夏バテのあなたに!白神山地「世界遺産の径 ブナ林散策道」は夏もひんやり

| 青森県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

夏バテのあなたに!白神山地「世界遺産の径 ブナ林散策道」は夏もひんやり

夏バテのあなたに!白神山地「世界遺産の径 ブナ林散策道」は夏もひんやり

更新日:2017/08/01 14:16

伊都 をかしのプロフィール写真 伊都 をかし 旅ライター

青森県が誇る世界遺産・白神山地は、標高1000m級の山々が連なる山岳地帯で、人の手の入っていないブナの原生林が広がっています。そして、この自然の恵み豊かな原生林には、天然記念物に指定されている「クマゲラ」をはじめ、多種多様な動植物が生息しています。

「世界遺産の径 ブナ林散策道」は、誰でも安心して楽しめるハイキングコースなんですよ。気軽に白神山地の大自然を体感してみませんか?

日本にたった4つしかない世界自然遺産のひとつ

日本にたった4つしかない世界自然遺産のひとつ

写真:伊都 をかし

地図を見る

白神山地は、日本にたった4カ所しかない世界自然遺産の1つです。その広さは、なんと東京ドーム2万8千個相当だそうですけど、東京ドームを2万8千個と言われても、ちょっと数字が大きすぎて想像ができませんね。でもとにかく、とてもとても広いのだということだけはわかります。

この広い、広い白神山地のブナ林には人の手が入っていません。これが肝なんです。そのおかげで、ここにはいろんな種類のたくさんの動物や昆虫、植物たちが生息しているんです。かわいいノウサギや特別天然記念物のニホンカモシカなんかに会えたりしたら、うれしいですね。

体力に合わせてコースが選べる

体力に合わせてコースが選べる

写真:伊都 をかし

地図を見る

「世界遺産の径 ブナ林散策道」は、1周約2kmのコースです。途中でショートカットして30分ほどでまわれる小廻りコースと、全行程を60〜90分ほどかけてまわる大廻りコースがあります。体力に合わせて選べるのがいいですね。

散策道は整備されていますが、けっこうアップダウンがありますし、天候によってはぬかるんでいたりして足場の悪いところもありますので、革靴とかサンダルはNG。スニーカーがお勧めです。自然遺産に指定されるほど自然豊かなブナ林ですから、虫もたくさんいます。ですので、刺されたりしないよう夏でも長袖長ズボンが安心です。

散策道に入るとトイレはありませんので、入り口にあるトイレですましておきましょう。

体力に合わせてコースが選べる

写真:伊都 をかし

地図を見る

それから、ぜひ用意していただきたいのが、水筒か「空の」ペットボトル。ブナ林は緑のダムと言われるほど保水能力があるのですが、散策道の手前にこの貴重なブナ林からの湧き水を汲める「水飲み場」があるんです。おいしいブナ林の湧き水を水筒に入れて、さあ太古の森に出かけましょう!

ブナの原生林は夏もひんやり

ブナの原生林は夏もひんやり

写真:伊都 をかし

地図を見る

ブナの原生林は、緑と水がいっぱい。そのせいか、夏でもひんやり感じられます。ヒートアイランド現象の都会から来た人は、きっとそのさわやかさに感激することでしょう。呼吸する度に大自然の生命力を吸収しているような気がしますよ。

ブナの原生林は夏もひんやり

写真:伊都 をかし

地図を見る

散策道はゆるやかに8の字を描いたようなコースになっていて、何カ所か分岐点があります。でも、分岐点には必ずわかりやすい地図付きの案内板があるので、迷子になる心配はありません。自然を損なわないように、でも、自然を身近に感じられるように、そして安全に楽しめるように、絶妙の配慮がなされています。

ブナの原生林は夏もひんやり

写真:伊都 をかし

地図を見る

がんばって大廻りコースに挑んだ人には、ちょっと嬉しいご褒美があります。ブナ林の中にも湧き水を汲めるところがあるんです。こちらの水飲み場は、本当に山から湧き出た水を直接いただく感じです。キリッと冷たい湧き水を飲むと、頑張って歩いてきた疲れも吹き飛びますよ。

ブナの原生林でマイナスイオンたっぷりの緑のシャワーを浴びよう

「世界遺産の径 ブナ林散策道」は、世界自然遺産である白神山地の貴重な自然を気軽に、しかも安全に楽しめるコースです。

鳥のさえずりや虫の鳴き声に耳を傾けながら、太古から続く白神山地の大自然に抱かれて、マイナスイオンたっぷりの緑のシャワーを浴びませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ