全面リニューアルした日系ホテル「プリンス ワイキキ」は大人の滞在にぴったり!

| ハワイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

全面リニューアルした日系ホテル「プリンス ワイキキ」は大人の滞在にぴったり!

全面リニューアルした日系ホテル「プリンス ワイキキ」は大人の滞在にぴったり!

更新日:2017/08/01 09:39

Aya Hasegawaのプロフィール写真 Aya Hasegawa フリーランスライター、編集者

1990年開業のハワイ・オアフ島のホテル「ハワイ プリンスホテル ワイキキ」が、2017年4月、客室、ロビー、プールなど、全面改装し、「プリンス ワイキキ」として、リニューアルオープンしました。日系のホテルならではのきめ細やかなサービスはそのままに、おしゃれに生まれ変わった「プリンス ワイキキ」は、ホテルライフも観光も買い物も楽しみたいという、ちょっぴり欲張りな大人の方におすすめのアドレスです。

- PR -

ワイキキで唯一の全室オーシャンフロント

ワイキキで唯一の全室オーシャンフロント

提供元:プリンス ワイキキ

http://jp.hawaiiprincehotel.com/地図を見る

今回、「大人のハワイ旅」という切り口から、リニューアルした「プリンス ワイキキ」をご紹介していきたいと思います。

ハワイ・オアフ島に行ったことのある人なら見覚えがあるのでは? 「ハワイ プリンスホテル ワイキキ」といえば、ワイキキ中心地とアラモアナショッピングセンターの間に位置する33階建てのツインタワーのホテル。日系のホテルということで、言葉、ホスピタリティの面でも安心感がもあります。

ワイキキで唯一の全室オーシャンフロント

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

目の前のアラワイヨットハーバーをのぞむワイキキで唯一の全室オーシャンフロントビューのホテルとしても知られています。

ワイキキで唯一の全室オーシャンフロント

提供元:プリンス ワイキキ

http://jp.hawaiiprincehotel.com/地図を見る

その「ハワイ プリンスホテル ワイキキ」が、2017年4月、リニューアルを果たしました。リニューアルといっても、客室をはじめ、ロビー、プール、レストラン、バンケットルームなどを全面改装しており、ホテルの名前も、「プリンス ワイキキ」として新たなスタートを切りました。その「プリンス ワイキキ」、大人のハワイ旅にぴったりのホテルなんです。

アートあふれるロビーで、くつろぎの時間を

アートあふれるロビーで、くつろぎの時間を

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

まず、ロビーですが、チェックイン機能に加え、アートに触れ、くつろいだ時間を楽しめる空間としてリニューアルしました。

ロビーに入って目を引くのは、天井から吊るされた約850枚の銅版! これは、ハワイの現代アーティスト、カイリ・チュン氏が手がけた「フラリ・イ・カ・ラ」というアート作品。かつてホテルが位置する付近に生息していた回遊魚ヒナナフィッシュの群れと太陽を表現しています。この銅版は、ホテルで働くスタッフや家族がお客様の再訪を願う思いを込めて打ち出したもので、こんなところにもリニューアル前から定評のある同ホテルならではのおもてなし「プリンススタイル」を垣間見ることができます。

アートあふれるロビーで、くつろぎの時間を

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

スタイリッシュでありながらあたたかな空間は居心地抜群。そんなゲストの思いを知ってか知らずか、ロビーフロアには波を彷彿させるテーブルやおしゃれな椅子がいくつも配置されています。スタッフに聞けば、ロビースペースでも思い思いの時間を過ごして欲しいと、自由に使える電源も数多く用意したのだとか。ここでSNSをアップしてみるのもいいでしょう。

海と砂をイメージさしたエレガントな客室

海と砂をイメージさしたエレガントな客室

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

客室で目を引くのはなんといってもヨットハーバーに面した大きな窓! 以前から、全室オーシャンフロントのホテルとして人気を集めていましたが、リニューアルにあたり、床から天井までガラス張りのピクチャーウインドウを導入。ウインドウを開け放ってベッドに転がれば、まるでラナイで眠っているかのような心地良さです。

海と砂をイメージさしたエレガントな客室

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

海と砂をイメージさせる青とベージュを基調とした室内はシックで、壁には、生命力や再生力を象徴するナイオの花が描かれています。

海と砂をイメージさしたエレガントな客室

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

気になるアメニティは、ハワイで培った植物を主に原料とした、カウアイ島のオーガニックスパブランド「マリエ・オーガニクス」を導入。バスタイムもアロハな気分に浸れます。シャワーブースにはハンドシャワーを設置(海外って固定式のシャワーが多いんですよね)、また、全室にウォシュレットを完備。さすが日本人の好みをよーくわかってらっしゃる! ロビー同様、電源も多く用意。ベッドに横になり、スマホを充電できるのは、地味にうれしいところです。

ずっとここで過ごしたい! 絶景インフィニティプール

ずっとここで過ごしたい! 絶景インフィニティプール

提供元:プリンス ワイキキ

http://jp.hawaiiprincehotel.com/地図を見る

ビーチにも行きたいし、買い物もしたいけれど、ホテルでの時間も大事だという大人の旅行者におすすめなのは、新たに新設されたインフィニティプール。

ずっとここで過ごしたい! 絶景インフィニティプール

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

絵ハガキのような、完璧な美しさのハーバービューにぜひ酔いしれてください!

ずっとここで過ごしたい! 絶景インフィニティプール

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

また、プールエリアには、「プリンスワイキキクラブラウンジ」も新設。さわやかな風が感じられるラナイ席を備えたクラブラウンジは、常夏のハワイでも希少。営業時間中は、朝から晩まで、ドラフトビールやワインがいただけるのも魅力です。ホテルでのんびりした時間を楽しみたいなら、ちょっと奮発してクラブアクセスのある部屋にステイするのもいいでしょう。

まとめとして

「プリンス ワイキキ」が大人におすすめの最大の理由はなんといってもその立地。ワイキキの中心部と、アラモアナショッピングセンターの間に位置し、ワイキキの喧噪とは無縁。アラモアナには徒歩5分強くらいで、ワイキキの中心街にも徒歩で15〜20分で到着できます。暑い中、15分以上歩くのはつらいという場合は、ホテルの無料シャトルバスを利用するといいでしょう。

買い物派、ビーチ派、そして、ホテルでのんびり派にも便利な立地で、おしゃれで、居心地も抜群の「プリンス ワイキキ」。さまざまな旅のスタイルに対応してくれる、懐の深さが魅力です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/30−2017/07/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ