駅前に謎の古墳群出現!?奈良県「天理駅前広場コフフン」

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

駅前に謎の古墳群出現!?奈良県「天理駅前広場コフフン」

駅前に謎の古墳群出現!?奈良県「天理駅前広場コフフン」

更新日:2017/07/10 19:12

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員

奈良県天理市といえば、天理教のお膝元として、その名を知る方もいらっしゃるでしょう。しかし、そんな宗教都市の玄関先に当たる天理駅前に、古墳を連想させる謎の構造物がいま出現していること、ご存知ですか?今回は「コフフン」と呼ばれる構造物の謎に迫ってみましょう。

古墳をモチーフとしたユニークな複合施設「コフフン」

古墳をモチーフとしたユニークな複合施設「コフフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

天理駅に降り立ち、その駅前広場に広がる光景をご覧になった方は一様に驚かれることでしょう。駅前広場に展開する幾つもの施設こそ、今回、ご紹介する「コフフン」です。デザインオフィスnendoの佐藤オオキ氏によって設計され、2017年の春にオープンしたばかりのコフフン。その名は天理市内に数多く存在する古墳に由来します。実際、その形状は巨大な円墳そのもの。大小さまざまな円墳が群集しているかのようで、それはご覧の案内板からもうかがえるでしょう。

古墳をモチーフとしたユニークな複合施設「コフフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

写真は「ステージコフン」と呼ばれる施設。その名のとおり、野外ステージとして設計された施設で、200人も収容可能。日によってはここでさまざまなもよおしが開かれます。

お子さまたちは大喜び!遊戯施設としての役割を持つ「ふわふわコフン」

お子さまたちは大喜び!遊戯施設としての役割を持つ「ふわふわコフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

ステージコフンと隣接するのが、遊戯施設として建造された「ふわふわコフン」。外側からはどのような施設か、まったくわからないため、階段を登り、その内部に足を踏み入れてみましょう。

お子さまたちは大喜び!遊戯施設としての役割を持つ「ふわふわコフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

足を踏み入れると、ご覧のような光景が飛び込んで来ます。そう、ふわふわコフンの内部中央は屋外トランポリンとなっているのです。青空のもと、お子さまたちが無邪気に飛び跳ねている光景は微笑ましい限り。特にお子さまたちには大人気のスポットです。

お子さまたちは大喜び!遊戯施設としての役割を持つ「ふわふわコフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

トランポリンの周辺に敷き詰められているのは、真っ白い砂。トランポリンの上で飛び跳ねた拍子に転んでも大怪我をしないための配慮ですが、トランポリンに飽きたお子さまたちがお砂場遊びに興じることが出来るのも嬉しいですね。

もちろん、お子さまたちを見守るため、トランポリンの周辺は階段状になっており、保護者が待機しています。夏の暑い時期には日除けのテントも設けられているので、時折、お子さまたちをテントの下で休憩させながら遊ばせてあげてください。

戻って来られるかな?すりばち状の遊戯施設「すりばちコフン」と「テーブルコフン」

戻って来られるかな?すりばち状の遊戯施設「すりばちコフン」と「テーブルコフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

こちらは同じく遊戯施設の「すりばちコフン」。その名のとおり、内側がすりばち状になっており、周辺に張られた木の板の傾斜はなんと36度!ロープを伝って下まで滑り降りたは良いが、傾斜がきつくて、なかなか上まで戻って来られないのが面白さにつながっています。果たして、すりばちコフンから首尾良く脱出出来るでしょうか。

戻って来られるかな?すりばち状の遊戯施設「すりばちコフン」と「テーブルコフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

すりばちコフンと連結するご覧の施設は「テーブルコフン」。中央にテーブルがあり、人と歓談するには打ってつけのスペースですよ。

観光案内所やラウンジなどが入る「インフォ&ラウンジコフン」

観光案内所やラウンジなどが入る「インフォ&ラウンジコフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

写真はふわふわコフンから眺められた光景ですが、前方に見えている建造物の名は「インフォ&ラウンジコフン」。観光案内所やカフェレストランなどが入った複合施設です。これから天理市内の観光スポットをめぐろうとする方は立ち寄り、地図など、必要なる資料をいただきましょう。

観光案内所やラウンジなどが入る「インフォ&ラウンジコフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

カフェレストランの名前は「パークサイドキッチン」。地元で収穫された新鮮な食材を使用した和食などがいただけます。コフフンで遊び疲れた方はもちろん、観光めぐりの休憩場所としてもご利用下さい。

観光案内所やラウンジなどが入る「インフォ&ラウンジコフン」

写真:乾口 達司

地図を見る

こちらは同じくインフォ&ラウンジコフン内にある「バイシクルカラー」。アメリカのスポーツバイクメーカー「TREK」の自転車を販売しているお店で、レンタサイクルとしての貸し出しもおこなっています。こちらで自転車を借りて観光スポットめぐりを楽しむのも一計ですよ。

敷地内のさまざまな施設

敷地内のさまざまな施設

写真:乾口 達司

地図を見る

もちろん、お子さまたちが喜ぶ施設は「ふわふわコフン」や「すりばちコフン」だけではありません。敷地内には数々の遊具も設けられており、写真のすべり台もそのうちの一つ。このすべり台、なんと階段がついていないのです。したがって、すべり降りるにはすべり台を下から逆に登っていかなければなりません。しかし、表面はツルツルしていて登りにくいこと、この上もありません!それでもお子さまたちには大人気。無邪気に登ったり、ずれ落ちたりを繰り返していますよ。

敷地内のさまざまな施設

写真:乾口 達司

地図を見る

写真はブランコ。しかし、単なるブランコと侮るなかれ。なかには、ザル状のブランコもあり、お子さまであれば、2人まで寝そべった状態で乗ることも可能です。

おわりに

コフフンがいかに魅力的な施設か、おわかりいただけたでしょうか。JR線と近鉄線とが交差する天理駅の駅前にあるため、アクセスも快適。コフフンでくつろいだ1日をお楽しみください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ