荒波の東シナ海に浮かぶ鹿の子ユリ群生の島!鹿児島県「こしき島」

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

荒波の東シナ海に浮かぶ鹿の子ユリ群生の島!鹿児島県「こしき島」

荒波の東シナ海に浮かぶ鹿の子ユリ群生の島!鹿児島県「こしき島」

更新日:2017/07/18 14:31

小笠原 隆のプロフィール写真 小笠原 隆 トラベルライター、キャンプ評論家、作家、海釣りアドバイザー

鹿児島県薩摩川内市の串木野新港からフェリー「ニューこしき」で約1時間半、東シナ海に浮かぶ甑島(こしきじま)は上甑、中甑、下甑の3つの島からなる列島で、6月から8月にかけて島の平地部分から高所にかけて徐々に咲き乱れる鹿の子百合群生の島であり、その優雅な中にある力強さには目を見張るものがあります。

また上甑島の「長目の浜」に代表される抜群の景勝や下甑島に見られる豪壮な海蝕崖など是非訪れたい孤島です。

北海道の函館に匹敵する上甑島「里町」のトンボロ地形

北海道の函館に匹敵する上甑島「里町」のトンボロ地形

写真:小笠原 隆

地図を見る

トンボロ地形として有名なのは北海道の函館ですが、甑島の「里町」もこのトンボロ地形の上に成り立っている町です。トンボロと言うのは、地形、地質、海流などの要因で運ばれて来た砂が堆積して陸地を形作ることで、伊豆の三四郎島や小豆島のエンゼルロードなども一時的なトンボロ現象です。

甑島列島最北端にある上甑島の里町には串木野新港からのフェリーと川内港からの高速船が寄港する「里港」があり、島で唯一の天然温泉が島を訪れる人の憩いの場となっています。

里町には4人〜5人乗りレンタカーやレンタルバイク、レンタル自転車もありますが、一人乗りの電動レンタカーがお薦め。2時間1,000円で借りることができます。公道を走るのでもちろん普通自動車の運転免許は必要ですが、美しい景色の中、楽しく走ることができます。

北海道の函館に匹敵する上甑島「里町」のトンボロ地形

写真:小笠原 隆

地図を見る

上甑島と中甑島は橋で繋がれておりレンタカーで行き来することができますが、中甑島と、荒海に浸食された8000年前の崖が絶景の下甑島間には冬になると荒れ狂う東シナ海の早瀬が立ちふさがっており、架橋工事がなかなか進んでおりません。その為いまだに船で渡るしか手立てがなく連絡船、遊覧船が活躍しています。

また上甑島は鹿の子模様の斑点を持つ鹿の子百合が大量に自生している島として有名で、かつて大飢饉が島を襲った時この鹿の子百合が島の人々を飢えから救ったと言われており、今も大切にされているのです。

甑島は釣り人にとっても聖地と言ってよく、特に下甑島の磯は大型のイシダイ、クロ、オナガグレ、アラ、イシガキダイなどの好ポイントになっています。そして上甑島、中甑島の岸壁にはあちらこちらに転々と多くのイカ墨の後が見られ、大型のアオリイカが釣りあげられている様子をも見ることができます。

北海道の函館に匹敵する上甑島「里町」のトンボロ地形

写真:小笠原 隆

地図を見る

女優「美咲ちゃん」の応援に、TOKIOの山口達也やセレブないずみお嬢様までもが集まった里町の武家屋敷

女優「美咲ちゃん」の応援に、TOKIOの山口達也やセレブないずみお嬢様までもが集まった里町の武家屋敷

写真:小笠原 隆

地図を見る

串木野新港、川内港から一番最初に船が着く上甑島では民間企業が経営するリゾートホテル「甑島館」(里港脇)が一番大きな宿泊施設で和・洋室合わせて39室の客室を擁しており、その他の宿泊施設はほとんどが個人経営の民宿です。そこで、この素晴らしい甑島の観光地としての認知度を高めようと薩摩川内市は、地域おこし協力隊に女優の卵「柴田美咲」を起用し、日本テレビ系「ボンビーガール」の中で2年間の甑島での生活を放映しました。

甑島には今も、石垣を張り巡らせた武家屋敷が残っており、この中で廃屋となった一軒を「柴田美咲」を中心として、TOKIOの「山口達也」、デザイナー森英恵の孫にあたるセレブな「いずみお嬢様」や元大食いチャンピオン「ギャル曽根」などの人々と多くの島の人たちの協力で、手作り民宿施設を作り上げたのです。

女優「美咲ちゃん」の応援に、TOKIOの山口達也やセレブないずみお嬢様までもが集まった里町の武家屋敷

写真:小笠原 隆

地図を見る

島民が多く参加して完成させた宿泊施設は「こしきの宿」と名付けられ2017年4月にオープンしました。6畳と8畳の和室、居間、台所、浴室、洗面所、洋室トイレと言ったすべて手作りの間取りで一軒貸し切りです。料金は3人まで18,000円、追加は大人1名につき5,000円、子供は3,500円で最大定員は7名です。食事は自炊が原則ですが、一人につきお米1合が支給されます。ただ残念なことに駐車場がありませんので、どこか近くに路上駐車となるでしょう。予約は2か月前の同日となります。

武家屋敷の後だけに写真の様に道路幅が狭く、しかもすべての家々の周りは石垣で囲まれており、見通しが悪くなっていますので、大きな自動車を走らせるとその取り回しに苦労することになります。もしレンタカーを借りるなら一人乗り電動自動車が天候に左右されることもなく断然有利で、その特徴をいかんなく発揮してくれます。また軽自動車や原付バイク、電動自転車などもゆとりを持って楽しめることができるかもしれません。

女優「美咲ちゃん」の応援に、TOKIOの山口達也やセレブないずみお嬢様までもが集まった里町の武家屋敷

写真:小笠原 隆

地図を見る

透き通った紺碧の海に感激!美味い魚と酒に感激!島民の挨拶に感激!

透き通った紺碧の海に感激!美味い魚と酒に感激!島民の挨拶に感激!

写真:小笠原 隆

地図を見る

甑島に降り立って慌てふためくことがあります。可愛い小学生、顔中ニキビの花を咲かせた中学生、真っ黒に日焼けしたいかつい顔の漁師の人、そして老婆までもが「こんにちわ」と誰にでも挨拶をしてくれることです。都会生活をしていてすっかり忘れてしまった、「挨拶」という人間の原点を甑島の人々は自然に口にしてくれます。東京の新宿で、大阪の梅田ですれ違った人から挨拶をされたら、きっと戸惑いますが、ここ甑島では日常なのです。

そして魚の美味さ、この島では大量に獲れる(最近は漁獲量も減ったと聞きますが)きびなごという体調10センチ前後の魚がよく食卓に上りますが、刺身で良し、塩を振って軽くあぶって食べながら芋焼酎のお湯割りを飲む・・・と云うことに幸せを感じるのではないでしょうか。しかも飲む焼酎は甑島で作られる「6代目百合」。

ゆったりと流れる時間の中で悠久の時を過ごすことは、本当の心の洗濯と言えそうです。

透き通った紺碧の海に感激!美味い魚と酒に感激!島民の挨拶に感激!

写真:小笠原 隆

地図を見る

都会の雑踏には帰りたくない!!ゆたかな自然とおおらかな南国の人情

1日に各2便(串木野発2便、川内発2便)しかないので船に乗り遅れるともう一晩余分に日程を消化しなければなりません。殊にこの甑島は荒れることで有名な東シナ海の中にあるので初夏から秋にかけては台風の通り道になり、定期船の欠航が多くなります。

そんな中で約4500の島民はゆったりと生活しているのです。ご先祖様の墓を守り、近隣の人々の冠婚葬祭に笑い、そして涙を流し、お互いに助け合う。

ここには忘れ去られた昔の良き日本があるのです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/15−2017/06/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ