雲上のパワースポット!杜のない「箱根元宮」が持つ異質な空間

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

雲上のパワースポット!杜のない「箱根元宮」が持つ異質な空間

雲上のパワースポット!杜のない「箱根元宮」が持つ異質な空間

更新日:2017/07/21 11:42

桜 小町のプロフィール写真 桜 小町 幸運の旅人

箱根神社の奥宮である「箱根元宮」。
標高1356mの駒ヶ岳山頂にあり、火山の影響なのか高い木々がありません。杜がないために殺伐とした、それでいて神威を感じる不思議な神社。古代祭祀の地でもある雲上のパワースポット「箱根元宮」をご紹介いたします。

ロープウェイで雲上のパワースポットへ

ロープウェイで雲上のパワースポットへ

写真:桜 小町

地図を見る

箱根山の中央火口丘のひとつに駒ヶ岳があります。その駒ヶ岳の山頂にあるのが「箱根元宮」。
駒ヶ岳山頂は今からおよそ2400年も昔からの山岳信仰の地。駒ヶ岳の北に位置する神山のご神威を崇めたのが始まりでした。その後、神仏習合となり奈良時代に里宮として芦ノ湖畔に造られたのが「箱根神社」。現在では「箱根元宮」が「箱根神社」の奥宮となっています。

※中央火口丘…火口やカルデラ内に出来た火山。

ロープウェイで雲上のパワースポットへ

写真:桜 小町

地図を見る

この箱根元宮へは「駒ヶ岳ロープウェイ」で行くことができます。
「箱根園駅」を出発し、眼下に芦ノ湖を見下ろしながらおよそ7分で「駒ヶ岳山頂駅」へ。

真夏でも風が涼しい標高1300mからの絶景

真夏でも風が涼しい標高1300mからの絶景

写真:桜 小町

地図を見る

山頂には野原が広がり、遊歩道が整備されています。晴れていれば陽ざしが強く感じられますが、真夏でも風が涼しいのは1300mを超える標高ならでは。雲の流れを感じながらのんびりと散策することができます。

真夏でも風が涼しい標高1300mからの絶景

写真:桜 小町

地図を見る

天気が良ければ芦ノ湖や相模湾、富士山などの絶景が見られます。とは言っても雲の中であることも多く、360度すべての絶景が見られるのはなかなか難しいもの。例えば東側の箱根の町並みや外輪山の眺望(上の写真)は楽しめても、北西にある富士山や南西の芦ノ湖は見られないことも…。

駒ヶ岳山頂駅には4Kテレビがあり晴天時の絶景を映し出しています。残念ながら雲に覆われて見られなかった時は、こちらで景色を楽しんでください。

神様が白馬に乗って降臨した「馬降石」

神様が白馬に乗って降臨した「馬降石」

写真:桜 小町

地図を見る

ロープウェイの駒ヶ岳山頂駅の標高は1327m。箱根元宮のある山頂は1356m。そのため神社前には急な階段が待ち受けています。

神様が白馬に乗って降臨した「馬降石」

写真:桜 小町

地図を見る

階段を上り赤い鳥居をくぐると、左手の大きな岩が目を惹きます。注連縄のあるこの岩は神様が白馬に乗り降臨されたと言い伝えのある「馬降石」。石の上には白馬が降り立った時に蹄によってできた穴があり、そこに溜まった水は日照りでも枯れないと云われています。

神様が白馬に乗って降臨した「馬降石」

写真:桜 小町

地図を見る

「馬降石」の前に石でできたとても小さな祠、狛犬があります。
この場所でとても強い気が感じられるのですが、祠の中の像はなんと馬。きっと「馬降石」は古代の磐座であったのでしょう。

2400年も昔から続く雲上のパワースポット

2400年も昔から続く雲上のパワースポット

写真:桜 小町

地図を見る

この社は拝殿になります。神山をご神体としているため本殿はありません。拝殿の先にはご神体の神山があり、神山を拝するための社殿なのです。
現在のご祭神は「箱根大神」ですが、山岳信仰の形を今も残していると言えるでしょう。

※箱根大神…瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)、彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)の三柱。

2400年も昔から続く雲上のパワースポット

写真:桜 小町

地図を見る

箱根元宮はパワースポットとしても知られています。そのご利益は心願成就や恋愛成就。御利益を求めて多くの参拝客が訪れます。
神社というと境内に多くの木が植えられ、杜となっていますがここは標高1356mの高地、高い木は1本もありません。そのためちょっと殺伐とした、それでいて神威を感じる独特な空間となっています。

ストーンサークル?山頂の古代祭祀の跡

ストーンサークル?山頂の古代祭祀の跡

写真:桜 小町

地図を見る

独特な空間をさらに強めているものがあります。拝殿の左側にある古代祭祀遺跡。大きな岩があちこちにあり、よく見ると完全な形ではないですがストーンサークルになっているようです。古代ではここから神山に向かい祈りを捧げていた、それがこの箱根元宮の空間を一層不思議なものにしているのではないでしょうか。

ストーンサークル?山頂の古代祭祀の跡

写真:桜 小町

地図を見る

ここにある岩達、よく見ると面が平できれいな四角い形をしています。火山である箱根、噴火の際に流れ出た溶岩を加工したのでしょうか。しかし山頂に大きな四角い岩がごろごろしているのはとても奇妙な印象。この不自然さも空間の異質さを更に強調することになっているようです。

おわりに…

箱根元宮には古代の信仰が今もなお残っていると言えます。それが1356mの標高と相まって、神社としては異質な空間を作り出しているのではないでしょうか。ぜひ箱根元宮を訪れて、この空間を体感してみてください。

「箱根元宮」アクセス
電車:小田急小田原線 箱根湯本駅〜伊豆箱根バス「箱根園」行き終点下車。
車:小田原厚木道路 箱根口IC〜箱根新道〜芦ノ湖大観IC〜R1号〜県道75号経由、約21km(箱根園駐車場まで)
箱根園〜駒ヶ岳ロープウェイ〜駒ヶ岳山頂駅〜徒歩

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ