見て!食べて!遊ぶ!夏の「札幌競馬場」を楽しもう

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

見て!食べて!遊ぶ!夏の「札幌競馬場」を楽しもう

見て!食べて!遊ぶ!夏の「札幌競馬場」を楽しもう

更新日:2017/08/01 12:39

道産子 うまうまのプロフィール写真 道産子 うまうま 日本フードアナリスト、北海道フードマイスター、北見観光マスター

一年中そこかしこで開催されている競馬。競馬と言うとギャンブルのイメージが強いですが、今や競馬場は、さまざまな限定イベントにグルメと、家族でカップルで気軽に楽しめるレジャースポットへと変化しています。とくに、夏に開催される「夏競馬」は、青空の下、美しいサラブレットを眺めながら、その土地の美味しいものを食べて、遊んでと一日中楽しめます。ここでは、馬産地に近い北海道・札幌競馬場の楽しみ方をご紹介します!

- PR -

夏の風物詩、札幌競馬場で「夏競馬」を楽しもう!

夏の風物詩、札幌競馬場で「夏競馬」を楽しもう!

写真:道産子 うまうま

地図を見る

6〜8月頃まで開催される「夏競馬」。ここ札幌競馬場では、毎年7月下旬から約1カ月間にわたり夏競馬が開催されます。目の前をサラブレットが駆け抜けていく姿が見られるのも競馬場の醍醐味ですが、そればかりではありません。札幌競馬場ならではの絶景にグルメ、子どもたちが遊べる遊具も充実しています。

また、期間中は毎週土日に、旬なゲストを迎えてのトークショーや、チビッ子に大人気のキャラクタショーがあったりと、さまざまなイベントが開催されます。しかも、入園料はわずか100円。競馬好きはもちろん、競馬を知らない方でも楽しむことができる格安レジャーランドです。朝から競馬場に行って、家族や仲間たちと食べて・遊んで、一日中、思いっきり楽しみましょう!

生まれ変わった札幌競馬場

生まれ変わった札幌競馬場

写真:道産子 うまうま

地図を見る

2014年7月に40年ぶりの大規模改修をし、新しく生まれ変わった札幌競馬場。より一層、老若男女みんなが楽しめるスポットになりました。なかでも目玉は、見た目にも迫力ある5階建ての新スタンド。1〜2階は一般観覧席、3階が指定席(有料)になっています。スタンドはすべて屋根付の観覧席になっているので、天候に左右されることなく、一日中、ゆっくりと競馬観戦を楽しむことができます。

思いっきり青空の下、楽しみたい!という方には、テラス席もオススメ。スタンド2階の屋上にある、長さ120mの開放感あふれるテラス。「もいわテラス」と名付けられたこちらでは、開催期間中、ビヤガーデンがオープン!競馬観戦はもちろん、北海道の爽やかな風を感じながら、ゆっくりとビールに食事、ティータイムを楽しむことができます。

テラスからは、競馬場のコース全体を見渡せるほか、札幌の街並みや藻岩山など、北海道ならではの風景も楽しめますよ。

生まれ変わった札幌競馬場

写真:道産子 うまうま

地図を見る

スタンドの反対側には、パドックが一望できるテラスもあります。ここからの眺めも最高!周回するサラブレット越しの景色も一緒に楽しめます。
都会にいながらにして、北海道の大自然を感じてみましょう。

ちなみに、パドックとは「下見所」とも言われ、レース前の競走馬たちの状態を観察できる場所。ここを周回する馬の姿を見て馬券を買う参考にする人や、間近でスターホースを見られる場でもあるので、お気に入りの馬を見つけ撮影する人などさまざまです。
パドックでは、上から下から、近くから遠くからと、いろいろな角度から観察することができるので、お気に入りの馬を見つけてじっくり観察してみましょう。

生まれ変わった札幌競馬場

写真:道産子 うまうま

地図を見る

新しくなった札幌競馬場の開放感あるエントランスにも注目。北海道の広大さとリンクするくらい天井が高く、競馬場へと向かうワクワク感がよりいっそう高まります。開門前もここで過ごすことができるので、早めに行ってワクワク感を楽しむのもオススメです。

エントランス中央の壁に描かれている馬のオブジェ。真ん中でひときわ目を引くのが、黄金に輝く子馬の姿。このゴールドに輝くオブジェに触れるといいことがあるかも?競馬場に入る時は、ぜひ、一度触れてから場内へ行ってみましょう。

ファミリーで楽しめるスポットがいっぱい

ファミリーで楽しめるスポットがいっぱい

写真:道産子 うまうま

地図を見る

札幌競馬場の馬場(コース)の内側は広い芝生になっています。テントを張ったり、レジャーシートを敷いて寝転んだりと、のんびり過ごすことができるので、子供連れのファミリーにオススメです。
大型遊具のある「公園エリア」、子どもたちに大人気の巨大な馬の形をしたふわふわ「パカパカドーム」、暑い日は水浴びも楽しめる「じゃぶじゃぶ池」と青空の下、子どもたちがのびのびと遊ぶことができます。

また期間中は、キャラクターショーや謎解きゲームなど、親子で楽しめるイベントが盛りだくさん。晴れた日は、家族で札幌競馬場へ訪れて、みんなでワイワイ楽しみましょう!

ファミリーで楽しめるスポットがいっぱい

写真:道産子 うまうま

地図を見る

期間中は他にも、馬車試乗会や体験乗馬、まきばのガーデンでは、お気に入りの馬とふれ合ったりと、家族みんなで楽しめる競馬場らしいイベントもたくさんあります。
また、スタンド内(室内)には、無料で楽しめる「キッズランド」があり、コースの形をしたプレイゾーンや絵本コーナーがあるなど、子どもたちが一日遊べるスペースも充実。授乳室やベビーベッドも完備しているので、小さなお子様連れのママにも安心です。

ここだけグルメを堪能しよう!

ここだけグルメを堪能しよう!

写真:道産子 うまうま

地図を見る

札幌競馬場は美味しいグルメも豊富!常設しているレストランやファストフード店だけでも20店舗あります。

なかでも、オススメはスタンド2階にある「名代牛めし」。店名にもなっている「牛めし」と、リピーター続出の「ホルモン煮込」は必食!
ホルモン煮込は、さまざまな種類のモツにジャガイモ、コンニャクなど、とにかく具だくさん!やわらかくて旨みたっぷりのモツは、ほんのりとモツ独特の香りが口の中に広がり、一度食べると癖になります。ガッツリと食べたい方は、ご飯にホルモン煮込をかけた丼ぶりスタイルもオススメ!

ここだけグルメを堪能しよう!

写真:道産子 うまうま

地図を見る

期間限定のグルメイベントも盛りだくさん!札幌市内の人気店をはじめ、近郊のご当地グルメが味わえるキッチンカーが続々登場!カレーに焼鳥、スイーツなど豊富なメニューが週替わりで登場するので、目的のグルメを目がけて、札幌競馬場に何度も足を運ぶのも楽しいです。

また、もいわテラス内にある女性専用スペース「UMAJO SPOT」では、札幌の人気スイーツ店が集結し、UMAJO限定スイーツを販売。ここだけこの時だけのスイーツを目的に女友達とみんなで訪れるのもオススメです。

おわりに

札幌競馬場へのアクセスは、JR桑園駅から徒歩約10分。JR桑園駅と地下鉄二十四軒駅からはそれぞれ無料送迎バスも出ているので、アクセスもいいです。
北海道の暑いながらも爽やかな夏を感じることができる7〜8月。晴れた日は、北海道の広い空の下、札幌競馬場で馬にグルメにレジャーにと一日たっぷりと遊んでみませんか?老若男女、おひとり様からファミリーまで、必ず楽しみ方が見つかるはずです。夏は札幌競馬場がアツい!!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です! この記事に関するお問い合わせ