「箱根・芦ノ湖 はなをり」は女子に嬉しいハイコスパ温泉リゾート!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「箱根・芦ノ湖 はなをり」は女子に嬉しいハイコスパ温泉リゾート!

「箱根・芦ノ湖 はなをり」は女子に嬉しいハイコスパ温泉リゾート!

更新日:2017/09/21 09:27

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

箱根=宿泊費が高いと思っていませんか?
2017年8月、箱根の芦ノ湖畔に開業したホテル「はなをり」は、1泊2食付きでなんと1万円台から!しかも女性をターゲットにしているため、芦ノ湖を望む水盤テラス、趣の異なる2つの大浴場、新感覚ブッフェなど、プラスアルファの非日常ポイントがいっぱい。何度か箱根に泊まったわ…という方も、このホテルは必見です!新しい魅力に溢れたコスパ◎のホテルで、箱根の旅を楽しもう。

吸い込まれそうな絶景!芦ノ湖を一望する水盤テラス

吸い込まれそうな絶景!芦ノ湖を一望する水盤テラス

提供元:オリックス株式会社

https://hanaori.jp/ashinoko/地図を見る

旅は非日常を楽しむために行くもの。「はなをり」があるのは、夏でも涼しい標高742mの場所。そして、芦ノ湖がすぐ目の前という最高のロケーションです。

正面玄関の扉が開くと、視界に飛び込んでくるのは「はなをり」自慢の水盤テラス。水際に立てば、水盤の水の青さ、空の青さ、芦ノ湖の青さの3つが1つになる「青い世界」が広がります。このテラスに立った瞬間が、旅のスタート。手足を思い切り伸ばし、非日常の世界を楽しみましょう。

吸い込まれそうな絶景!芦ノ湖を一望する水盤テラス

写真:安藤 美紀

地図を見る

水盤テラスの中央には、ソファが円形状にグルッと設置されています。フロント・ロビーのカフェコーナーで好きなドリンクを注文すれば、水盤テラスが絶景カフェに変身。グラス片手にテラスでこの景色を見れば、リフレッシュできますよ!

吸い込まれそうな絶景!芦ノ湖を一望する水盤テラス

提供元:オリックス株式会社

https://hanaori.jp/ashinoko/地図を見る

水盤テラスの右側には、約10人座れる足湯カウンターがあります。ここで使われているのは、少しトロミがある姥子山越旭温泉。しばらく足湯に浸かっていると、足元がほんのりあったか…。肌に温泉がスッと染み込んでいくようなしっとり感に包まれます。足湯の入口にはタオルも置いてありますので、手ぶらでOKですよ。このように、足湯に浸かりながらゆっくり芦ノ湖を眺められるのも「はなをり」の魅力。

モダンな和を感じられるオシャレなフロント

モダンな和を感じられるオシャレなフロント

提供元:はなをり

https://hanaori.jp/ashinoko/地図を見る

フロントで目を引くのは、江戸時代の絵師 歌川広重の絵を大胆にアレンジしたアートパネル。ここはオシャレなフォトスポットとしても最適です!

モダンな和を感じられるオシャレなフロント

写真:安藤 美紀

地図を見る

実は「はなをり」は国定公園内に建てられた宿泊施設。総面積は約2万平米もあり、季節の草木が彩るお庭と遊歩道が設置されています。お庭に一歩足を踏み入れれば、そこは緑の別世界…。静寂を楽しみながら遊歩道をのんびり歩くと、芦ノ湖畔もすぐ近くです。

普段、仕事が忙しくてストレスを溜め込んている方は、お庭に出て森林浴しましょう。ここは、思いっきりリフレッシュできる癒しスポットです。

モダンな和を感じられるオシャレなフロント

写真:安藤 美紀

地図を見る

エレベーターホールには、箱根に咲く12種類のお花が描かれています。この絵の原画を描いたのは、幕末〜明治時代にかけて活躍した絵師 柴田是真。「はなをり」では、このようにお庭と館内に色々な形でお花がアレンジされています。箱根・芦ノ湖の自然と「はなをり」のお花が見事に融合していて、素敵ですよね!ここもフォトスポットになるおすすめの場所。好きな絵を探してみてください。

八寸を自分好みに!かつてない新感覚ブッフェ

八寸を自分好みに!かつてない新感覚ブッフェ

写真:安藤 美紀

地図を見る

小田原漁港に近い箱根は、とれたての魚介類をお料理に出すところが意外と多く、食材にこだわる宿や食事処の激戦区。そんな箱根で、他では食べられない新しいブッフェスタイルを提供しているのが、ここ「はなをり」です。実は「はなをり」の総支配人は元料理人。「ゲストに本当に喜んでもらうためには、何を提供したらいいのか」を軸にして、メニューやサービスが開発されました。

ブッフェダイニング「季(とき)しかり」では、各テーブルに空の竹籠を用意。なんと、自分の好きな前菜を好きなだけとって、八寸を作るところからスタートします。

八寸を自分好みに!かつてない新感覚ブッフェ

写真:安藤 美紀

地図を見る

「季しかり」は和食がメインですが、フレンチのシェフが腕を奮っています。そのため、和食の技術にフレンチのソースや手法が混ざり合い、どれも手が込んだものばかり。そして、並ぶ料理も色彩豊かで、目移りしてしまいます!

大皿料理を自分で盛り付けるのではなく、かわいい小鉢に盛られた竹籠はまさにフォトジェニック。お気に入りの1枚を撮ってみてください。

八寸を自分好みに!かつてない新感覚ブッフェ

写真:安藤 美紀

地図を見る

その日の「おすすめの一品」は、オーダー制。各テーブルの上に置かれている「木札」をシェフがいるメインカウンターまで持っていくと、作りたてを自分の席まで持ってきてくれます。作り置きは一切なく、温かいものはホカホカのまま。しかも何度でもおかわりできます。

さらに「はなをり」は、デザートも手づくり&出来立て!スイーツコーナーには常時10種類くらいのデザートが並びます。

「はなをり」の客室を動画でチェック

動画:安藤 美紀

地図を見る

全154室の客室には、大小6タイプのお部屋があります。予算を抑えたい方は、31.5平米のスタンダードな和洋室(1泊2食付き13,500円〜税抜き)をチョイスしましょう。

ちょっと贅沢してでも泊まりたい人気のお部屋がこちら!広さ 47.3平米の和洋室デラックスタイプ露天風呂(沸かし湯)付き(1泊2食付き21,060円〜税抜き)です。気になるお部屋の様子は、動画でご覧ください。最後にはちょっとしたサプライズが…。

コンセプトが違う2つのお風呂を楽しもう

コンセプトが違う2つのお風呂を楽しもう

写真:安藤 美紀

地図を見る

「はなをり」には、テイストとコンセプトが違う2つの大浴場があります。1つが芦ノ湖が見える露天風呂で、もう1つが四季折々のお庭を眺められる露天風呂。いずれも元箱根温泉(姥子山越旭温泉)が使われています。また、それぞれの内湯には「温泉」「シルキー湯」「季節の変わり湯」があり、お湯そのものを楽しむことができます。

泉質は、カルシウム・マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉。美肌の湯といわれるメタイケイ酸を224ミリグラムも含んでおり、まさに女子に嬉しい美人の湯。硫酸イオンの数値が高い温泉なので、切り傷やヤケドの治療にも期待できますよ。

※それぞれ朝と夜で男女の大浴場が入れ替わります。

コンセプトが違う2つのお風呂を楽しもう

提供元:オリックス株式会社

https://hanaori.jp/ashinoko/地図を見る

露天風呂は開放感があり、日々の疲れをとことん癒やしてくれるとっておきの場所。枕木に頭をのせて寝転べば、柔らかいお湯が全身を包んでくれます。そのまま心地よい温もりを感じながら、頭を空っぽにしてみましょう。心身ともにキレイになれそうな、至福のひとときが待っています。特に、優しい光に照らされる夕暮れ時はオススメ。いつもより時間がゆっくり流れているように感じられます。

コンセプトが違う2つのお風呂を楽しもう

写真:安藤 美紀

地図を見る

さらに、脱衣所にはダイソンの新型マイナスイオンドライヤーとパナソニックのスチーマーを備え付けたパウダーコーナーが!温泉で疲れを癒しながら、無料で美を磨けるなんて嬉しい限り。

今までにない新しい箱根滞在を

「はなをり」は芦ノ湖の東側に位置し、箱根ロープウェイ、海賊船、バスターミナル「桃源台」からそれぞれ徒歩約2分という好立地。駐車場は100台強停められますので、マイカーの方も安心です。公共交通機関を利用する方は、無料の送迎バスを利用するといいでしょう。送迎バスは、小田原駅から1日3往復出ています。

山・湖・温泉…美しい風景3要素をすべて兼ね備えた街、箱根。だからこそ、こだわりたいのは日常を忘れさせてくれるような美しい眺望ですよね。「はなをり」なら、非日常感溢れる眺望、食事、温泉、すべてにおいて大満足させてくれますよ!

箱根女子旅を計画中の方は、最有力候補に入れてみてはいかがでしょうか。

<はなをり 詳細情報>
■住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根桃源台160
■電話:0460-83-8739
■アクセス:箱根湯本駅から箱根登山バスに乗り桃源台駅で下車(約40分)。そこから歩いてすぐ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ