まぼろしの台湾料理が味わえる!台湾高雄の「古意蓬莱居」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

まぼろしの台湾料理が味わえる!台湾高雄の「古意蓬莱居」

まぼろしの台湾料理が味わえる!台湾高雄の「古意蓬莱居」

更新日:2017/07/23 20:51

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

台湾に来たら味わいたいのは、やっぱり台湾料理ですが、お店がたくさんあってどこで何を食べたらいいのか迷う方も多いはず。今回ご紹介するのは台湾リピーターの方にもおススメするレストラン「古意蓬莱居」。昔ながらの台湾料理を現代風にアレンジした台湾料理の数々や台湾南部ではほとんどお目にかかれないまぼろしの「西魯肉」は必食です!

「古意蓬萊居」について

「古意蓬萊居」について

写真:湯山 千里

地図を見る

「古意蓬莱居」は、六合路にあり、六合夜市からも歩いてアクセスできる距離にあるので、夜市へ行く前にこちらでまず夕食を食べるのもおススメです。

店の横にはバナナの木があり、南国ムードをかもしだしています。店構えは小ぢんまりとしたレストランで、うっかりすると通り過ぎてしまいそうですが「台菜(台湾料理)」の看板を目印に行ってみてください。

「古意蓬萊居」について

写真:湯山 千里

地図を見る

店内は落ち着いた中華レストランの雰囲気で、円卓の席が中心です。4人掛けの席もいくつかあるので、少人数でもご心配なく。円卓の席は10人ほど座れるため、それほど混雑することもなく、ゆったりと食事を楽しむことができます。

シェフは、台北で数十年台湾料理の修行を積んで、故郷である高雄でお店を開いたため、味は地元の人も太鼓判を押しています。

おつまみ付き!

おつまみ付き!

写真:湯山 千里

地図を見る

料理をオーダーすると先に小魚とピーナッツなどの小皿がサービスで一皿出てきます。これをいただきながら料理を待ちましょう。

おつまみ付き!

写真:湯山 千里

地図を見る

また、台湾ビールやペットボトルのお茶などの飲み物はセルフサービスで、お会計の際に申告するシステムなので、写真の冷蔵庫から取ってきてくださいね。

おつまみ付き!

写真:湯山 千里

地図を見る

「古意蓬莱居」の台湾料理には台湾ビールがピッタリです!お茶は水出し高山烏龍茶(無糖)で、まろやかな味わい。お酒が飲めない方は烏龍茶を是非試してみてください!

まぼろしの「西魯肉」とは

まぼろしの「西魯肉」とは

写真:湯山 千里

地図を見る

台湾南部はもちろんのこと、台湾料理のお店でもなかなかお目にかかれないまぼろしの名物台湾料理が「西魯肉 280元(小)日本円約980円」。

この料理、なぜまぼろしかと言うと、農耕社会で貧しかった時に台湾で食べられていた料理を再現したものだからです。昔は貧しかった為に使われた食材も少なく、白菜、細切りにした肉、にんじん、しいたけを煮てとろみをつけ、揚げた錦糸卵を入れただけというシンプルな料理が「西魯肉」。現在では、宜蘭の名物料理となっています。

「古意蓬莱居」の「西魯肉」は、これが貧しい時代の料理?!と思うほど具だくさんでキクラゲやネギなども入っています。「西魯肉」をオーダーしようとすると、お店の方から「肉料理じゃないですよ。先にお知らせしておきます。」と言われます。名前を見ると肉主体の料理と思ってしまうお客さんがいるんだとか。

昔は、細切りにした肉だったそうですが、「古意蓬萊居」の「西魯肉」に入っている肉は肉団子の小さな塊のような肉でボリュームがあります。具だくさんでとろみがあってあとを引くおいしさの「西魯肉」は「古意蓬萊居」でしか味わえない名物料理です!

台湾料理の定番「菜脯蛋」はまるでケーキ!

台湾料理の定番「菜脯蛋」はまるでケーキ!

写真:湯山 千里

地図を見る

干し大根を入れた卵焼きで、ご飯にもビールにも合う「菜脯蛋」。「古意蓬莱居」の「菜圃蛋 120元(日本円約420円)」は見た目がまるでケーキかパイ!のようなんです。切り分けるナイフも付いてきます。見た目のケーキの様子を裏切らない厚くてふわふわな「菜脯蛋」は、干し大根の塩味がきいています。キッシュにも似た「菜脯蛋」は、何もつけなくてもそのまま素朴な味が味わえます。

桜えびがい〜っぱい!桜えびチャーハン!

桜えびがい〜っぱい!桜えびチャーハン!

写真:湯山 千里

地図を見る

桜えびチャーハンというと、普通は中に桜えびが混ざっているチャーハンを想像しますが、「古意蓬莱居」の桜えびチャーハン「櫻花蝦炒飯 120元(日本円約420円)は、桜えびがい〜っぱい敷き詰められるように上に載った、桜えびが主体と言っても過言ではないチャーハンです。一口食べれば、口いっぱいに桜えびの味が広がります。チャーハン好きの方は是非オーダーしてみてください!

高雄の「古意蓬莱居」で「下酒菜(おつまみ)」にもピッタリの台湾料理を!

台北で数十年修行を積んだシェフの作る台湾料理は、どれも工夫が凝らされていて「古意蓬莱居」でしか味わえない料理です。サービス精神満点で、一皿の量はボリュームがあるので、2人〜3人では3〜4品オーダーすれば食べ切れないほどお腹一杯になります。

残ってしまった料理は、お店の方に包んでもらえば、持ち帰ることもできるので、持ち帰ってホテルで食べることもできます。

昔ながらの台湾料理を現代風にアレンジした台湾料理の数々を是非「古意蓬莱居」で味わってみてくださいね!

※表示金額は2017年7月現在のものです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ