北海道中富良野「ファーム富田」絶景お花畑と必食スイーツ

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

北海道中富良野「ファーム富田」絶景お花畑と必食スイーツ

北海道中富良野「ファーム富田」絶景お花畑と必食スイーツ

更新日:2017/07/20 10:40

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

ファーム富田は、北海道中富良野町にある「ラベンダー」で有名な農園です。春から秋にかけて農園が一般公開され、国内外から毎年約1000万人もの観光客が押し寄せる、人気の観光スポットです。
ファーム富田のラベンダー畑は、合計で7つ、ラベンダーの栽培面積は約15ヘクタール(東京ドーム5個分)と日本最大級のスケールです。人気のラベンダー畑と、ファーム富田でお勧めしたい美味しい物をご紹介します。

撮影スポットで記念に残る写真を!

撮影スポットで記念に残る写真を!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ファーム富田の駐車場から、「彩りの畑」へ向かう途中に「FARM TOMITA」と書かれた立て札がある畑を通ります。この立て札の前は、人気の撮影スポットです。背景には美しく咲き誇るラベンダー畑と、遠くに虹の滝のように見える「彩りの畑」が見えて、素敵な風景ですよ。是非ここで、記念に残る写真を撮影してみましょう。

ファーム富田一番人気「彩りの畑」!

ファーム富田一番人気「彩りの畑」!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ゆるやかな小高い丘の斜面のまるで7色の虹のような「彩りの畑」は、ファーム富田一番の人気スポットです。
丘の麓では、美しいお花の虹が背景になるように、撮影スポットが設置されています。ここでも、思い出に残る1枚を撮影しましょう。

ファーム富田一番人気「彩りの畑」!

写真:ミセス 和子

地図を見る

虹の様な色彩を醸し出している花々は、向かって右から、紫はラベンダー、ピンクはコマチソウ、緑はスペアミント、そして黄金に輝いているのがビール大麦、再度緑のスペアミント、黄色はカリフォルニアポピー、白はカスミソウ、そして左の紫はアンゲロニアと言うお花です。

どのお花も、一年草で初夏から秋まで長く咲き続けるので、彩りの畑の虹を美しく、長期的に楽しむ事ができます。

ファーム富田一番人気「彩りの畑」!

写真:ミセス 和子

地図を見る

角度を変えて眺めてみると、遠く富良野平野の大パノラマが一望できます。そして「彩りの畑」のお花の虹も丘の上から麓に美しい流れを見る事ができます。毎年訪れる度に、お花の配列が変わるので違った風景が鑑賞できます。

ファーム富田は「トラディショナルラベンダー畑」から始まった!

ファーム富田は「トラディショナルラベンダー畑」から始まった!

提供元:ファーム富田

http://www.farm-tomita.co.jp

「トラディショナル ラベンダー畑」は、ファーム富田の原点となった畑です。当初は香料の抽出のみを目的に、この畑だけでラベンダーが栽培されていました。
しかし1970年代ごろからは、安価な輸入香料の台頭によりラベンダー産業が衰退してゆく中、1976年に旧国鉄のカレンダーに使われたラベンダー畑の写真がきっかけで、観光客が押し寄せるようになったのです。

トラディショナル ラベンダー畑の小高い丘の上からは、十勝岳連邦と十勝平野が一望できます。

ファーム富田は「トラディショナルラベンダー畑」から始まった!

提供元:ファーム富田

http://www.farm-tomita.co.jp

ファーム富田では見ごろの時期が異なる、4種類のラベンダーが栽培されています。
写真は「濃紫早咲(のうしはやざき)」という品種のラベンダーです。濃い紫色が特徴で、花が咲く前の蕾の状態が最も鮮やか、見頃の時期は6月下旬から7月中旬ごろです。

7月上旬から下旬に見ごろを迎えるのが「ようてい」と言うラベンダー、他の品種と比べると赤っぽい色が特徴で、このラベンダーは香料の抽出に適していて観賞用の本数が少ないのです。

7月中旬から見ごろを迎えるのは「おかむらさき」です。最も多くみられる品種で、穂が長い為おかむらさきの畑に風が吹くと、紫の花々が波のようにうねっているような素晴らしい光景が見られます。

「はなもいわ」は、7月下旬から8月上旬が見頃で、全体にうぶ毛のような繊維が生えていて、白っぽく見えるのが特徴です。
このように、6月下旬から8月上旬までは途切れる事なく、ラベンダーが鑑賞できます。

4種類のラベンダーが咲く「倖(さきわい)の畑」!

4種類のラベンダーが咲く「倖(さきわい)の畑」!

写真:ミセス 和子

地図を見る

「倖(さきわい)の畑」では、それぞれに見ごろの時期が異なる4種類のラベンダーは、7月中旬のわずかな時期だけ、見事な紫のグラデーションを鑑賞する事ができます。

JR富良野線に面しており、上富良野と中富良野の間に夏季限定で作られた「ラベンダー畑駅」に、季節限定で到着し出発する「富良野・美瑛ノロッコ号」もここから見る事ができます。
ちなみに、ファーム富田からラベンダー畑駅までは、徒歩7分で移動できます。

4種類のラベンダーが咲く「倖(さきわい)の畑」!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ファーム富田ではラベンダーだけではなく、合計80種類以上の四季折々の花々も栽培されていて、春から秋まで一年草のマリーゴールドやサルビア、ケイトウ等春から秋まで艶やかな花を楽しませてくれます。

4種類のラベンダーが咲く「倖(さきわい)の畑」!

写真:ミセス 和子

地図を見る

写真は倖の畑に隣接する、お花畑「花人(はなひと)の畑」とグリーンハウスです。この畑も毎年、同じお花を同じ様に栽培する事で花が綺麗に咲かなくなる現象を防ぐ為、違ったお花の配列を見る事ができます。

「グリーンハウス」はファーム富田の温室です。夏以外の季節にも、ラベンダーが楽しめるように、観賞用として人気のある品種の「濃紫早咲」や色とりどりの観葉植物が鑑賞できます。
開園期間はMEMOを参照して下さい。

ファーム富田の旨いもの3選!

ファーム富田の旨いもの3選!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ファーム富田で一番人気「ラベンダー ソフトクリーム」は、ラベンダーのエキスが入った薄紫のソフトクリームです。濃厚なのにさっぱり感があり、お花畑を散策しながらの食べ歩きも楽しめます。
ラベンダーソフトクリームは、ファーム富田内にある8箇所のお店で購入する事ができます。お店によって営業時間が異なるので、MEMOを参照して下さい。

ファーム富田の旨いもの3選!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ファーム富田限定商品「ラベンダー ラムネ」です。ラベンダー ラムネは、ラベンダーの花粒から抽出したエキス配合の爽やかなラムネです。ビー玉を落とすと、ラベンダーの香りの泡がはじけます。カラン、コロンとビー玉を鳴らしながら飲んでみましょう。
園内9箇所のお店で販売されています。

ファーム富田の旨いもの3選!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ファーム富田では、富良野メロンが販売されています。富良野メロンは、富良野の大地で育ったメロンで、糖度が高くしっかりとした食感が特徴です。
写真のカットメロンは、白肉メロンの中央にカットされた赤肉メロンが入っていて、赤肉と白肉の両方のメロンが同時に楽しめるカットメロンです。

カットメロンは、園内2箇所で販売されています。お土産に購入する事や郵送する事もできます。

おわりに

日本最大級のラベンダー園、ファーム富田はいかがでしたか?ファーム富田は24時間出入りが自由なので、混雑する前に写真撮影をしたい、混み合う前に散策したい、と考えている方は早朝の訪問をお勧めします。

ファーム富田から十勝岳連峰に向かって東に4キロほどの場所に、日本大級の生産を目的としたラベンダー畑「ラベンダーイースト」があります。壮大なラベンダー畑を鑑賞してみましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ