まるで象の足!京都西陣「浄福寺」天狗の止まり木“クロガネモチ”

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるで象の足!京都西陣「浄福寺」天狗の止まり木“クロガネモチ”

まるで象の足!京都西陣「浄福寺」天狗の止まり木“クロガネモチ”

更新日:2017/06/30 17:14

政田 マリのプロフィール写真 政田 マリ 仏像ナビゲーター

歴史を感じる寺院と古い町家の佇まいが人気の京都市西陣エリアに、どっしりと根をはる大きな木が目を引く「浄福寺」があります。樹齢300年を越すその巨木は「クロガネモチ」。足元から見上げるとまるで象の足のように無数のシワが刻まれています。地域の人々に災難除けの信仰を受けるこの木はその昔、鞍馬の天狗が降り立ち、団扇であおいで大火災の火を消したと伝わり、側のお堂には「護法大権現」として天狗が祀られています。

平安京を代表する古刹「浄福寺」

平安京を代表する古刹「浄福寺」

写真:政田 マリ

地図を見る

浄福寺の創建は平安時代初期まで遡ります。京都に移ったばかりの都の鬼門除けにと、御所の東北の位置に建立され平安京七大寺の一つとして栄えましたが、度々の火災で移転を余儀なくされ、現在の場所へは1615年に移転しました。

創建当初は天台宗でしたが、江戸時代の徳川家の影響を受け現在は浄土宗の寺院で、本堂には阿弥陀如来坐像が本尊として祀られています。

平安京を代表する古刹「浄福寺」

写真:政田 マリ

地図を見る

釈迦堂の釈迦如来立像は有名で、京都清凉寺伝来の釈迦像をモデルとして鎌倉時代に造仏されました。清凉寺の釈迦像はインド・中国・日本と渡ってきた「三国伝来栴檀瑞像」として人気を呼び、全国にそっくりな像(清凉寺式釈迦如来)が造仏されました。浄福寺の像は、京都市内で唯一現存する清凉寺式釈迦如来像です。

大きく枝を広げ葉を茂らせる「クロガネモチ」

大きく枝を広げ葉を茂らせる「クロガネモチ」

写真:政田 マリ

地図を見る

境内の東側の入り口である「東門」はひときわ目立つ朱色。浄福寺は別名「赤門寺」とも呼ばれ、お寺の目印となる建物です。その門の北側から覆い被さるように枝を伸ばす巨木が、樹齢300年を越すクロガネモチです。

大きく枝を広げ葉を茂らせる「クロガネモチ」

写真:政田 マリ

地図を見る

門をくぐり北側にある小さなお堂のそばに行くと、その巨木の根元にたどり着きます。下から見上げるとその幹の太さに圧倒されます!どっしりとして、薄灰色の木肌には無数のシワが刻まれているその姿はまるで象の足のよう。

赤門のある東側に向けては枝が広がり青々と葉を茂らせ、西側は枝は少なく苔むしていて対照的な姿も印象に残ります。

大きく枝を広げ葉を茂らせる「クロガネモチ」

写真:政田 マリ

地図を見る

よく見ると太い幹にはぽっかりと穴が開いていて、中央は空洞。木肌に近い部分だけで養分を葉に送り、必死に命をつないできたことがわかります。人々に神聖な木として崇められるようになったのも、その強い生命力が所以かもしれませんね。現在「上京区・区民の誇りの木」として登録されています。

巨木の隣に祀られる「護法大権現」とは

巨木の隣に祀られる「護法大権現」とは

写真:政田 マリ

地図を見る

クロガネモチの木のそばには、「護」や「護法」という文字の入った瓦の小堂があります。これにはある伝説が関わってきます。

江戸時代中期の1788年、京都中が炎に包まれた大火災「天明の大火」が起こりました。京都の四条の南、団栗橋近くで発生した火災は風の勢いを受けて北へと燃え広がり、この浄福寺近くまで近づきました。その時、北の鞍馬山から天狗が飛来しこのクロガネモチに止まり、持っていた団扇で浄福寺に日が近づかないように風を送り、延焼を食い止めたといいます。

巨木の隣に祀られる「護法大権現」とは

写真:政田 マリ

地図を見る

実際に天明の大火の記録を見ても、浄福寺の手前で延焼の記録は止まっているそうです。それ以来、浄福寺を守ってくれた天狗は神格化され、仏教を守ってくれる護法「護法大権現」として浄福寺の東北一角で祀られるようになりました。

巨木の隣に祀られる「護法大権現」とは

写真:政田 マリ

地図を見る

お堂の周辺にはたくさんの絵馬が奉納されていて、その多くが天狗の姿やヤツデの葉の団扇などが描かれています。生命力あふれるクロガネモチと、怪力で火を食い止めた天狗、二つのパワーは絶大!と信仰を集めてきた証拠ですね。

毎月25日に開催!「浄福寺」釈迦堂公開とご住職による法話

いかがでしたか?本来「浄福寺」は観光寺院ではありませんので、堂内の拝観はできませんが、毎月25日には釈迦堂が公開になり、お釈迦さまの拝観とご住職の法話を楽しむことができます。とてもわかりやすく楽しく仏教にまつわる話をしてくださるので、毎月楽しみにしているリピーターさんが多くいらっしゃいます。

クロガネモチと護法堂は通年拝観できますが、ぜひ25日に訪れて、巨木にパワーをいただいた後ご住職の法話に癒される、そんな1日にされてみては?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/17−2017/06/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -