米子駅前の好立地!山陰観光のベースにも使える「東横イン米子駅前」

| 鳥取県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

米子駅前の好立地!山陰観光のベースにも使える「東横イン米子駅前」

米子駅前の好立地!山陰観光のベースにも使える「東横イン米子駅前」

更新日:2017/07/27 16:57

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家

鳥取県の西部にある米子市は山陰を代表する都市。商都としての歴史も長く、鉄道や主要道路が交差する交通の要衝でもあります。周囲には観光スポットも多いので米子観光にはもちろん、山陰旅の起点としても相応しい都市です。米子駅周辺には多くのホテルがありますが、やはり全国チェーンの東横インは存在感が光ります。知らない街の知っているホテル。アウェイな街でも安心して利用できる東横イン米子駅前を紹介しましょう。

これも東横イン初!

これも東横イン初!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ビジネスホテルの代名詞ともいえる東横イン。日本最大規模のビジネスホテルチェーンです。全国各地へ展開、最近では海外への進出も見られます。そんな東横インですが、最大の特徴が立地の良さ。駅前、繁華街という便利なロケーションという印象があります。同じエリアに複数店あるケースも見られ、予約の取りやすさもピカイチです。連泊で2日目が安くなるプランなど、旅のスタイルに合わせて多彩なセレクトが可能です。

ビジネスホテル業界のパイオニア的存在ともいえる東横インですが、意外に知られていない東横インが初、というサービスも。いまや常識となりつつある無料朝食や、客室に置かれた空の冷蔵庫。これらを初めて導入したのも東横インといわれています。東横イン米子駅前でも無料朝食、空の冷蔵庫が導入されています。

料金変動のない東横インの魅力

料金変動のない東横インの魅力

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

知名度抜群のビジネスホテルチェーン東横イン。特徴として安定した料金設定が挙げられます。ホテルの料金は変動するのが常識。業界では“レベニューマネジメント”などと言いますが、一般的には繁忙期は高く閑散期は安い料金というケースは多く見られます。近年ではインバウンドの激増でホテル業界の活況が叫ばれていますが、閑散期5千円以下のホテルが繁忙日に3万円などという極端な例も他のホテルチェーンで見られました。今や都市部ホテルの稼働率上昇や料金の高騰も常識となりつつあります。

一方、東横インでは例外を除いて料金変動がないことをスタンスにしています。立地など店舗によって異なりますが、基本的に4千円〜8千円程度の幅で設定されており、前述のような過度な料金変動は見られません。いかに儲けるかといった過度な料金変動のチェーンもある中で、東横インの存在感は際だっています。東横イン米子駅前も利用者にやさしい料金設定です。

米子駅前の好立地

米子駅前の好立地

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

東横イン米子駅前はJR米子駅徒歩2分の好立地。大山や倉吉といった近隣の地はもちろん、出雲、松江などへのアクセスも秀逸。鳥取県はもちろん、山陰地方まるごと楽しむベースとしての地とも言えます。

米子駅といえば知る人ぞ知る境線の0番ホーム。終点の境港駅はご存じゲゲゲの鬼太郎作者、水木しげる先生の出身地ということで、0番ホームからは妖怪キャラがペイントされた鬼太郎列車が境港へとナビゲートしてくれます。境港駅前から水木しげる記念館に至る道路は「水木しげるロード」と呼ばれ、沿道ではたくさんの妖怪ブロンズ像が出迎えてくれます。

駅徒歩2分と鉄道利用でも便利な東横イン米子駅前ですが、駐車場も完備しています。69台収容(平面駐車場:9台、立体駐車場60台・長さ5m/幅1.85m/高さ2m/重さ2.3tまで、先着順)1泊500円(税込)で利用できるのも嬉しいところです。

ロビーの特徴的なサービス

ロビーの特徴的なサービス

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

東横インで印象的なのがとにかく明るいロビー。ビジネスホテルといえば、暗く狭いロビーといった印象もありますが、到着してホッとする優しいインテリアと明るさ、そして清潔感は東横インが支持されるポイントとも言えるでしょう。スタッフのスピーディーなチェックイン手続きも好印象です。

東横インのロビーでは特徴的なサービスがあります。宿泊者であれば無料で美味しい冷水が楽しめる人気のミネラルウォーターサーバーをはじめ、コンビニエンスストアの価格よりも安い自動販売機など、ゲスト目線のサービスが光ります。もちろん東横イン米子駅前でも同様のサービスがあります。

客室は機能的で使い勝手も良くリピーターから支持されています。デスクの収納はオープンラックで、湯沸かし器やマグカップといった備品もストレスなく取り出すことが出来ます。ビジネスホテルのデスクに引き出しや扉は不要かもと感じる時もあります。ドライヤーも、デスクから手に届く位置に壁付けされているのは助かります。

東横インの客室に備えられたフロアスタンドは、ミニテーブルや角度の調節が出来るライトも付属した1台3役。使いやすさも抜群です。各客室には、ズボンプレッサーも備えられています。欲しいモノを手が届く場所に。細かいところまで気づかいを感じる客室です。

やっぱり魅力の無料朝食

やっぱり魅力の無料朝食

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

前述のとおり東横インは無料朝食のパイオニアでもあります。宿泊者全員を対象として無料提供されています。おにぎりやホテルによっては炊き込み御飯なども。おかず、サラダにお味噌汁など、ブッフェ形式なのでお腹の空き具合に応じて食べることが出来ます。

ホテルチェーンによっては豪華なブッフェスタイルというケースも見受けられますが、東横インのシンプルな内容は、忙しい朝にサッと食べ出発できるという点も人気です。とはいえ、ご当地メニューや季節のメニューなども提供する店舗もあり、人気を博しています。

おわりに

全国どこへ出向いても見かける東横イン。山陰・米子の旅にも東横イン米子駅前は使えるホテルてす。より多く利用する機会がありそうなチェーンホテルなのでポイントカードの優待も魅力。旅のスタイルに合わせた利用術を研究してみるのもいいかもしれません。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/12−2015/09/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -