江戸時代のお屋敷で極上蕎麦を!奥能登の名店「そば切り仁」

| 石川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

江戸時代のお屋敷で極上蕎麦を!奥能登の名店「そば切り仁」

江戸時代のお屋敷で極上蕎麦を!奥能登の名店「そば切り仁」

更新日:2017/07/19 12:00

野口 まさゆきのプロフィール写真 野口 まさゆき 里山フォトグラファー

石川県の能登半島のど真ん中、田園風景に囲まれた集落に天領庄屋「中谷家」があります。この建物の中に2016年6月に本格営業を開始したのが手打ち蕎麦の「そば切り仁」。同じ能登半島の穴水町で評判だった名店が歴史あるこの建物に移転したのです。
築400年の庄屋屋敷で時の流れを感じながら、能登の伝統「輪島塗り」の器に盛られた手打ち蕎麦を味わう。こんな思いっきり贅沢な時間を、皆さんも過ごしてみませんか!?

地域を治めた豪農、天領庄屋「中谷家」のお屋敷がすごい!

地域を治めた豪農、天領庄屋「中谷家」のお屋敷がすごい!

写真:野口 まさゆき

地図を見る

江戸時代、ここ黒川地区の庄屋であった中谷家。堀と石垣に囲まれ、敷地面積13,000平方メートル余りのお屋敷で、石川県の有形文化財に指定されています。
重厚な門から敷地内に入ると周囲4.6m、樹高10mの椎の木が出迎えてくれます。正面には母屋がどっしりと構えていて、引き戸を開けて中に入ると、太い梁に支えられた大空間の土間に吸い込まれてしまうようです。土間の奥には囲炉裏部屋、そして仏間、座敷、奥座敷、離れなどがあります。座敷や奥座敷の濡れ縁からは庭園を眺めることができます。一般開放はされていませんが、総輪島塗の蔵もあるんですよ!

木立に囲まれた建物の中に佇むと、日常から解放された心安らぐ時間がゆっくりと過ぎていきます。

地域を治めた豪農、天領庄屋「中谷家」のお屋敷がすごい!

写真:野口 まさゆき

地図を見る

中谷家のある黒川地区はのどかな田園風景の里山です。夏には田んぼの稲が青々と輝きます。ぐるっと一周して30分くらいの散策をしながら、季節毎に美しい風景も味わってみましょう。
この写真では正面に中谷家が一望できます。

広々とした空間の中でゆったりとくつろぐ

広々とした空間の中でゆったりとくつろぐ

写真:野口 まさゆき

地図を見る

「そば切り仁」は、板張りの床の囲炉裏部屋と大きな一枚板のテーブル席がある土間スペースを主に利用しています。おおよそ20席の店内は、ゆったり座ってくつろぐことができます。

2013年に隣り町の穴水駅前にオープンし、もり蕎麦だけのメニューで多くのファンができましたが、駅側の都合で閉店していました。その後、中谷家の現当主との出会いを経て2016年春に開店準備を整えました。

そば粉95%の手打ち蕎麦を輪島塗の器で味わう!

そば粉95%の手打ち蕎麦を輪島塗の器で味わう!

写真:野口 まさゆき

地図を見る

そば切り仁の手打ち蕎麦は蕎麦粉が94%のほぼ十割蕎麦。蕎麦の実は主には福井県大野産の良質なものを使用しています。黒い殻を丁寧に取り除いてから石臼で蕎麦粉をひき、手打ちで仕上げます。

定番のメニューはやはり「もり蕎麦」です。程よい水加減のコシのしっかりした食感がたまらなく美味しいです。

そば粉95%の手打ち蕎麦を輪島塗の器で味わう!

写真:野口 まさゆき

地図を見る

中谷家に移転してからはメニューも増えました。温かい鴨汁を付けて食べる「鴨汁そば」や地元野菜や山菜が味わえる「天ぷらそば」、そして夏限定の「おろしそば」も絶品です!

お屋敷の中はひんやり涼しい。囲炉裏を囲んで語らうもよし!

お屋敷の中はひんやり涼しい。囲炉裏を囲んで語らうもよし!

写真:野口 まさゆき

地図を見る

中谷家は夏でもひんやりするくらい涼しいんです。春や秋には囲炉裏の火を囲みながら、グループや家族で、あるいはその場で出会った人々と語らうのもよいでしょう。韓国料理が起源の「ム」という蕎麦豆腐をワサビ醤油でつまみながら、日本四大杜氏に数えられる能登の地酒を味わうのも格別です。

お屋敷の中はひんやり涼しい。囲炉裏を囲んで語らうもよし!

写真:野口 まさゆき

地図を見る

「そば切り仁」のメニューにはデザートやコーヒーもあります。ちょっと部屋を移動してお座敷の縁側でいただくのがおススメです。ここは開放感がいっぱいの「縁がわカフェ」。大きな木々の緑あふれる庭からは心地よい風が通り抜けていきます。

地元の特産がそろう「どま市」も楽しい!

地元の特産がそろう「どま市」も楽しい!

写真:野口 まさゆき

地図を見る

帰りがけに楽しみたいのが地元農家さんたちが切り盛りする「どま市」。文字通り、中谷家の土間でお店を出しています。
採れたての野菜や果物、山菜やキノコ、そして能登の特産品や手作りの逸品などが展示・販売されています。地域の人々との楽しい会話も魅力の一つですよ。

車で金沢から2時間、能登空港からわずか20分!能登観光の絶好の立ち寄りポイント。

「そば切り仁」の情報については記事下関連MEMOのリンク「天領庄屋中谷家 そば切り仁」をご確認ください。
中谷家では定期的にアート展などのイベントも行われており、その日はお店も営業します。事前に電話で確認するとよいでしょう。

天領庄屋中谷家までは、金沢から車で約2時間、東京羽田空港との飛行機便がある能登空港からはタクシーやレンタカーでわずか20分の距離です。駐車場は中谷家の目の前にあります。

2011年に世界農業遺産に登録された能登半島。農産物や水産物に恵まれ豊かな里山里海が広がります。そんな能登半島をぐるっと巡りながら中谷家のお屋敷でちょっとひと休み。そして絶品の手打ち蕎麦を味わってみませんか!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ