徒歩で行けるイタリア?!「ラ・ヴィータ自由が丘」はフォトジェニックが止まらない

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

徒歩で行けるイタリア?!「ラ・ヴィータ自由が丘」はフォトジェニックが止まらない

徒歩で行けるイタリア?!「ラ・ヴィータ自由が丘」はフォトジェニックが止まらない

更新日:2017/07/07 16:04

Trip Maoのプロフィール写真 Trip Mao

水の都と称されるイタリアの都市"ヴェネツィア"が自由が丘に!?可愛らしいレンガ造りの建物に、池にかかる橋や浮かぶゴンドラ。一足踏み込めばそこはまるで海外のポストカードの様に切り取った美しい世界に。そしてなんといってもSNS映えする"フォトジェニック"なポイントが沢山!友達や恋人と今すぐ行きたくなる「ラ・ヴィータ自由が丘」へご案内しましょう!

「ラ・ヴィータ自由が丘」は駅からすぐ!

「ラ・ヴィータ自由が丘」は駅からすぐ!

写真:Trip Mao

地図を見る

自由が丘駅に降り立つと、こんな賑わった街中にあのヴェネチアを思わせるスポットが本当にあるの?!と不思議に思ってしまうでしょう。そうなんです。実在するのです!駅は正面口から出ると便利。北の方角へ進むこと徒歩約5分。自由が丘は個性的でユニークなSHOPや、雑貨屋さんにインテリア、人気のカフェなどついつい目的地にたどり着くまでに寄り道をしたくなるお店がたくさんあります。

景色や建物だけじゃない!お店だって充実!

景色や建物だけじゃない!お店だって充実!

写真:Trip Mao

地図を見る

到着の目印はレンガ造りの壁と看板!"LA-VITA"という文字にSHOPフロアの案内板が目に飛び込んできます。実は、ラ・ヴィータ自由が丘は公園などではなく複数のお店で構成されている商業施設なのです。革製品を取り扱う専門店や、ペット専用のオーガニック・ナチュラル商品の専門ブランド、またヘアサロンなどラ・ヴィータ自由が丘の雰囲気にぴったりのファッショナブルなお店ばかり!

本物のゴンドラを間近で見よう!

本物のゴンドラを間近で見よう!

写真:Trip Mao

地図を見る

エントランスからすぐ飛び込んでくる風景に、「ここは本当に自由が丘なの?!」と目を疑いたくなってしまいます。何と言っても"ゴンドラ"は日本であまり見かける機会がない故に、子どものみならず大人もはしゃいでしまうこと間違いなしです!(ゴンドラに実際に乗ることは出来ません。観賞用なのでご注意を!)

本物のゴンドラを間近で見よう!

写真:Trip Mao

地図を見る

360度どこを見渡しても絵になる、それがラ・ヴィータ自由が丘です。建物や街の雰囲気、その完成度の高さと美しさの魅力からこれまでに様々な映画やドラマ、雑誌などの撮影スポットとしても取り上げられています。

本物のゴンドラを間近で見よう!

写真:Trip Mao

地図を見る

大広場の隅には、こんな可愛い住人も。ラ・ヴィータ自由が丘へ訪れた際にはぜひ探してみましょう!プカプカと浮く鴨の愛くるしい様子に思わず癒されてしまいます。

「こんなところで撮影したかった」を叶えてくれる!

「こんなところで撮影したかった」を叶えてくれる!

写真:Trip Mao

地図を見る

その美しく素晴らしいロケーションから友達や恋人同士で撮影する"フォトジェニックなフォトスポット"としても人気を集めています。池に設置されている橋はもちろん、椅子や街灯までも一つ一つがアンティークで可愛らしく何度もシャッターを切りたくなること間違いなしです!晴れている日には、カメラを持ってお出かけしてみませんか?

「こんなところで撮影したかった」を叶えてくれる!

写真:Trip Mao

地図を見る

「こんなところで撮影したかった」を叶えてくれる!

写真:Trip Mao

地図を見る

注目すべきはお洒落「壁」!!

注目すべきはお洒落「壁」!!

写真:Trip Mao

地図を見る

フォトジェニックな写真を撮りたい時に、お洒落な景色や背景は必須ですよね!ラ・ヴィータ自由が丘では洋風でレンガ造りの建物が立ち並び、異国情緒あふれる雰囲気をかもしだしてくれます。他にも思わず背にしてポーズをとりたくなるような、色鮮やかで素敵な壁に出会えることでしょう。
そして、写真を撮る際にはお店の営業や施設利用者、近隣の方に迷惑にならない様にマナーや節度を持つことも心がけましょう。

注目すべきはお洒落「壁」!!

写真:Trip Mao

地図を見る

水の都、ヴェネチアへお散歩しながら行ってみよう!

日本に居ながらも気軽にイタリア・ヴェネチアの雰囲気を味わえる「ラ・ヴィータ自由が丘」。フォトジェニックな写真が撮れること間違いなし!のお洒落な空間で溢れています。一方でのんびりとベンチに座って、その美しく穏やかな世界観にただただ癒されることもオススメです。ぜひ一度、足を運んでみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ