お菓子もパンもお食べなさい!ヒルトン東京「マリー・アントワネットの結婚」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

お菓子もパンもお食べなさい!ヒルトン東京「マリー・アントワネットの結婚」

お菓子もパンもお食べなさい!ヒルトン東京「マリー・アントワネットの結婚」

更新日:2017/07/26 14:50

成瀬 亜希子のプロフィール写真 成瀬 亜希子 ユニーク宿ライター、ソロトラベラー

「フランスの薔薇」と称され、時代を超えて世界中の女性を魅了するフランスの王妃マリー・アントワネット。2017年7月1日から9月30日まで、ヒルトン東京のマーブルラウンジにて「マリー・アントワネットの結婚」をテーマにしたデザートフェアを開催。マリーを思わせる見た目にも華やかなデザートから煌びやかなアイテムまで勢ぞろい!世紀のロイヤル・ウエディングに招かれたかのような優雅な気分を味わってみませんか?

マリー・アントワネットの世界観を楽しめるブッフェ

マリー・アントワネットの世界観を楽しめるブッフェ

提供元:ヒルトン東京

http://www.hiltontokyo.jp/地図を見る

2016年に開催されたデザートブッフェ「アリスからの招待状」など、その完璧に作り込まれた世界観で注目されているのが、ヒルトン東京の「マーブルラウンジ」。2017年7月1日からは「マリー・アントワネットの結婚」をテーマにしたデザートブッフェを開催。乙女ゴコロをくすぐられるような最高にロマンティックな世界を満喫できますよ。

まずバラのアーチを潜り抜けると、ロイヤルウェディングを思わせるメインのブッフェ台がお出迎え。ピンクやブルーのウェディングケーキ、マカロンタワーのディスプレイが展示されており、思わず「これは本物のスイーツ?」と間違えそうなほどリアルです。ブッフェ開始前は撮影タイムもあるので、キレイな状態をしっかり撮っておきましょう!

マリー・アントワネットの世界観を楽しめるブッフェ

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

デザートを担当するのは、ヒルトン東京の若きエグゼクティブペストリーシェフ・播田修氏。フランスで最も権威のある製菓コンクール「ルレ デセール シャルル プルースト杯」で入賞した経験を持つ実力派です。今回マリー・アントワネットを思わせる華やかなデザートだけではなく豪華アイテムやディスプレイまでも手がけており、その多彩ぶりには驚かされます…!

マリー・アントワネットの世界観を楽しめるブッフェ

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

特にマリーらしさを感じるのは、バラの花びらを添えたローズとラベンダーのメレンゲシャンティ「フランスの薔薇」(写真)、ピンク色の桃のケーキに繊細なホワイトチョコレートを添えた「ヌーヴェル・マリエ」、カシスとカスタード入りのシューを花嫁の帽子に見立てた「ルリジューズ」。この3点は人気のあるデザートなので早めに食べておきましょう。

マリーが結婚準備のため用意した豪華アイテムも

マリーが結婚準備のため用意した豪華アイテムも

提供元:ヒルトン東京

http://www.hiltontokyo.jp/地図を見る

次はマリーのお輿入れをイメージしたブッフェ台へ。天井はピンク系のフラワーボールで彩られ、お祝いの雰囲気を表しているかのよう。メルヘンチックな馬車を中心に、マリーが結婚準備のために揃えたハイヒール、帽子などもディスプレイされています。実はこちらの装飾品もシェフたちが手作りで仕上げたもの。繊細で美しいアイテムもお見逃しないように!

マリーが結婚準備のため用意した豪華アイテムも

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

こちらで注目したいのが、マリーのヘアスタイルをイメージしたと言うケーキ「ア・ラ・ヴェルサイユ」(写真)。レモンとカモミールの爽やかな香りに癒される夏にぴったりの一品です。またドライフルーツを練り込んだホワイトチョコ「マリーの初恋」、いちごのショートケーキやタルトなど、マリーの青春を表すような甘酸っぱいデザートが並んでいます。

マリーが結婚準備のため用意した豪華アイテムも

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

マリーの有名な台詞をモチーフにした「お菓子もパンもお食べなさい」コーナーも設置。その中でも「パンもお食べ」というようにサクサク食感のデニッシュも絶品です!またブリオッシュ生地で作る「オレンジの花香るトロペジェンヌ」、オーストリア伝統のクグロフ「王妃のおやつ」など、個性豊かな焼き菓子もおすすめです。

マリーが実際に食したケーキを忠実に再現!

マリーが実際に食したケーキを忠実に再現!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

マリーが実際に食したと言われる「マリー・アントワネット アンティークケーキ」も注目の一品。1672年創業のフランスの紅茶ブランド「ニナス・マリーアントワネット」の秘伝レシピを元に再現したもので、レモンの風味を効かせたりんごのパウンドケーキです。現代のケーキと比べると、よりシンプルで素朴な味わいを楽しめますよ。

マリーが実際に食したケーキを忠実に再現!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

「ニナス・マリーアントワネット」はヴェルサイユ宮殿「王の菜園」唯一のオフィシャルパートナー。菜園の貴重な果実を使用することで、奥深い豊かな味と芳醇な香りを追求しました。今回提供されるフレーバーティーは、りんごのほのかな酸味とバラのアロマがふんわり香って優雅な気分に。先程ご紹介したアンティークケーキと一緒に味わうのがおすすめです。

マリーが実際に食したケーキを忠実に再現!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

今回はデザート中心のブッフェですが、会場の一角にはチキンやお惣菜など軽食が並んでいるオードブルコーナーも設置。「デザートブッフェだけど、少しはランチっぽいものも食べたい!」と思っている女子も安心ですね(笑)。

特に食べておきたい「シェフのおすすめ盛り合わせ」

特に食べておきたい「シェフのおすすめ盛り合わせ」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

今回は特別にシェフがおすすめの盛り合わせを用意してくれたのでご紹介します!見た目も涼しげな「シャンパンゼリー」は、ぷるんとした食感のゼリーを口に入れると、シャンパンの香り、ベリーの酸味、シュワシュワの炭酸が弾けます。華やかで上品な大人のデザートですね。

「フランスの薔薇」はメレンゲの程よい甘さとサクサク感、ラズベリーの酸味とバラのクリームが絶妙。「ヌーヴェル・マリエ」は、四葉のクローバーが描かれたホワイトチョコレートがアクセントとなっています。桃の爽やかな風味を感じられる優しい口どけのケーキです。

コロンとしたかわいらしい見た目の「ルリジューズ」は、ジャムやクリームなど異なる素材の一体感を楽しめるのが魅力。赤いベリーが輝く「王妃の宝石箱」は、特にスグリの酸味が強烈なインパクトを残しています。フランボワーズ、キャラメルなど、それぞれの素材の味が引き立つマカロンも絶品で、ついつい手が止まらなくなりそうです(笑)。

特に食べておきたい「シェフのおすすめ盛り合わせ」

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

香ばしいサクサク食感のデニッシュは、チーズとオニオンが入ったシンプルな味わい。甘いデザートが続く中で箸休めになるかも…と思いきや「パンは別腹!」ともう一個食べたくなるおいしさです。レモンのスコーンは、レモンといちごそれぞれの酸味の違いを楽しめますよ。気軽にいただけるミニサイズなのが嬉しいところ。

シュガーコーティングされて少し甘めの「オレンジフラワーの香るトロペジェンヌ」は、ふわふわの生地にオレンジ風味のカスタードクリームがたっぷり。かわいらしい形の「クグロフ」はしっとりとした食感で、生地に紅茶の葉が練り込まれた香り豊かな一品です。

最初は華やかなケーキに目を奪われてしまいますが、おいしい焼き菓子やパンも揃っているのでバランスよく食べてみてくださいね!

会場内のフォトスポットとお土産も要チェック!

会場内のフォトスポットとお土産も要チェック!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

会場内にはマリーの世界観に合わせたフォトスポットも設置されているので、当日はスカートやワンピースなど、かわいらしい服装で行ってみましょう。まずはエントランスにある華やかなバラのアーチ!ブッフェ開始後はとても混雑するので、皆がブッフェ台に夢中になっている間に撮りに行くのがおすすめです。

会場内のフォトスポットとお土産も要チェック!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

高級感あふれるソファーが設置されたフォトスポットも!こちらはヨーロッパ・クラシックスタイルの家具を取り扱う「キングファニチュアー」が提供。今回のフェアに全面協力しており、マリーの世界観をさらに高めています。バラの花束や撮影用小道具のフォトプロップスが用意されており、撮影中も盛り上がりそうですね。

会場内のフォトスポットとお土産も要チェック!

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

先程いただいたフレーバティーの味が忘れられない…という方に。受付でニナスオリジナル「マリーアントワネットのティーバック」も販売しています。かわいいピンクの缶のギフトセットもあるので、紅茶好きな方へのプレゼントにもいかがでしょうか?

マリーの豪華デザートを他のレストランでも体験!

今回のデザートフェアは人気が殺到していて予約が取りずらいため、18時以降に始まる「デザート&ディナーブッフェ」を狙うのもおすすめ。デザートに加えてローストビーフやシーフード、パスタなど60種類の豪華メニューも味わうことができますよ。

また、ヒルトン東京内にあるレストラン中国料理「王朝」や 「メトロポリタングリル」でもマリーのデザートを提供。「メトロポリタングリル」ではマリー直筆の手紙や靴、ドレスのレプリカなどが展示された特別な部屋も用意されていますよ。詳細は下記の関連MEMOにあるヒルトン東京のホームページをチェックしてみてくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -