ハワイ・ノースショアで大人気!絶品B級お勧めグルメ8選

| ハワイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ハワイ・ノースショアで大人気!絶品B級お勧めグルメ8選

ハワイ・ノースショアで大人気!絶品B級お勧めグルメ8選

更新日:2017/07/26 16:33

ハフ 美国のプロフィール写真 ハフ 美国 ハワイブロガー

ハワイ・オアフ島の観光スポットとして有名なノースショア。ここには中心部であるワイキキやアラモアナでは食べられないような美味しいB級グルメが沢山あります。その中でフォトジェニックで美味しいお勧めグルメがいただけるお店をチョイス!できるだけ沢山いろんな種類を食べられるよう、効率的な周り方のコツも合わせてご紹介します。

まずはワヒアワでパイナップルアイスクリーム!

まずはワヒアワでパイナップルアイスクリーム!

写真:ハフ 美国

地図を見る

ノースショア手前のワヒアワという場所には、有名観光スポット・Dole Plantation (ドールプランテション)があります。

まずはワヒアワでパイナップルアイスクリーム!

写真:ハフ 美国

地図を見る

外にはいろんなパイナップルが育っているのを見ることができます。巨大迷路やパイナップ畑をのんびりと列車で回るエクスプレス・トレインなどのアクティビティーもありますよ。開園は9時30分ですが、外のこのエリアは先に入場できるので、時間短縮の為にもお店のオープン前に見ておいてください!

まずはワヒアワでパイナップルアイスクリーム!

写真:ハフ 美国

地図を見る

9時30分にお店が開いたら、名物パイナップル・ソフトクリームを食べることをお勧めします。大人気なので、すぐに行列ができてしまいます。一押しはパイナップルが乗ったドールホイップ$6.25。このドールホイップに使用されているパイナップルは甘くて美味しいので、アイスクリームがさらに美味しくいただけます。2〜3名で分けて食べても十分な量なのでお得ですよ!ロコも思わず立ち寄って食べてしまうこのソフトクリームは絶品です。

ハレイワタウンには寄らずにまずはカフクへGO!

ハレイワタウンには寄らずにまずはカフクへGO!

写真:ハフ 美国

地図を見る

ノースショアに入るとハレイワタウンが見えてきますが、まずはそのままカフク方面に向かいましょう!
道路脇にフルーツを売っている場所、Kahuku Land Farmsが出てくるので、立ち寄ってみてください。古きよきハワイな佇まいがとてもフォトジェニックなスポットです。

切りたての新鮮なフルーツやドライフルーツを売っています。お勧めは新鮮なミックスフルーツ、マンゴー、パパイヤ、パイナップル。他にもシュガーケイン(サトウキビ)、ココナッツ、ドラゴンフルーツ、グァバなども売っていますので試してみては!?(季節によって売られているフルーツは異なります。)

ハレイワタウンには寄らずにまずはカフクへGO!

写真:ハフ 美国

地図を見る

そして、その後はKafuku Superrette(カフクスパーレット)へ。ここはポケが新鮮で美味しいと有名な場所。いつもロコで賑わっている隠れた名店です。以前は知る人ぞ知ると言う感じでしたが、今や、日本の雑誌にもよく取りあげられるようになり、認知度もUP!

ポケは新鮮な魚を切り身にして、ハワイアンソルトや醤油であえた、ハワイの代表的なローカルフード。アヒ(マグロ)が一番人気で、醤油ポケ、リム(海藻)ポケ、スパーシーポケなどがあります。また、アク(カツオ)、タコ、豆腐などいろんなバージョンがあり、どれもお酒のおつまみに最適!

このお店の一番人気は醤油ですが、海藻のちょっとコリコリした感じが、ハワイならではのリムもお勧めですよ。
ポケ丼をオーダーすると半分はご飯、そしてギュウギュウにポケを入れてくれます。

*写真はアヒリムポケ丼とミックスフルーツ、マンゴーのドライフルーツ。

ハレイワタウンには寄らずにまずはカフクへGO!

写真:ハフ 美国

地図を見る

ノースショアといえば、シュリンプというくらいのド定番。ハレイワには沢山シュリンプのお店がありますが、その中でも一番人気と言えるのが、ハワイガーリック・シュリンプ発祥のお店でもあり、いつ行っても行列ができているお店、Giovanni’s Shrimp Truck。お昼を過ぎるとすごく混雑するので、早い時間に行くのがお勧めです。

美味しいことはもちろんですが、こちらのお店の方がお勧めな理由が幾つかあります。

●Kafuku Superretteで買ったポケ丼を持ち込める。
●BYOB(Bring Your Own Bottle =アルコール持ち込み可)なので、ビールなどアルコールを持ち込みして飲むことができます。
*記事掲載時点ではBYOBですが、その都度確認をお願いします。運転手の方はアルコールはもちろん控えてくださいね。
●トイレ、手を洗うところがあり、便利です!

お勧めは、オリジナルのスキャンピ。2スクープのライスとたっぷりのガーリックが効いた大きめのプリップリした海老が殻つきで出てきます。ビールとの相性が抜群です。そして、醤油をもらってください!残念ながら日本のような美味しいお米はついてきませんが、この醤油をかけ、ガーリックソースを絡ませると、お米も美味しく頂けますよ。これ、ポイントです。

*写真はアヒ醤油ポケ丼とスキャンピ

ハレイワタウンでショッピングとB級グルメ!

ハレイワタウンでショッピングとB級グルメ!

写真:ハフ 美国

地図を見る

ハレイワタウンはノースショアにある観光地。レトロな街並みとのんびりとした雰囲気が魅力の町で、多くの観光客で賑わっています。ショッピングも楽しめる場所が沢山!

ここで訪れていただきたいのが松本シェイブアイス。このお店は1951年開業。60年以上もハレイワタウンで営業を続ける有名店。時間帯によっては1時間くらい並ぶことになるので、ショッピングを楽しむ前、できるだけ早い時間帯に行って食べることをお勧めします。
写真映えするのはレインボー。アイスクリームやあずきを載せたり、コンデンスミルクをかけるのもお勧めですよ〜!

*写真は抹茶あずき(中にあずきが入っています)とレインボー

ハレイワタウンでショッピングとB級グルメ!

写真:ハフ 美国

地図を見る

ショッピングを楽しんだ後、土日祝にハレイワに行けるなら、是非立ち寄って欲しいところがこちら!MALAMA というスーパーの駐車場に、土日祝だけ現れるRay’s Kiawe Broiled Chicken(レイズ キアヴェ ブロイルド チキン)のフリフリチキン。外で豪快に、グルグル回しながらチキンを焼いていて、香ばしい匂いがしているので、自然と引き寄せられることでしょう。

ハレイワタウンでショッピングとB級グルメ!

写真:ハフ 美国

地図を見る

ここのチキンは皮がパリパリ、身はとってもジューシー。営業日にこの場所に行けたなら、買わない理由が見つかりません!お腹がいっぱいということなら、お持ち帰りされるとよいでしょう。観光客だけでなくロコも大絶賛するこのお店、是非立ち寄ってみてください。

*写真はプレートランチ。チキンだけでも購入できます。

帰りには再びワヒアワへ!

帰りには再びワヒアワへ!

写真:ハフ 美国

地図を見る

もしも土日祝にハレイワに行けず、チキンが食べられなかったという方、ご安心ください。他にも美味しいチキンが食べられるところがあります。それがMaui Mikes (マウイマイクス)!
日本にも進出していますが(※)、本場で食べるとさらに美味しい上に、お値段もお得です。ここもジューシーでRay’s Kiawe Broiled Chickenに負けず劣らず美味しいですよ!いろんなソースも選べるので、飽きずに食べることができます。

※日本のお店はすでに閉店しています。

帰りには再びワヒアワへ!

写真:ハフ 美国

地図を見る

せっかくMaui Mikes まで来たならば、すぐ向かい側にも人気店があるので立ち寄ってください。ファーマーズマーケットやフードトラックイベントでよく見かけるこちら、Wow Wow Hawaiian Lemonade (ワウワウハワイアンレモネード)。ハワイマウイ島で2013年に生まれたオールハンドメイドのレモネード屋さんです。イベントではいつも長蛇の列ですが、ワヒアワ店では、それほど待たずにオーダーができ、イベントに出ていない味も楽しめるのが魅力です。

帰りには再びワヒアワへ!

写真:ハフ 美国

地図を見る

また、プラス料金でメイソンジャーにドリンクを入れてくれて持ち帰ることができ、これが大人気!容器だけを購入することもできるのでお土産にも最適です。こちらのお店も日本に進出済みですが、日本で買うよりも安くメイソンジャーを購入できますよ。

ノースショアに行く時は朝早くに出るべし!

ノースショアに行く時は、お腹を空かせて、是非朝早くから出発してください。9時30分までにはドールプランテーションに着くように、出発するのがよいでしょう。チキンを最後に食べるようにしていれば、お腹がいっぱいであれば日持ちがするのでお持ち帰りして、夜食にビールのおつまみにするのもいいですよね。効率的に回り、並ぶ時間を短縮して、いろんな絶品B級グルメを堪能してくださいね!



掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/27−2017/07/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ