日常が浄化される20時間…「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日常が浄化される20時間…「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」

日常が浄化される20時間…「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」

更新日:2017/07/11 14:29

みぃのプロフィール写真 みぃ 実泊ホテルライター、トラベルライター

熱海駅から車で10分。伊豆山標高361メートルの豊かな樹々に囲まれ、邸宅のような静けさをまとう「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」。眼下には相模湾と熱海の街が広がり、駅前の賑やかさが嘘のような静けさは、忙しく過ごす現代人がホッとひと息つける極上空間。
五感に響く滞在で、忙しく過ぎゆく日常を浄化しませんか?

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」の特別感

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」の特別感

提供元:ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

地図を見る

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」は2016年7月21日にリブランドオープンした新しいホテル。山の上の静かな森の中という場所柄、「以前通りかかった時に気になって…」というよりも「わざわざ調べてここを選んだ」という旅慣れた、ホテルにこだわりのある宿泊者が選び、そしてまたリピートされる特別感漂うホテル。

客室はたった16室。小学生以下は宿泊できないため、落ち着いた世代のご夫婦やマタニティ旅行で静かに過ごしたい方、普段は第一線で活躍するビジネスパーソンが、ほんのひと時の安らぎと自分を取り戻す時間を求めて訪れる極上ホテルなのです。

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」の特別感

写真:みぃ

地図を見る

チェックインは相模湾を見下ろすロビーラウンジで。ウェルカムドリンクはアルコールとノンアルコールが用意されています。どちらも洗練された美しさと豊かな香りで、到着して間もない宿泊客を一瞬で「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」の世界観に誘います。

滞在時間は最大20時間。チェックイン開始時刻と同時に来られて、チェックアウトぎりぎりまでたっぷりと過ごされる方が多数。「滞在すること」自体が目的の、そんな特別な20時間をご紹介します。

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」の特別感

写真:みぃ

地図を見る

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」のホテル名は18世紀に活躍した音楽家J.S.バッハに由来します。バッハの音楽のような格調高く美しい調和が随所に感じられる館内を時間の許す限り楽しみましょう。

こちらは2階のライブラリーバー「マグダレーナ」。15時から18時は宿泊者専用のラウンジとなっていますので、お部屋に荷物を置いたあとはこちらで寛ぐのもおすすめ。奥の大きな窓からは熱海の街と相模湾が一望。ドリンクやスイーツはセルフサービスで自由に楽しめますよ。

20時から24時まではバーとして利用できますので、バッハの妻の名がついたこのライブラリーバーで、ピアノと音符に囲まれてお食事の後の寛ぎの時間を楽しむのも贅沢な過ごし方の一つです。

全16室に9タイプの部屋

全16室に9タイプの部屋

写真:みぃ

地図を見る

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」の部屋数はたった16室。ですが9種類の違ったタイプの部屋が用意されていて、訪れる度に新鮮で、それでいてどこか懐かしい印象。「この部屋がお気に入り」、「今度は違った部屋も試してみたい」など、リピーターもその時々でそれぞれの部屋を楽しんでいるようです。

写真はハリウッドツインの部屋。海に向かって大きめのデスクとベッドが配置されていて、おこもりビジネス客にも人気だとか。室内のビューバスはもちろん源泉かけ流し。伊豆山温泉の源泉は約55度。日によって多少の変化がありますので、入る際には湯加減を調整しましょう。

他にも露天風呂を備えた部屋や、森の見えるヒノキの内風呂付きの部屋など、バラエティに富んでいます。どれも素敵なので悩んでしまいますが、最優先ポイントを決めて選ぶと好みにぴったりと合った部屋が見つかるでしょう。

全16室に9タイプの部屋

写真:みぃ

地図を見る

室内の寛ぎの必須アイテム、ティーセットも日本を代表する素晴らしい工芸品で揃えられています。

写真手前のティーカップ&ソーサーはノリタケ。デザインはホテルオリジナルで、カップには熱海で楽しめる4つの花が、ソーサーにはJ.S.バッハにちなんで音符がデザインされています。京焼の湯呑もつまみの部分にまで繊細な細工が見られ、お部屋でのティータイムに彩りを添えてくれます。

全16室に9タイプの部屋

提供元:ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

地図を見る

バスルームのアメニティも日本発の化粧品ブランド「MIKIMOTO COSMETICS」。たっぷりとしたサイズですので贅沢に使えます。

伊豆の恵みが奏でる至福の夕食

伊豆の恵みが奏でる至福の夕食

写真:みぃ

地図を見る

レストランは2階の「Main Dinning 風雅」。広々と贅沢に配置されたお席ですが、更に周りが気にならないように美しいインテリアがパーティション代わりとなってプライベート空間を演出してくれます。

夕食は伊豆の海を思わせる美しいブルーのプレートでスタート。コース内容は想像力を掻き立てる、伊豆をキーワードにした思わせぶりなワードが並び、次のお皿が楽しみ。まるで次の曲が楽しみな演奏会のようです。
もちろん事前にアレルギーなども聞いてくれるので安心ですし、お料理の詳細が知りたい時はスタッフに伝えると詳しいメニューカードがいただけますので気になる方は遠慮なく申し出ましょう。

伊豆の恵みが奏でる至福の夕食

提供元:ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

地図を見る

例えばある日のコース内容を並べるとこのような感じに。前菜に始まり、食べ応えのあるお肉料理、デザートまで、伊豆の豊かな山と海の恵みを目でも舌でも堪能し尽せます。

実はこれだけのボリュームのコース料理を、美味しくペロリといただいても800kcal以下。管理栄養士の指導のもと食材や調理方法を工夫して、お食事を楽しんでもらいながらも健康にも配慮がなされています。

「旅先でのカロリーなんて気にしない!」という方は、デザート後のサプライズも楽しみにしてくださいね。

食後の過ごし方もそれぞれに…

食後の過ごし方もそれぞれに…

提供元:ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

地図を見る

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」には食前・食後に利用したい施設がいくつもあって遊び尽せません。

まずは温泉。相模湾と熱海の街を見下ろす大浴場は大きな窓で解放感抜群。部屋数も少なく宿泊者も限られていますので他の利用者と合うことも少なく、ゆったりと楽しめます。

大浴場のアメニティにも部屋と同じく「MIKIMOTO COSMETICS」が用意されています。

食後の過ごし方もそれぞれに…

提供元:ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

地図を見る

開放感のあるエステで自分自身を労わるのもおすすめ。こちらでは、ボディワークや心理学等を組み合わせて誕生した、カリフォルニア発祥のエサレンマッサージを受けることができます。

その日の体調や好みで選ぶアロマオイルの香りに包まれて、瞑想的なオイル・トリートメントで蓄積された疲れを浄化させましょう。オイル選びに迷ったら、エステティシャンに日頃の不調やその日の疲れ具合を伝えて、相談しながら決めるといいですよ。

食後の過ごし方もそれぞれに…

提供元:ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

地図を見る

温泉やエステの他にも館内の過ごし方が豊富に揃っています。例えば名門コースをラウンドできるゴルフシミュレーターや、フィットネスルームやリラクゼーションルーム、ビリヤード台も用意されています。もちろん料金はかかりません。

温泉やエステ、軽い運動で体を動かしたら、夜にちょっとお腹が空くことも。そんな時にはお部屋のタブレットで、アンコールメニュー(お夜食)のルームサービスを。西伊豆潮かつおと静岡茶のお茶漬け又は駿河かつお燻製汁つけ蕎麦がお部屋に届けてもらえます。

味覚と視覚を刺激する美しい朝食

味覚と視覚を刺激する美しい朝食

写真:みぃ

地図を見る

朝食は夕食と同じく「Main Dinning 風雅」ですが、夕食と違うのは、窓の外が夜景から絶景に!晴れていれば眼下に熱海の街が広がり、それはもう絶景。時には山から発生した雲が熱海城を包み、雲海に浮かぶお城のような光景を作り出すことも。

朝食は見た目にも美しく、体の中から健康になりそうなプレート。夕食と同じく近郊の野菜や果物を中心に管理栄養士によってカロリーが抑えられており、基本は463kcal。体調によってはメニューを足してボリュームアップ。自分だけのオリジナル朝食にすることだって可能です。

味覚と視覚を刺激する美しい朝食

写真:みぃ

地図を見る

チェックアウトは11時。館内のあちらこちらに景色を楽しめる場所がありますので、是非時間の許す限りゆっくりと過ごしましょう。

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」の極上空間をたっぷり堪能

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」は、MAX20時間の滞在を楽しみたい極上空間。忙しくスケジュールを詰め込んだ観光旅行で泊まるにはもったいない。是非、ゆとりをもったスケジュールを組んで、「泊まるために泊まる」滞在をお楽しみください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/11−2017/06/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ