薬草風呂に源泉風呂!伊豆市の青羽根温泉「湯の国会館」は実力派!

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

薬草風呂に源泉風呂!伊豆市の青羽根温泉「湯の国会館」は実力派!

薬草風呂に源泉風呂!伊豆市の青羽根温泉「湯の国会館」は実力派!

更新日:2017/08/16 11:02

八岳木 流泉のプロフィール写真 八岳木 流泉 温泉ライター

静岡県の伊豆半島には、有名な温泉がたくさんあります。西伊豆では土肥や戸田、東伊豆では伊東に稲取、南伊豆では下田など、片手で収まらないほどです。その他、海に接しない中伊豆にも温泉は多いです。修善寺、伊豆長岡、湯ヶ島と、歴史も人気も半島随一。そのなかで、「青羽根温泉」は隠れた温泉!「湯の国会館」なる日帰り施設で、薬草風呂に源泉風呂に、その魅力を存分に満喫しましょう!

小さな温泉の大きな施設

小さな温泉の大きな施設

写真:八岳木 流泉

地図を見る

青羽根温泉は中伊豆地域の伊豆市にあります。歴史が浅く、規模の小さな温泉地です。そのなかに、旅館と規模の大きな日帰り施設「湯の国会館」が存在し、地元の住民から観光客まで幅広い湯客を受け付けています。船原温泉や吉奈温泉など、修善寺以南に位置する青羽根を含めた7つの温泉地を総じて「天城温泉郷」と称する場合もあります。

小さな温泉の大きな施設

写真:八岳木 流泉

地図を見る

湯の国会館では、入浴のほか、食事や整体などを楽しむことができます。浅い歴史ですが、内外観はしっかりとした年季を漂わせる頼もしい造りです。

湯の国会館へ車でアクセスする場合は、東名高速道路「沼津」インターや新東名高速道路の「長泉沼津」インターを利用すると便利です。各インターからは伊豆縦貫道や修善寺道路が延びています。公共交通機関の場合は、東海道新幹線等が乗り入れる「三島」駅から、伊豆箱根鉄道に乗り替え、「修善寺」駅で下車。そこから路線バスが出ています。

内湯のヒンヤリと露天の爽快

内湯のヒンヤリと露天の爽快

写真:八岳木 流泉

地図を見る

湯の国会館には、男女別の露天とサウナが併設された内湯があります。内湯はタイル張りで、少し湯けむりが多めですが、窓が大きく開放的です。同施設の源泉は、湯温の低いアルカリ性単純泉とナトリウム-硫酸塩泉の二種類です。内湯、露天の加温循環された浴槽で硫酸塩泉を、内湯の丸型浴槽、露天の薬草風呂で単純温泉を使用しています。

内湯でのポイントとなるのは、丸型浴槽の源泉槽です。冷たい源泉をそのまま注ぐ、掛け流しにしています。かなりの冷たさで、入るには勇気が必要ですが、サウナ上がりの水風呂として利用しているそうです。露天風呂は石造り。小さくL字に曲がる浴槽で、透明度の高い綺麗な源泉が注がれています。

内湯のヒンヤリと露天の爽快

写真:八岳木 流泉

地図を見る

ユニークなのは、露天の屋根が非常に低いという点。湯船に入って目線を水平にすると、屋根と露天の壁の隙間が狭いことがわかります。その隙間から見えるのは向こう側の名も無き山々。小さな窓から眺めるような雰囲気で、他の施設に無い構造です。ただ、山や野原を駆ける風はかなり涼しく、爽快です!

薬草風呂が露天の目玉

薬草風呂が露天の目玉

写真:八岳木 流泉

地図を見る

露天風呂の一角には名物の薬草風呂があります。それほど大きな浴槽ではなく、大人が3人入るとキツめですが、大変人気のある目玉のお風呂です!薬草はショウブなどを含めた14種類。それを単純温泉で濾して、お湯は中国茶のような色になっています。匂いはそれほどキツくないですが、温泉に薬草を濾すだけあり、薬効は充分です。同施設では、薬草風呂の薬草がお土産として売られています。旅から帰って自宅で薬草風呂とするのも一興ですね。

薬草風呂が露天の目玉

写真:八岳木 流泉

地図を見る

薬草風呂からは、狩野川の流れが一望できます。眺めはこの浴槽が一番!そんな浴槽の位置付けを考えても、湯の国会館では薬草風呂を売りにしている点がうかがえますね。それにしても、狩野川の川景色は実に見事!源泉風呂に入り、薬草風呂で川を眺めるゆったり気分。静かにじっくり入ってみれば、心身ともに良好に!

静けさ求めて天城越え

青羽根温泉は、周囲の有名温泉地の陰に隠れた静かな温泉地です。そのため、湯客もそれほど多くなく、ゆっくりと入ることができるのです。付近には、有名な天城峠もあります。旧道の天城トンネルは重厚で一見の価値あり!湯上がりには、天城を越えて、さらなる静けさを求めてみるのも一興ですね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ