姫路にある二千有余年の歴史をもつ廣峯神社。名軍師官兵衛を育てる。

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

姫路にある二千有余年の歴史をもつ廣峯神社。名軍師官兵衛を育てる。

姫路にある二千有余年の歴史をもつ廣峯神社。名軍師官兵衛を育てる。

更新日:2017/02/13 10:40

塚本 隆司のプロフィール写真 塚本 隆司 ぼっち旅ライター

姫路の中心部を一望できる広嶺山に建つ廣峯神社。その歴史は古く二千有余年前の太古にさかのぼる。信仰圏は広く鎌倉時代には西は広島から東は京都まで及び、紀州の熊野詣でにも劣らないほどの参詣者であふれたという。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の重要な舞台でもあり、黒田官兵衛の祖父の時代から縁のある神社として有名な廣峯神社の魅力をご紹介しよう。

登山コースにもなっている二千有余年の歴史もつ神社

登山コースにもなっている二千有余年の歴史もつ神社

写真:塚本 隆司

地図を見る

JR姫路駅から北に7kmほどのところにある広嶺山(広峰山)に建つ廣峯神社。登山コースとしても人気で休日には多くの登山を楽しむ人達に出会える。

今より二千有余年前、崇神天皇の御代(弥生時代)素盞嗚尊(すさのうのみこと)を白幣山(はくへいさん)に祀ったのがはじまりという。廣峯神社と称するようになったのは奈良時代、遣唐使であった吉備真備(きびのまきび)が素盞嗚尊を牛頭天王(ごずてんのう)とし、現在の奥の院(白幣山)に社殿を建立してからだ。そして平安時代には京都の八坂神社も廣峯神社から分霊されたと伝わっている。

吉備真備は陰陽道の祖ともいわれ陰陽道の聖地としても崇拝されていたという。姫路には陰陽道と深く関わりがある地で多くのパワースポットが点在するがここもそのひとつだ。

階段途中の脇に建つ宝篋印塔(ほうきょういんとう)は国指定重要文化財に指定されている室町時代初期のもの。また表門(随神門)は元禄十年(1697年)のものだ。

国内最大級の社殿

国内最大級の社殿

写真:塚本 隆司

地図を見る

現在の本殿は室町中期のもので神殿と仏間を交互においた神仏習合の珍しい建物になっている。その規模は入母屋造の桧皮葺きで桁行11間。
正面の拝殿(写真)は桃山時代の再建だが桁行10間あり、本殿とあわせ国内でも最大級という。国指定重要文化財に指定されている。

祭神である牛頭天王は災厄・病気・厄難を祓う神として信仰されており、節分や厄除大祭となると盛大に執り行われ多くの参拝者で賑わう。

穴に口をあてがい小言でこっそり神様に願い事

穴に口をあてがい小言でこっそり神様に願い事

写真:塚本 隆司

地図を見る

本殿の裏にまわると「九つの穴」がある。ここには「こよみ」の神様がおられ穴深くにはそれぞれ守り神が鎮まっておられるという。九星占いでおなじみの一白水星から九紫火星までの九星に該当するのだ。

自分の星の穴に願い事を書いた「願い札」と賽銭を入れ二礼二拍手してから、穴に小言で神様に願い事を伝える。古来から残っている風習が今もなお続いているのだから、きっと多くの人の願いをかなえてきたに違いない。

名軍師黒田官兵衛とも関わりが深い神社

名軍師黒田官兵衛とも関わりが深い神社

写真:塚本 隆司

地図を見る

昔は廣峯神社への参拝は神社の周辺に点在する社家(御師)屋敷に寄って一息ついたあと、社家の主に案内されて本殿に参るのが一般的だったという。
社家は「廣峯三十四家」といわれたが、今は二軒だけが残っている。荒廃が進んでいるが奥の院へと続く道とあわせ趣むきのある風景であり散策にはちょうどよい。

官兵衛の祖父も仕官先を探しながら社家たちと交わり、黒田家秘伝の目薬を神社のお札と一緒に売ってもらい財をなしたという。官兵衛も御師達と深く関わり他国の情報を耳にしたようだ。廣峯神社の信仰圏は京都から広島・島根あたりまでと広く多くの情報が入ってきたことは間違いない。

姫路の中心市街地と播磨灘を一望

姫路の中心市街地と播磨灘を一望

写真:塚本 隆司

地図を見る

神社からの眺望は姫路市街地や播磨灘まで一望できる。姫路城はもちろん天気が良い日には淡路島や四国まで見える。表門からまっすぐ正面に見える小島は上島(神島)という。古くは大鳥居が瀬戸内海に浮かんでいたとも云われているので、あの辺りではないだろうかと想像をしてしまうほど眺めが良い。

山の中腹にあるホテル「セトレ・ハイランドヴィラ」も絶景が見られる宿として人気だ。街の喧噪から離れ街の夜景を見ながら閑かに夜を過ごすのもいいだろう。運がよければ稀に雲海が広がることもあるのだ。

廣峯神社へは車なら鳥居前に駐車場(無料)がある。そこから徒歩10分程度で本殿に着く。
公共交通機関なら神姫バス「広峰」バスを停を下車し徒歩40分。「競馬場前」で下車してタクシーで向かえば10分ほどだ。もしくは姫路駅から観光タクシーで他のスポットとあわせて観光しながら行くのもいいだろう。
拝観料は無料でいつでも参拝できる。

おわりに

大河ドラマ「軍師官兵衛」のはじまりの地である廣峯神社。太古からの歴史と姫路中心市街地を一望できる眺望スポットは旅気分を十分に満たしてくれるはずだ。静寂に包まれた神社で大河ドラマの舞台に思いを馳せながら旅のひと時を過ごしてみるのはいかがだろうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/12/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -