3000株のヤマユリで涼感!埼玉・国営武蔵丘陵森林公園はサイクリングがおすすめ

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

3000株のヤマユリで涼感!埼玉・国営武蔵丘陵森林公園はサイクリングがおすすめ

3000株のヤマユリで涼感!埼玉・国営武蔵丘陵森林公園はサイクリングがおすすめ

更新日:2017/07/15 19:36

咲田 みつるのプロフィール写真 咲田 みつる ハイカー、旅好きのヨガインストラクター

暑い夏もユリの花を見れば、涼しく感じられるかも?埼玉県滑川町の国営武蔵丘陵森林公園は、約一万株のヤマユリが自生し、うち3000株がひと夏に開花します。関東最大級の自生地というだけあって、その花の多さには圧倒されます。おすすめ観賞コースだけでも総延長4キロ以上になるので、レンタサイクルで巡るのがおすすめ。
早咲き・遅咲き含め、例年はずれがないのが20日頃とされます。遅咲きなら7月一杯が見頃です。

3000株のヤマユリが涼やか!自生地を自転車で巡ろう!

3000株のヤマユリが涼やか!自生地を自転車で巡ろう!

写真:咲田 みつる

地図を見る

サイクリングコースにしなだれかかる様な勢いで咲き誇るヤマユリ。国営武蔵丘陵森林公園のヤマユリは自生というだけあって、実に自然体で咲いています。

公園自体はアスレチックや様々な遊具を伴う施設で、東京ドーム65個分の広さ。出入り口だけでも4つありますので、ヤマユリ目的でお出かけの際は、観賞スポットに狙いを定めて行きましょう。おすすめの入場口は「中央口」または「南口」です。

また、公園の公式HPには「やまゆりセルフガイド」が、掲載されています。これは特にヤマユリの観賞に適したスポットをまとめたもの。例年現地でも配布されていますが、お出かけ前にも開花状況とと共に、必ず目を通しておきましょう。

3000株のヤマユリが涼やか!自生地を自転車で巡ろう!

写真:咲田 みつる

地図を見る

公園の推奨するやまゆりセルフガイドは、2つのコースに分かれます。中央口スタートの「中央コース」(約3キロ)。そして南口スタートの「南コース」(約1.2キロ)です。

両方を周遊する場合、つなぎの部分も含めると総延長は5キロ以上となりますので、レンタサイクルをおすすめします。

3000株のヤマユリが涼やか!自生地を自転車で巡ろう!

写真:咲田 みつる

地図を見る

レンタサイクルは、中央口・南口それぞれのサイクリングセンターで申し込み可能です。

国立武蔵丘陵森林公園には、いわゆる「激坂」はありませんが、体力に自信が無い方には、電動アシストの自転車も用意(中央口のみ)されています。また、マイ自転車の持ち込みも可能です。

圧巻の大株を見るなら南コース

圧巻の大株を見るなら南コース

写真:咲田 みつる

地図を見る

自生のヤマユリの中でも、その存在感をひときわ放つのが南口コースの梅林のヤマユリ。このエリアでは、大株のものが目立ち、一つの株につく花数も非常に多いのが特徴です。花の重さに耐えきれず、やや斜めになっています。

圧巻の大株を見るなら南コース

写真:咲田 みつる

地図を見る

圧巻の大株を見るなら南コース

写真:咲田 みつる

地図を見る

花つきがよく、特に豪華な株が多いエリアです。香りも強く感じられ、ヤマユリ観賞の満足度が高まります。

南コースの脇を固める「ウバユリ」にも注目

南コースの脇を固める「ウバユリ」にも注目

写真:咲田 みつる

地図を見る

豪華なヤマユリと対照的に、南コースの一角ではウバユリがひっそりと咲く群落があります。「おばあさん」を意味する「うば」が名の由来とされています。

ヤマユリのスポットは公園内に多く存在しますが、ウバユリのスポットに関しては、やまゆりセルフガイドにも一ヶ所しか記されていません。しかし、日陰でつつましやかに咲くその姿は、ヤマユリ以上に涼やかに感じられるでしょう。是非お見逃しなく。

南コースの脇を固める「ウバユリ」にも注目

写真:咲田 みつる

地図を見る

園内一の花数を誇る中央コース「やまゆりの小路」

園内一の花数を誇る中央コース「やまゆりの小路」

写真:咲田 みつる

地図を見る

園内で最もヤマユリの数が多いのが「やまゆりの小径」です。遅咲きとなる為、例年であれば7月下旬から見ごろを迎えます。

小径というだけあって、整備された遊歩道沿いに、散策を楽しむことができます。中央口からも比較的近いスポットですので、自転車を借りて周遊するほど時間が無いという方も、ピンポイントで訪れるのにおすすめです。

園内一の花数を誇る中央コース「やまゆりの小路」

写真:咲田 みつる

地図を見る

ちょっと気が早いけど「秋の七草園」も見頃

ちょっと気が早いけど「秋の七草園」も見頃

写真:咲田 みつる

地図を見る

中央コースと南コースの間にある「野草コース」では、秋の七草園が設けられています。ヤマユリの開花時期には、早くもいくつかの花が見ごろを迎えますので、是非立ち寄ってみましょう。

ヤマユリの時期には、撫子(なでしこ)、女郎花(おみなえし)が特に見頃となっています。

ちょっと気が早いけど「秋の七草園」も見頃

写真:咲田 みつる

地図を見る

ちょっと気が早いけど「秋の七草園」も見頃

写真:咲田 みつる

地図を見る

ヤマユリ観賞には歩きやすい格好で!無料ガイドツアーも活用

今回はレンタサイクルでの周遊をおすすめしましたが、スポットによっては、サイクリングコースから外れて、草木の間を分け入る必要がある箇所も多く存在します。虫よけ対策として、露出の多い服装は避け、歩きやすい靴でのお出かけをおすすめいたします。
また、日程が限定されますが、専門家による無料のガイドツアーも企画されています。

※2017年は7月15(土)16(日)17(月・祝)の3日間
時間:13:30〜15:00
参加方法:植物園展示館棟前で13:00〜13:30の間に当日受付

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ