歳未満のみなさんは、対象年齢になるまで楽しみに待っててくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ