レトロ可愛い風鈴電車が夏を行く!群馬・上毛電気鉄道

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

レトロ可愛い風鈴電車が夏を行く!群馬・上毛電気鉄道

レトロ可愛い風鈴電車が夏を行く!群馬・上毛電気鉄道

更新日:2017/08/08 13:56

やた 香歩里のプロフィール写真 やた 香歩里 鈍足の旅人、地域の魅力発掘人,駅徒歩絶景ハンター

上毛電気鉄道は、群馬県前橋市の前橋中央駅から桐生市の西桐生駅まで約25キロ、群馬県東南部を東西に走る鉄道です。「上電」の愛称で親しまれ、登録有形文化財の橋梁や駅舎、鉄道ファン垂涎の車両「デハ101」でも有名ですが、最近は季節ごとに工夫を凝らしたさまざまなデコトレインでも話題になっています。今回は、暑い夏の癒しのような、レトロで可愛く涼やかさ満点の、風鈴電車をご紹介します。

風鈴の音が鳴り響く車内は涼味満点!

風鈴の音が鳴り響く車内は涼味満点!

写真:やた 香歩里

地図を見る

上毛電気鉄道が夏に風鈴電車を走らせるのも、2017年で15回目となりました。今ではすっかり夏の風物詩となっており、2017年は7月15日から8月30日までの運行が予定されています。

電車に乗り込むと、天井から吊るされた、可愛らしい図柄のたくさんの風鈴が目に入ります。風鈴の数は、なんと2両編成の車両に約100個。

風鈴の音が鳴り響く車内は涼味満点!

写真:やた 香歩里

地図を見る

軒先や縁側で、風に吹かれてチリンと鳴る風鈴は、かつては日本の夏に欠かせないものでした。今ではエアコンのために窓を閉め切ってしまうので、風が鳴らす風鈴の音色を聞くことは少なくなってしまいました。もはや家では風鈴を見たことがない、というお子さんも珍しくないと思います。

風鈴電車には、カラフルで可愛い絵付けガラスの風鈴もあれば、渋い鉄製の風鈴もあります。風鈴が懐かしい世代にも、風鈴になじみのない子供たちにも、その音色と、風鈴のある風景を楽しむ貴重な機会なのかもしれません。

風鈴の音が鳴り響く車内は涼味満点!

写真:やた 香歩里

地図を見る

電車が走り出し、加速をつけると、一斉に風鈴のチリンチリーンという音色が響きます。これだけの風鈴が一斉に鳴るとうるさいのでは?と思いきや、もともと列車の走行音や振動音があるので、意外にうるさいとは感じません。むしろ、無機質な走行音に混じる涼やかな音が、ふっと和やかな気持ちにさせてくれます。

地元の方の思いが伝わる短冊にも注目

地元の方の思いが伝わる短冊にも注目

写真:やた 香歩里

地図を見る

風鈴には短冊がつきものですが、風鈴電車はこの短冊にも工夫があります。風鈴電車は2編成で運行されていますが、1つの編成には、群馬県警交通企画課募集による、大胡東小学校児童作の交通安全標語が、そしてもう1つの編成には、一般の方から寄せられた「俳句&川柳」の100作品が書かれているのです。

応募の俳句や川柳からは、5本の「上電賞」が選ばれます。2017年の受賞作「見上げれば 車内癒しの 夏景色」や、「車捨てて 上電と行く 夏まつり」などからは、風鈴電車が地元の夏にすっかり溶け込んでいること、上電が地元の方に愛されていることが伝わってきますね。

地元の方の思いが伝わる短冊にも注目

写真:やた 香歩里

地図を見る

他にも、なんだかほっこりするようなもの、クスリと笑ってしまうようなものなど、たくさんの作品がありますので、ぜひ、車内でじっくりご覧になってください。また、受賞作は上毛電気鉄道ホームページでも見ることができます。

季節ごとに多彩なデコトレインが運行

季節ごとに多彩なデコトレインが運行

写真:やた 香歩里

地図を見る

上毛電気鉄道では、風鈴電車だけでなく多彩なデコトレインを走らせています。この写真の電車は夏〜秋にかけて運行するお祭り電車。

季節ごとに多彩なデコトレインが運行

写真:やた 香歩里

地図を見る

ずらりと並んだ提灯に「氷」のマーク、よく見ると金魚まで泳いでいます。確かに、どこの縁日に迷い込んだのか、という気持ちになりますね。提灯の短冊には、地元のさまざまな祭りの名称が書かれたものも。このお祭り電車は、10月上旬までの予定です。

このほかにも、海のない群馬県だからこその、車内を海に見たてて100種類以上の魚を天井や窓・ドアに描いた水族館電車も走っています。また、秋にはハロウィンの、冬にはクリスマス仕様のデコトレインの運行が予定されています。

目に可愛く、耳に涼しい風鈴電車で夏を楽しもう

上毛電気鉄道の風鈴電車は、見た目の可愛さや涼しげな音色はもちろんのこと、地元の方とのつながりや、手づくり感ある温かみも感じられます。

上毛電気鉄道には、通年利用できる全線1日乗り放題の「赤城南麓1日フリー切符」があります(大人1300円、小児650円)。また、JR東日本が販売している「ぐんまワンデー世界遺産パス」も利用することができます(大人2100円、小児1050円、2017年の利用期間は7月1日〜12月31日)。

他社線から乗り継ぐ場合は、赤城駅で東武鉄道桐生線と接続しているほか、西桐生駅はJR両毛線桐生駅から徒歩約5分。前橋中央駅はJR両毛線前橋駅から徒歩約15分ですが、両駅間をつなぐシャトルバスも出ています(運賃:100円)。

移動手段としてだけでなく、「乗ること」そのものを楽しめるデコトレイン、この夏はぜひ、上毛電気鉄道の風鈴電車を楽しんでみてください!

(なお、価格はいずれも2017年8月現在のものです)

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ