溶けても美味しいかき氷!?山形「カフェkonikoni」ジェネバりんごかき氷

| 山形県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

溶けても美味しいかき氷!?山形「カフェkonikoni」ジェネバりんごかき氷

溶けても美味しいかき氷!?山形「カフェkonikoni」ジェネバりんごかき氷

更新日:2017/07/19 09:36

南 かおりのプロフィール写真 南 かおり のんびりほっこり旅ブロガー、青森出身の山形探訪人

暑い夏。さっぱりと美味しいかき氷はとっても魅力的。山形市の「カフェkonikoni」は、いったいどこにあるの?と迷うほど超隠れ家のカフェですが、同じ山形県内の、りんごの里朝日町産「ジェネバりんご」を使ったシロップがかかった、さっぱりと美味しいかき氷をいただくことができます。このかき氷は溶けてからもとっても美味しい!ごっくごっくと飲み干さずにはいられない魅惑のかき氷なのです!

本当にひっそりとあります

本当にひっそりとあります

写真:南 かおり

地図を見る

「カフェkonikoni」は、地元女子のリピーターさんが多い、知る人ぞ知る隠れ家カフェ。その隠れ度合いは「超隠れ家」とでもいいたくなるひっそり加減です。

山形市の中心部にある山形新幹線山形駅西口から車で10分程度。寒河江市方面に「山形西バイパス」を走り、山形嶋交番の交差点手前、赤茶煉瓦風のマンション的建物が左手にみえてきます。その二階が「カフェkonikoni」。看板もあまり目立たないので、交差点手前付近になったら目を凝らして左手に見える看板を探してくださいね。木のドアを開けて入りましょう。

お店手前に1、2台ほどの駐車スペースがありますが、空きがない場合は裏手に4、5台ほどの駐車場があります。

本当にひっそりとあります

写真:南 かおり

地図を見る

木のドアを開けると、真っ赤な階段。まだお店全貌は見えませんが、なんとなく可愛らしいお店かな?と想像をかきたてるエントランス階段ですね。そのまま上りましょう。

本当にひっそりとあります

写真:南 かおり

地図を見る

店内は木のぬくもりに包まれたカントリーテイストで超キュート!
「カフェkonikoni」はセレクトショップも兼ねているので、置いてある雑貨もとってもお洒落。パッチワークのカーテンやチェック柄のひざ掛けが女子心をわしづかみ。女子のリピーターさんが多いのも頷けます。

溶けても美味しい!さっぱり「ジェネバりんごかき氷」

溶けても美味しい!さっぱり「ジェネバりんごかき氷」

写真:南 かおり

地図を見る

「カフェkonikoni」では、6月下旬から9月ごろまでかき氷を提供しています。常時5種類ほどのかき氷メニューがありますが、中でも珍しいのが「ジェネバりんご」のシロップがかかったかき氷。

「ジェネバりんご」とは果肉までも真っ赤なりんごで、かなり酸っぱいので生食にはあまり適しませんが、ジャムやジュースなどの加工用として利用されています。「カフェkonikoni」は、山形県のりんごの里として有名な朝日町の農園と提携。この「ジェネバりんご」の100%無添加ジュースをベースにした特製シロップを作り、さっぱりとしたかき氷として提供しています。

一見、とってもシンプルなかき氷。しかし、このシンプルなかき氷は、山形県天童市にある有名製氷店「赤塚製氷」の氷を使い、山形県朝日町の農園の無添加りんごジュースから作ったシロップがかかった逸品。山形の風景を感じるような爽やかな風味のかき氷なのです。
そして、素材の素晴らしさ満載のこのかき氷は、溶けてからも絶品なのです!

溶けても美味しい!さっぱり「ジェネバりんごかき氷」

写真:南 かおり

地図を見る

かき氷は溶けてしまうと美味しさ半減、、、ということも少なくありません。溶けたら残してしまうという方も多いのでなないでしょうか。
でも、「カフェkonikoni」の「ジェネバりんごのかき氷」は、溶けてからも美味!氷とシロップの良質さは、溶けてからも損なわれることなく、氷、シロップ、ミルクがくたくたに溶け合わさった美味なジュースに大変身。ごっくごっくと飲み干さずにはいられないのです。
ぜひ、最後までこのかき氷を堪能してくださいね!

溶けても美味しい!さっぱり「ジェネバりんごかき氷」

提供元:カフェ konikoni

https://twitter.com/koni1018

他のかき氷メニューは、あまおうイチゴ、抹茶金時、キウイ、パイナップルなど。どのメニューも素材にこだわりがあり、山形県産に拘らず日本全国から良質な食材を取り寄せて自家製シロップを作っています。

「あまおうイチゴかき氷」は九州からオーナーさんこだわりのイチゴを取り寄せ、イチから手作りの自家製シロップがかかっている、とってもフルーティーなかき氷!見た目もこんもりと可愛らしいですね。

可愛い雑貨に囲まれてランチやティータイムもどうぞ

可愛い雑貨に囲まれてランチやティータイムもどうぞ

写真:南 かおり

地図を見る

セレクトショップも兼ねているこちらのカフェは、人気の「ファイヤーキングマグカップ」の取り扱いも。こんなキュートなマグカップでお茶してみたいなと思いつつ、購入するにはちょっと・・・お値段が・・・という場合も大丈夫!

カフェラテは、ファイヤーキングマグカップでサーブされますので、ぜひカフェラテも注文してみましょう。

可愛い雑貨に囲まれてランチやティータイムもどうぞ

写真:南 かおり

地図を見る

実は、このカフェのリピーターさんに密かに人気なのが、オーナーさんがリクエストに応じて即興で描いてくれるラテアート。
山形の人気ご当地ゆるキャラから好きなアニメキャラまで、気軽に応じてくださいますので、「○○を描いてもらえますか?」とサンプルになるものをスマホなどで見せながら、声をかけてみてくださいね。
(※忙しいときは、ご要望に応じきれない場合もあります)

旅先でお気に入りキャラのラテアートを描いてもらいSNSなどにアップすれば、旅の記念になること間違いなしです!

可愛い雑貨に囲まれてランチやティータイムもどうぞ

提供元:カフェ konikoni

https://twitter.com/koni1018地図を見る

ランチメニューは月替わりのワンプレート。すべてオーナーさんの手作りです。程よいボリュームなので、デザートにかき氷もラクラク食べられますよ。

暑い山形で涼むなら、超隠れ家カフェで溶けても美味しいかき氷

山形の夏は暑く、お出掛けの際にはお休み処をリサーチしておくことも大切。山形市にある超隠れ家カフェ「konikoni」では、キュートな雑貨に囲まれながらゆったりと休みつつ、山形県朝日町産の「ジェネバりんご」を使ったさっぱりとしたかき氷を食べたり飲んだりすることができます。ぜひ涼みに行ってみてくださいね!

カフェkonikoniは、山形新幹線山形駅からは車で10分程度。果物王国山形で人気の果樹園がめじろおしの寒河江市や天童市へ向かう幹線道路「山形西バイパス」沿いにあるので、果物狩りと併せて楽しむのもおすすめです。また、近辺には地元民に絶大な人気の「百目鬼温泉」や、米どころ山形ならではのオコメカフェ「森のたんぼ」などもありますので、ほっこり休みたいときにはそちらも併せて訪れてみてください。

カフェkonikoniの営業時間等詳細や、「百目鬼温泉」「森のたんぼ」の情報は下記MEMOをご参考にどうぞ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ