工場見学&直売アウトレットがお得!「クルミッ子」の鎌倉紅谷・幸浦工場

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

工場見学&直売アウトレットがお得!「クルミッ子」の鎌倉紅谷・幸浦工場

工場見学&直売アウトレットがお得!「クルミッ子」の鎌倉紅谷・幸浦工場

更新日:2017/07/19 14:37

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

鎌倉銘菓「クルミッ子」の製造元・鎌倉紅谷の工場が、横浜・幸浦にあります。ここは知る人ぞ知る、超お得な楽しいスポット!
工場併設の直売所では人気商品はもちろんのこと、アウトレット品「クルミッ子切り落とし」「クルミッ子こわれ」などがお得な価格で購入できるんです。運が良ければ激レア商品も…?さらに、予約不要で楽しめる工場見学エリアもありますよ!

鎌倉銘菓「クルミッ子」って?

鎌倉銘菓「クルミッ子」って?

写真:下川 尚子

地図を見る

鎌倉紅谷は、鎌倉の鶴岡八幡宮前に本店を持つお菓子屋さん。その看板商品といえば、なんといっても「クルミッ子」。しっとりしたバター生地に、クルミぎっしりのキャラメルをサンドしたお菓子は、一度食べると忘れられない美味しさです。

クルミッ子の他にも、「あじさい」「鎌倉だより」など、鎌倉の風情や文化に「縁のある」お菓子が数多くあり、鎌倉のお土産選びをするならぜひ訪れたいお店。今回はその、鎌倉紅谷の工場と直売所についてご紹介します。

工場見学&直売店でお買い物ができる幸浦工場

工場見学&直売店でお買い物ができる幸浦工場

写真:下川 尚子

地図を見る

「クルミッ子」の製造元・鎌倉紅谷の工場は、横浜の「幸浦工場」、鎌倉の「常盤工場」の二か所があり、どちらも工場直営の直売所があります。

今回ご紹介するのは、幸浦工場。2015年にできたばかりで新しいキレイな建物です。場所はシーサイドライン「幸浦駅」より徒歩2分。お車でお越しの方は、2台分の駐車スペースがあります。

工場見学&直売店でお買い物ができる幸浦工場

写真:下川 尚子

地図を見る

幸浦工場は、一階が直売所、三階が工場見学エリア。こちらは一階の直売所です。売り場はごくシンプルですが、「クルミッ子」「あじさい」「鎌倉だより」などの定番商品や季節限定のお菓子が並び、工場直売所ならではのアウトレット品も。カウンター脇の冷凍庫には「紅谷アイス」もあります。オススメはなんといっても、クラッシュしたクルミッ子をふんだんに混ぜ込んだ「クルミッ子アイス」!

工場見学&直売店でお買い物ができる幸浦工場

写真:下川 尚子

地図を見る

直売所にはちょっとしたベンチとテーブル、そして自動販売機も設置されていますので、購入したあと一休みすることも可能。特に「紅谷アイス」は、購入してすぐにこちらで食べられる方も多いそうですよ。

時には激レア商品も!?工場直売所ならでは、お得なアウトレット品

時には激レア商品も!?工場直売所ならでは、お得なアウトレット品

写真:下川 尚子

地図を見る

そして、工場直売といえば、気になるのがアウトレット品!幸浦工場で販売されているアウトレット品で代表的なのは「クルミッ子切り落とし」と「クルミッ子こわれ」。切り落としは製造工程で必ず出る「端っこ」の部分。「こわれ」は、割れたり欠けたりした品です。

そして、運が良ければ「鎌倉だよりこわれ」や「あじさいこわれ」が手に入ることも!これらは非常にレアで、あまり店頭に出ない「幻の品」なのだそう。見つけたらぜひゲットを!

時には激レア商品も!?工場直売所ならでは、お得なアウトレット品

写真:下川 尚子

地図を見る

アウトレット品といっても、ちょっとしたヒビや割れがあるだけで、味は一緒。それでも価格はお得で「クルミッ子こわれ」は10個入りで1080円。通常、バラで1個140円ですから、お得なことが分かりますね!切り落としは310グラムで1080円です。「端っこ」の切り落としはバター生地の割合が多く、クッキー好きな方にはそちらが人気なのだとか。※価格は2017年7月現在の情報です

これらのアウトレット品は、毎日、売り切れ次第販売終了。早いときは午前中に完売してしまうこともありますので、手に入れるコツとしてはやはり早い時間に行くこと。あくまで入荷状況は「その日による」のが工場直売所のアウトレット品。運試しのつもりで気軽にどうぞ。

予約不要で工場見学もできる!

予約不要で工場見学もできる!

写真:下川 尚子

さて、幸浦工場を訪れたら、もう一つおすすめしたいのが工場見学。二階は工場見学エリアになっており、上から見下ろす形で、鎌倉紅谷のお菓子が作られる工程を見ることができます。

こちらはクルミッ子の製造エリア。バター生地を敷き詰め、キャラメルを作って、焼きあがったクルミッ子を冷まして…と、様々な工程が手作りで進められている様子をじっくり見ることができるのです。

予約不要で工場見学もできる!

写真:下川 尚子

地図を見る

続いてこちらは包装・加工エリア。焼きあがったクルミッ子をカットして、包装するまでの作業が見られます。同様に、「あじさい」や「鎌倉だより」が作られる様子も見られますよ。

基本的に直売所が開いている時間(平日10:00〜17:00)はいつでも予約不要で見学できますが、11:30〜13:00の間はお昼休憩のため稼働していないエリアがあります。また、15:00頃に10分ほどの休憩が入る場合もあります。ですので、絶対に工場見学したい!という方は、その時間を外して訪れると安心ですね。

鎌倉紅谷・幸浦工場を出たあとは直売所めぐりを

鎌倉紅谷・幸浦工場を出たあとは直売所めぐりを

写真:下川 尚子

地図を見る

幸浦〜福浦周辺は工場が多く集まっており、鎌倉紅谷の工場の近くには「重慶飯店」「江戸清」などさまざまな食品メーカーの工場があります。

すべての工場に直売所が併設されているわけではありませんが、「梅蘭」「ウイッシュボン」など一部の工場には常設の直売所がありますので、周辺を散策して「直売所めぐり」を楽しむのもオススメです。

また立地的には「横浜・八景島シーパラダイス」や「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」などにも近いので、レジャーで行かれる際に一緒に立ち寄るのも良いでしょう。

月に一度の「MDCアウトレットセール」もチェック

幸浦〜福浦エリアでは月一度、第4土曜日10時より「MDCアウトレットセール」が開催されます。これは地域全体のセールで、常設の直売店がない工場でもアウトレット品やお得なセール品が販売される、まさにお宝なイベント。

もちろん鎌倉紅谷でも「クルミッ子切り落とし」や「クルミッ子こわれ」などの販売が行われます。ちなみに、どちらも通常は工場直売店でも1080円のところ、1000円とさらにお得になるのだそう。ご予定の合う方は、そちらのイベントにも足を運んでみてはいかがでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ