「ルネッサンス リゾート ナルト」が意外と近い!フォトジェニックな女子旅をお手軽に

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「ルネッサンス リゾート ナルト」が意外と近い!フォトジェニックな女子旅をお手軽に

「ルネッサンス リゾート ナルト」が意外と近い!フォトジェニックな女子旅をお手軽に

更新日:2017/08/22 10:46

みぃのプロフィール写真 みぃ 実泊ホテルライター、トラベルライター

海外や沖縄じゃなきゃオシャレなリゾート写真が撮れないと思っていませんか?実は徳島の「ルネッサンス リゾート ナルト」が最近とってもフォトジェニック。
近場でリーズナブル。しかも徳島空港からも近いので羽田から飛行機に乗ってすぐのお手軽さ。もちろん神戸からも車で1時間ほどと、関西圏からのプチトリップにもうってつけ!近くてフォトジェニックな女子旅を「ルネッサンス リゾート ナルト」で楽しみましょう。

女子旅にピッタリ!近場の「ルネッサンス リゾート」

女子旅にピッタリ!近場の「ルネッサンス リゾート」

写真:みぃ

地図を見る

「ルネッサンス リゾート」と言えば沖縄を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、もっと近場で楽しめる「ルネッサンス リゾート」があるんです。それが今回ご紹介する「ルネッサンス リゾート ナルト」。

もちろん沖縄よりも近いのですが、なんと言っても最寄りの徳島空港から車で30分弱とアクセスが良く、神戸からも車で1時間程度ですので、思い立った時にリフレッシュできる手軽さが魅力。それでいてリゾート感抜群ですのでフォトジェニックな女子旅にぴったりなんです!

女子旅にピッタリ!近場の「ルネッサンス リゾート」

写真:みぃ

地図を見る

「ルネッサンス リゾート ナルト」には全部で13種類の部屋タイプがあります。ホームページの「ゲストルーム」のページでじっくりとお部屋を吟味してくださいね。和室タイプもあり、女子会にもおすすめ。オーシャンビューに癒されながら、ガールズトークを楽しめそうです。

白を基調としたスッキリとしたゆとりのあるお部屋は、日ごろの疲れやモヤモヤをリセットするのに最適。廊下とお部屋の間は広い水周りスペースが配置されていますので、廊下の声も聞こえにくくて静かな滞在が叶います。テラスのテーブル・チェアーも清潔。単なるお飾りではなく安心して使える実用性のあるものです。目の前には青い海。淡路島の方向の日の出も美しく、月齢によってはムーンロードも楽しめます。

女子旅にピッタリ!近場の「ルネッサンス リゾート」

写真:みぃ

地図を見る

ホテルには屋外で楽しめるウォータースポーツの他、館内で体験できる「阿波藍染め体験」や「大谷焼絵付け」など、時間がどれだけあっても足りないくらいアクティビティが充実していますので、連泊の滞在がおすすめ。

ロングステイ(2連泊以上)だとプレミアムゲスト特典「クラブサビー」のおもてなしを受けることができます。例えば写真のオーシャンビューの「テラスカフェ オーゲ」でいつでも自由にコーヒーやすだちジュースが楽しめたり、ランチ(※)がいただけたり、エステが割引になったりと、かなりお得に楽しめちゃいます!専用朝食会場「フォーシーズン」での阿波プレミアムブレックファーストも魅力です。

※特典のランチは、郷土料理「彩」の割烹バイキング“阿波三昧、又は、「テラスカフェ オーゲ」のさぬきうどん(わかめ又はぶっかけ) もしくはビーフカレーとなります

「フレンチ ビュッフェ キャトルセゾン」のスイーツがフォトジェニック!

「フレンチ ビュッフェ キャトルセゾン」のスイーツがフォトジェニック!

写真:みぃ

地図を見る

ランチタイムは8階レストラン「フォーシーズン」にご注目。土・日・祝限定の「フレンチ ビュッフェ キャトルセゾン」のスイーツビュッフェがフォトジェニックなんです!2017年9月10日まではトロピカルスイーツがビュッフェ台に並びます。季節ごとに違ったスイーツが楽しめるのも魅力ですよ。

一般的にビュッフェ台はお皿を持った女性が殺到しますが、ここではスマホを持った女性が台を取り囲みます(笑)

※「フォーシーズン」のランチはクラブサビーの特典対象外

「フレンチ ビュッフェ キャトルセゾン」のスイーツがフォトジェニック!

写真:みぃ

地図を見る

先にスイーツをご紹介してしまいましたが、メインディッシュは、肉、魚、野菜、ブイヤベースより一皿チョイス。テーブルへ運んでくれます。

地元徳島で獲れた魚を使ったオードブルや、様々な調味料で楽しむ新鮮なお野菜、それに先ほどご紹介したフォトジェニックなスイーツは、中央のビュッフェ台でお好きなだけどうぞ。

「フレンチ ビュッフェ キャトルセゾン」のスイーツがフォトジェニック!

写真:みぃ

地図を見る

ライブ感あふれるパフォーマンスも必見!ビュッフェ台横では桃のフランベを目の前で作ってくれます。できたてのアツアツの桃に冷たーいアイスクリームを添えたらできあがり!

「ルネッサンス リゾート ナルト」での過ごし方

「ルネッサンス リゾート ナルト」での過ごし方

写真:みぃ

地図を見る

館内にはミネラル豊富な鳴門温泉を楽しめる浴場が2か所。1階には露天風呂「縹」〜はなだ〜、8階には展望風呂「瑠璃」〜るり〜があり、違った趣のオーシャンビューの浴場が楽しめます。

露天風呂には「檜の湯(写真)」と「椿の湯」、展望風呂には「草木の湯」と「柑橘の湯」があって、景色や香りなどバラエティーに富んだお湯が魅力です。

「ルネッサンス リゾート ナルト」での過ごし方

提供元:ルネッサンス リゾート ナルト

http://renaissance-naruto.com/地図を見る

白い砂浜が続く美しいプライベートビーチも「ルネッサンス リゾート ナルト」の魅力の一つ。特に、誰もいない早朝の砂浜はとってもフォトジェニックで自撮りにもぴったり!部屋にはビーチサンダルが用意されていますので、波打ち際のお散歩も気持ちがいいですよ。

「ルネッサンス リゾート ナルト」での過ごし方

提供元:ルネッサンス リゾート ナルト

http://renaissance-naruto.com/地図を見る

9月1日からは館内の「阿波の國」にて地元の工芸品に親しめる体験プログラムが用意されています。「ジャパンブルー」と称される藍染の体験も可能。難しそうに見える柄出しも、シンプルなものだと輪ゴムや割りばしを使って意外と簡単に作れます。

焼物好きなら、大谷焼絵付けはいかがでしょうか。鉄分を多く含んだ土でできる大谷焼はかすかな金属的な光沢とざらりとした素朴さが魅力。お料理を引き立ててくれる普段使いの焼物ですので、お料理好きの方にもぴったりな体験です。

夕食は館内4か所のレストランからチョイス

夕食は館内4か所のレストランからチョイス

写真:みぃ

地図を見る

夕食は館内にある4つのレストランからお好みで。連泊でも味に飽きることがありません。

フレンチなら8階の「フォーシーズン」。お昼とはまた違った海と空の色が楽しめます。完全に暗くなってしまう前に入って、お料理とともに移りゆく景色を楽しむと雰囲気抜群です。

地元徳島の旬の味覚を中心にしたフレンチ懐石は、フランス料理と繊細な日本料理のマリアージュ。お箸でカジュアルにいただきましょう。

夕食は館内4か所のレストランからチョイス

提供元:ルネッサンス リゾート ナルト

http://renaissance-naruto.com/地図を見る

せっかくの旅ですから活気溢れる郷土料理もおすすめ。「彩-阿波三昧」の割烹バイキングでは、握りたての寿司、讃岐うどん、鳴ちゅるうどん、鳴門わかめのしゃぶしゃぶ、揚げたて天麩羅、炭火焼、鳴門金時デザートなど、90種類以上のお料理が楽しめます。

時折太鼓が鳴って、タイムサービスのお料理が登場するのも楽しいポイント。毎週火・金曜日には一日一回ゴールデンタイムサービスとして「まぐろ一刀おろし」のイベントも開催されています。

夕食は館内4か所のレストランからチョイス

写真:みぃ

地図を見る

食後はプールサイドで夕涼み。最近流行りのナイトプール気分。プールに入れるのは9月30日までの9:00〜18:00の間ですので、18時以降は静かな雰囲気を楽しめます。

クラブサビー特典「阿波プレミアムブレックファースト」

クラブサビー特典「阿波プレミアムブレックファースト」

写真:みぃ

地図を見る

朝食はクラブサビーの連泊特典を利用しましょう。専用朝食会場「フォーシーズン」での阿波プレミアムブレックファーストは朝から優雅な時間が流れる特別感あふれる朝食。エッグベネディクトや高嶺の卵を使って1日漬け込んだこだわりのフレンチトーストなどからチョイスして、サラダやフルーツなどはビュッフェスタイルでどうぞ。

宿泊者ならクラブサビー対象外の方でも追加料金1000円で利用可能ですので、追加を払ってでも利用したほうが絶対お得です!

クラブサビー特典「阿波プレミアムブレックファースト」

写真:みぃ

地図を見る

朝食後はレンタサイクルでホテルの周辺の散策はいかがでしょうか。少し走れば鳴門海峡大橋が近くに眺められる海岸がありますし、世界の美名画・美術空間を陶板で再現した大塚国際美術館も自転車で10分かからない場所にあります。

近場でリゾート感満喫の女子旅ができる「ルネッサンス リゾート ナルト」

「ルネッサンス リゾート ナルト」はアクセスの良さ、立地、多彩なプログラムと、女子旅にはうってつけ。しかもリゾート感抜群のフォトジェニックな写真も撮れちゃう!SNSにUPすれば「ここ、どこ?」と聞かれること間違いなし。1泊2日、2泊3日で海外リゾートに行ったかのような満足感が得られますよ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/23−2017/07/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ