いくつ見つけられる?鳥取県「水木しげるロード」で妖怪たちに出会う旅

| 鳥取県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

いくつ見つけられる?鳥取県「水木しげるロード」で妖怪たちに出会う旅

いくつ見つけられる?鳥取県「水木しげるロード」で妖怪たちに出会う旅

更新日:2017/07/26 09:21

Michie Amamuraのプロフィール写真 Michie Amamura 食いしん坊ブロガー

日本海に面した鳥取県境港市は、『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみの漫画家、水木しげる先生の出身地。水木先生が愛したふるさとは、いまや妖怪の町として親しまれています。
JR境港駅から続く全長800メートルの「水木しげるロード」では、なんと170体を超える妖怪のブロンズ像が立ち並び、あっちにも妖怪、こっちにも妖怪。まさに妖怪たちのパラダイス!あなたはいくつ見つけられますか?

ここは外せない!妖怪ファン必見スポット

ここは外せない!妖怪ファン必見スポット

写真:Michie Amamura

地図を見る

「水木しげるロード」の入り口は、境港の駅から始まります。JR境港駅を出るとドドーンと目に入るのが、こちらの「妖怪壁画」。なんと縦7.5メートル、横20.25メートルもあり、イラストは水木しげる先生のオリジナル作品。左端には鳥取県大山の妖怪、カラス天狗の姿も見えます。
また、駅前ロータリーには「妖怪トーテムポール」があり、こちらもデザインは水木先生の描き下ろし。妖怪ファンなら一度は見ておきたいですね。

さらに、JR境港駅前公園では2017年7月18日〜2018年夏まで「世界妖怪会議」と題した特別展示も実施しています。最高で60体以上のブロンズ像が集まるのはこの機会だけ!境港駅前も要チェックです。

ここは外せない!妖怪ファン必見スポット

写真:Michie Amamura

地図を見る

水木しげるロードの公園、妖怪広場内にある「河童の泉」。こちらでは幼少期の鬼太郎や泉で泳ぐねずみ男、河童とたぬきのおしゃべりなど、妖怪たちのほのぼのとした日常がのぞける、まさに妖怪のオアシスです。

ここは外せない!妖怪ファン必見スポット

写真:Michie Amamura

地図を見る

一反木綿の鳥居がいっそう目を引く「妖怪神社」。向かって左側が水木先生の直筆署名が刻まれた碑、右側に目玉おやじがくるくる回転する「目玉おやじ清めの水」が設置されています。参拝の際は、こちらの清めの水で手を清めましょう。妖怪たちが運んできてくれる「からくり妖怪おみくじ」もお忘れなく。

お気に入りのブロンズ像を見つけよう!

お気に入りのブロンズ像を見つけよう!

写真:Michie Amamura

地図を見る

水木しげるロードと言えば、通りを埋め尽くす妖怪たちのブロンズ像!
こちらは「隠岐へ向かう鬼太郎親子と水木先生」。妖怪ブロンズ像は隠岐にも11体あり、水木しげるロードは隠岐まで延長しているのです。水木先生のブロンズ像は6体あるので、色々な水木先生を探してみてくださいね。
※2017年7月現在、こちらのブロンズ像はJR境港駅前公園に展示されています。

お気に入りのブロンズ像を見つけよう!

写真:Michie Amamura

地図を見る

もっともポピュラーな妖怪と言えば「のっぺらぼう」ですが、こちらののっぺらぼうは一味違います。人魂の天ぷらを食べさせ、食べた人の人魂を吐き出させてその顔を持っていってしまうのっぺらぼう。なんと顔を盗まれてしまったのはねずみ男でした。ブロンズ像にストーリー性を感じるのも楽しみ方のひとつです。

お気に入りのブロンズ像を見つけよう!

写真:Michie Amamura

地図を見る

こちらは水木漫画の名脇役、人間の悲しみや哀愁が漂う「サラリーマン山田」。妖怪だけでなく水木作品のレアキャラに出会えるのもこちらならでは。一度見たらつい写真に撮りたくなるようなインパクト!
また、これらのブロンズ像は自由に触れられるのも嬉しいところです。
※2017年7月現在、こちらのブロンズ像はJR境港駅前公園に展示されています。

こんなところにも鬼太郎!隠れ妖怪を探せ!

こんなところにも鬼太郎!隠れ妖怪を探せ!

写真:Michie Amamura

地図を見る

妖怪たちはブロンズ像だけではありません。町の至る所に潜んでいます。こちらはガードフェンスの先端にいた鬼太郎。小さくてもその存在感はやっぱり鬼太郎です。

こんなところにも鬼太郎!隠れ妖怪を探せ!

写真:Michie Amamura

地図を見る

足元も注意して見てみましょう。なんと下水道の蓋はねずみ男。「おすい」の文字がこんなに似合ってしまう妖怪は他に思い当たりません…。
「水木しげるロード」は商店の看板やポスト、外灯までまさに妖怪だらけ!このときばかりは百目の目が欲しくなる!?

こんなところにも鬼太郎!隠れ妖怪を探せ!

写真:Michie Amamura

地図を見る

妖怪の町は、グルメだって妖怪!こちらは冷たい妖怪ラテ。散策で乾いた喉をさっぱりと癒してくれます。絵柄は一反木綿のほかに、鬼太郎、猫娘、目玉おやじが選べるので、お好きな妖怪を選んでみてはいかがでしょう。
妖怪ラテ以外にも、妖怪饅頭に鬼太郎パン、ミネラルウォーターも目玉おやじのペットボトル入り!美味しい妖怪グルメの食べ歩きも楽しみのひとつ。あなたのお口に合うのはどの妖怪?

2018年に向けてリニューアル中!新たに完成されたブロンズ像にも注目

2017年4月には新たに18体のブロンズ像が完成し、リニューアルに向けて着々と進んでいます。
また、2017年現在「世界妖怪会議」も開催中。リニューアル中の今だけしか見ることの出来ない妖怪たちの展示もお楽しみいただけます。

妖怪スポットにブロンズ像、そしてグルメにとまさに妖怪一色の世界。ぜひ水木しげるロードに訪れて、あなたのお気に入りの妖怪を見つけてみてはいかがでしょう。
さらに、もっと滞在を楽しく過ごすためにはスタンプラリーがおすすめ。商店街の店舗や観光案内所で手に入る「妖怪ガイドブック」(1冊120円)でスタンプラリーをしながら、さらに妖怪に詳しくなれますよ。
刻々と進化する「水木しげるロード」、今後も妖怪たちの動きに大注目です!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -