台北だけじゃない!台湾リピーターが高雄へ行くべき5つの理由

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

台北だけじゃない!台湾リピーターが高雄へ行くべき5つの理由

台北だけじゃない!台湾リピーターが高雄へ行くべき5つの理由

更新日:2017/07/12 16:36

羽田 さえのプロフィール写真 羽田 さえ 熊本在住ライター

常に人気の海外旅行先である台湾。一番人気はやっぱり台北ですが、ちょっと別の街も見てみたいという人におすすめなのは、台湾第二の都市、高雄。人情味にあふれ、下町情緒ただよう南部の港町は、どこかのんびりムード。台北とはひとあじ違う魅力がいっぱいです。
アクセスも簡単で、日本国内各地から直行便が飛んでいるほか、台北から台湾新幹線を使えば日帰りもOK!そんな高雄に行くべき理由を5つ、ご紹介します。

1.地下鉄にフォトジェニックな絶景、あります

1.地下鉄にフォトジェニックな絶景、あります

写真:羽田 さえ

地図を見る

高雄の地下鉄(MRT)には、わざわざ途中下車して見に行きたい絶景スポットがあります。レッドラインとオレンジラインの乗換駅である「美麗島」駅についたら改札の外へ。
駅舎の天井いっぱいに「光之穹頂(The Dome of Light)」と名付けられたステンドグラスが広がっています。約4500枚のガラスが使われ、すべて手作業で制作されたのだとか。直径約30メートルの大きさがあり、色とりどりの巨大アートは迫力満点!SNS映えもばっちりの必見スポットです。

2.港町の風情、旅情たっぷり

2.港町の風情、旅情たっぷり

写真:羽田 さえ

地図を見る

台北との違いのひとつが、港町であること。港町・高雄を体感するためには、旗津フェリーに乗って、旗津半島へ渡ってみましょう。観光遊覧船ではなく市民の足として運航している船のため、本数も多くリーズナブル。MRTオレンジライン「西子灣」駅からほど近い「鼓山輪渡」から対岸の「旗津輪渡」まで、10分足らずの短い船旅です。おすすめの時間帯は夕方。海風が心地よく吹き抜ける中、旅情たっぷりの美しいサンセットを眺めることができるかも。

2.港町の風情、旅情たっぷり

写真:羽田 さえ

地図を見る

旗津のメインストリートの両側には、新鮮な海の幸を扱う食堂が並んでいます。おいしい海鮮料理の夕食をとるのがおすすめ。写真入りのメニューがあったり、日本語のできるスタッフさんがいるお店もありますよ。
夕食後には再びフェリーに乗り、高雄市内側へ。高雄85ビルなど、市街地の夜景も楽しめます。フェリーは深夜まで運航していますが、あまり遅くなりすぎないようご注意を。

3.台湾名物・夜市もしっかり楽しめます

3.台湾名物・夜市もしっかり楽しめます

写真:羽田 さえ

地図を見る

夜市の散策は、台湾旅行の大きな楽しみのひとつ。もちろん高雄にもたくさんの夜市があります。最も有名なのが六合夜市。六合国際観光夜市とも言います。先ほどご紹介した「美麗島」駅からすぐの便利な立地にあり、18時頃から深夜まで賑わいます。

3.台湾名物・夜市もしっかり楽しめます

写真:羽田 さえ

地図を見る

六合夜市の一角には、台南名物・度小月の担仔麺のお店も。台南まで行かなくても、高雄で手軽に本場の味を楽しめるのは嬉しいですね。

4.海鮮やフルーツまで、B級グルメの宝庫!

4.海鮮やフルーツまで、B級グルメの宝庫!

写真:羽田 さえ

地図を見る

庶民派B級グルメが楽しい高雄。ローカルの人々に混じって、気になるメニューを試してみましょう。写真は屋台の「乾麺」。ゆでた麺に具材とタレをからめた汁なしそばで、日本の油そばに近い絶品グルメです。

4.海鮮やフルーツまで、B級グルメの宝庫!

写真:羽田 さえ

地図を見る

高雄らしいメニューとして海鮮にも注目。写真は特製のタレをつけていただく海老の蒸し物。新鮮な魚介だからこそ楽しめるシンプルなごちそうです。

4.海鮮やフルーツまで、B級グルメの宝庫!

写真:羽田 さえ

地図を見る

スイーツ党なら、かき氷で決まり!台湾の南部に位置する高雄は、冬でも比較的暖かく、かき氷を食べるのにぴったり。旬のフルーツをたっぷり使ったかき氷でクールダウンしましょう。5月から10月頃なら、濃厚な甘みのマンゴーがごろごろ乗ったマンゴーミルクかき氷がおすすめです。

5.カルチャースポットももちろんあります

5.カルチャースポットももちろんあります

写真:羽田 さえ

地図を見る

観光できる場所があまりないのでは?という心配も無用。よく知られた有名観光地が決して多いとは言えない高雄ですが、見どころもたくさんあります。

写真は道教の寺院である「三鳳宮」。MRTレッドライン「高雄車站」またはオレンジライン「市議会站」から徒歩でアクセスできます。火災で焼失したために20世紀に再建された本殿は新しいものですが、創建は清の時代。300年以上の歴史を持つ古刹です。荘厳な雰囲気がありながら、参拝に訪れるのは地元の人々が中心。お年寄りが座っておしゃべりするなど、ほのぼのムードの境内。まったりした空気感が高雄らしい寺院です。

SNS映えする街!台湾南部の街・高雄へ行ってみよう

絶景にグルメ、港町の風情が楽しめる台湾第二の都市・高雄、いかがでしたか?
日本各地からの直行便もあり、台北から高速鉄道で90分ほどでアクセスできるので、弾丸旅行でもOK。台北以外の街にちょっと行ってみたい、という人にぴったりの街です。新しい台湾を探しに、ふらりと高雄を訪ねてみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/05−2017/05/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ