ひまわり畑に巨体が飛来?ヒコーキをラブリーに撮る「女満別空港」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ひまわり畑に巨体が飛来?ヒコーキをラブリーに撮る「女満別空港」

ひまわり畑に巨体が飛来?ヒコーキをラブリーに撮る「女満別空港」

更新日:2017/06/27 16:54

タケモト スグルのプロフィール写真 タケモト スグル カメラマン、ライター、撮影コンサルタント

お花畑に舞うと言えば? おそらくミツバチやチョウなどの小さな生き物が浮かぶと思います。より大きなものを思う方は少ないでしょう。ところが北海道には、巨大な物体が飛来するヒマワリ畑があることをご存知でしょうか? ここでは、ミツバチのように飛行機を撮ることができる「女満別空港近辺のひまわり畑」をご紹介すると共に、撮影方法にも触れたいと思います。

旅の目的地「女満別空港」

旅の目的地「女満別空港」

写真:タケモト スグル

地図を見る

北海道の東部・北部。旅好きの方には知床・羅臼・屈斜路湖・摩周湖・層雲峡・流氷のオホーツク海など多くの観光スポットが浮かぶと思います。その中心に位置するのが女満別空港(めまんべつくうこう)です。

一般的に空港は経由地であり、降り立つと更なる出発を意識しますが、女満別空港の場合はちょっと違います。一部の愛好家にとっての「目的地」となっているのです。

目指すは隣接するお花畑。飛行機がフワリと舞う「ひまわり畑」が目的地です。

撮影スポット「リサイクルセンター横 空港用地」

撮影スポット「リサイクルセンター横 空港用地」

写真:タケモト スグル

地図を見る

女満別空港が位置する、その名も「大空町(おおぞらちょう)」。その公式ホームページに「ひまわり畑」は紹介されています。

場所の名は「リサイクルセンター横 空港用地」。スポッター(≒空港など特定の場所で撮影をする航空機ファン)などマニアの間でも呼び名は「リサイクルセンター前」のようです。空港の北側に隣接しており、車で約5分、徒歩で20分少々の距離にあります。近辺に駐車スペースもあるので、ナビをリサイクルセンターに合わせて向かって下さい。

大町町役場リサイクルセンター
北海道網走郡大空町女満別中央254−1

撮影スポット「リサイクルセンター横 空港用地」

写真:タケモト スグル

地図を見る

ひまわりの見頃、飛行機の見頃

ひまわりの見頃、飛行機の見頃

写真:タケモト スグル

地図を見る

夏の季語である「向日葵(ひまわり)」は、当然ながら年中開花ではありません。大空町Webサイトによると、「7月下旬から8月中旬(ひまわり日記)」、「7月下旬ごろから10月中旬ごろ(教えてひまわり)」を鑑賞時期としています。ブログも用意されているので最新情報を確認して下さい。

飛行機についても確認が必要です。女満別空港のフライト情報(2017年6月24日現在)には1日10本少々の発着が記されているものの、ムラがあるため、朝と昼一を除けば数時間に1本の時間帯もあります。事前にフライト情報を確認して下さい。

ひまわりの見頃、飛行機の見頃

写真:タケモト スグル

地図を見る

絵作りにこだわる

絵作りにこだわる

写真:タケモト スグル

地図を見る

絵作りにこだわる場合は「離着陸の方向」や「機体の重量」も重要です。

女満別空港は南北に伸びる空港であり、夏季は主に北側より南向きに着陸、南に離陸します。その為、北側のひまわり畑を通過するのは「主に着陸時」です。実際、航空機ファンの写真の多くが着陸時となっています。もし掲載の写真のように向きへのこだわりがある場合は、特に「風向き」に注意して下さい(※)。

直近の情報については、フライトレーダーの確認や、管制官とパイロット間の無線の傍受がいいでしょう。レシーバーがなければ、傍受中のスポッターの反応を眺めて行動して下さい。

絵作りにこだわる

写真:タケモト スグル

地図を見る

更には「機体の重量」も重要です。

ひまわり畑と機体とを撮ることは、レンズ次第でどの機体でも可能ですが、その距離感は変わります。その主因は「機体の重量」です。機体のサイズも重要なのですが、大きくても機体が軽いと比較的短距離で離陸し、ひまわり畑の遙か上空を過ぎてしまいます。B787やB767といった中型機の中でも座席の多い機種を狙ってみて下さい。

※ 飛行機の発着方向を決める要素は様々ですが、主な要素は「風向」です。大気との相対速度で浮力が変動する為、機体の速度が低下する離着陸時は特に「向かい風」が選ばれます(追い風の場合、失速・墜落の危険性が増す)。すなわち、離陸時にひまわり畑を舞うのは主に「北風(北側から南向きに風が吹く)の時」という事です。

女満別空港「リサイクルセンター前」での撮影方法

女満別空港「リサイクルセンター前」での撮影方法

写真:タケモト スグル

地図を見る

今回の主な撮影データは以下の通りです。

カメラ:Nikon D500
レンズ:AF-S DX 18-300mm f3.5-5.6
モード:A(絞り優先)
絞り:f11〜f16
シャッタースピード:1/1000
ISO感度:自動制御(上限ISO3200, 低速限界速度1/1000)

このデータ上で重要なのは絞り値です。ひまわりのボケを抑えるためf11〜f16と高めに設定しています。ボケもある程度は許容するのですが、過剰になるとヒマワリ畑で撮る意味がありません。程度を確認して上下させて下さい。

女満別空港「リサイクルセンター前」での撮影方法

写真:タケモト スグル

地図を見る

ひまわりのみの写真ついては、「超広角レンズ(AF-S DX 10-24mm f3.5-4.5)」を使ったこと以外に特筆すべき点はありません。表現として明瞭度を高めているものの、女子カメっぽく低い明瞭度で撮るのもいいと思います。ご自身の感じたままを表現して下さい。

おしまいに

今回は女満別空港の撮影スポット「飛行機が舞うヒマワリ畑」を紹介しました。地名からしてメルヘン、「大空町」が誘う「空と地をむすぶ」スポットです。

感動を心に、カメラをその手に。
カッコよさを求められがちなヒコーキにラブリーを加えてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ