街歩きのお供に!コロンビア「カルタヘナ」でこれを食べよう

| コロンビア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

街歩きのお供に!コロンビア「カルタヘナ」でこれを食べよう

街歩きのお供に!コロンビア「カルタヘナ」でこれを食べよう

更新日:2017/08/03 14:06

wanderlust tomokoのプロフィール写真 wanderlust tomoko シヴァナンダ ヨガのインストラクター

昼も夜もとにかく美しい世界遺産の街が、コロンビアの「カルタヘナ デ インディアス (以下、カルタヘナ)」。カリブ海に面し年間通して温暖な気候なため、人々はとにかく陽気なのです。

この街での楽しみのひとつが、城壁に囲まれコロニアル様式の建造物があふれる旧市街の散策。街歩きのお供に試して欲しいストリートフードから絶品ピザまで、カルタヘナの厳選食べ物・レストランをご紹介します!

街歩きの楽しみのひとつ!ストリートフードに注目

街歩きの楽しみのひとつ!ストリートフードに注目

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

保存状態のよい城壁や美しい街並みを歩きながら、屋台をちらほら見かけると、何を売っているのか気になるはずです。

コロンビアはフルーツ王国、特にカルタヘナでは南国で見かけるフルーツが豊富。マンゴーや巨大スイカをその場でカットして、売っている屋台もあります。珍しいのは、熟していない青いマンゴー。甘みがたっぷりの熟したマンゴーは言うまでもなくジューシーで美味しいのですが、熟していない緑色のマンゴーを、塩とレモンで食べてみてください。この食べ方にはまってしまう人が続出です。暑い時期には水分補給にもなり、疲労回復にもってこい。

その場で好みのフルーツを選んで、搾りたてのフルーツ100%ジュースを売るところもあります。お好みでミルクを加えたり、数種類のフルーツをミックスすることも可能。何も言わないと砂糖をたっぷりと入れられてしまいます。なので、フルーツそのままの味を楽しみたいときは、砂糖を少し「ウン ポキート デ アスーカル (un poquito de azucar) 」、もしくは砂糖なし「スィン アスーカル (sin azucar)」とオーダーしてくださいね。

コロンビアの代表的B級グルメ!パタコンにアレパ

コロンビアの代表的B級グルメ!パタコンにアレパ

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

南米の他の場所でも見かけることもあるパタコンとアレパ。

パタコンとは、食用のバナナを揚げ、潰して、さらにまた揚げるという2度揚げされたもの。揚げたてはサクサク、中はホクホクとしていて油が気になりつつも、やみつきになります。パタコンそれだけでも美味しいのですが、トッピングにチーズが売っていたら一緒に試してみてください。

また「パタコン コン トード (Patacon con todo)」は、揚げたバナナに肉、野菜、フライドポテトをカットしたスナックなどをトッピングしたり、写真のように挟んで食べる、バナナ版サンドイッチです。

コロンビアの代表的B級グルメ!パタコンにアレパ

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

トウモロコシのパン、アレパもチーズを挟んで食べるのがオススメ。油で焼いたり、炭火で調理する方法があります。

柔らかくふわっとした食感のアレパにチーズが程よく溶け、手軽ではまってしまう一品。卵入りの「アレパ コン ウエボ」はフライで食べるのが定番。炭火で調理されたアレパがオススメですが、食べ比べてお気に入りを探してみてくださいね。
他にもエンパナーダスや、「パパ・コン・ウエボ」と言って卵入りの揚げたジャガイモも人気。

また、エビや貝などのシーフードに、玉ねぎとマヨネーズなどのソースを混ぜたセビーチェがカップに入って売られています。ワンカップなので食べやすく、いろいろなものを少しずつ試したい好きにはもってこいのサイズです。

コロンビアが誇る作家、ガルシア=マルケスも訪れた!下町にある絶品ピザ

コロンビアが誇る作家、ガルシア=マルケスも訪れた!下町にある絶品ピザ

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

街で一番のピザを味わえるのが、カルタヘナの下町感あふれるエリア「ヘッツェマニ」にあるイタリア料理「Di Silvio」。手頃な値段で美味しいピザやパスタを提供しています。

中庭付きの大きな一軒家風の建物は、内装もオシャレで開放的な空間。ピザもパスタもハズレなしのメニューばかり。ピザは、パリパリの薄皮生地なので一人で1枚ペロリと食べることができてしまいます。

ノーベル文学賞受賞でコロンビアが誇る作家、ガルシア=マルケスもここのファンの一人でした。

コロンビアが誇る作家、ガルシア=マルケスも訪れた!下町にある絶品ピザ

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

レストランがある通りは、壁画が充実していてちょっとしたアートも楽しめます。そして、何よりもこのヘッツェマニのナイトライフが、カルタヘナに住む人々を知る絶好の場。レストランすぐ近くの、トリニダード広場は昼は閑散としているのですが、夜になるとどこからともなく人々が集まって週末には大混雑!

食べ物を売る屋台が現れ、ビール片手におしゃべりする人や音楽を演奏する人も。ほとんどが地元の人かここに住む外国人で、旅行者はわずか。ここに集まってくる人は気さくな人が多く、すぐにおしゃべりが始まります。

色鮮やかなアイスキャンディー!暑い日にはやめられない、とまらない

色鮮やかなアイスキャンディー!暑い日にはやめられない、とまらない

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

常に約30種類ものアイスキャンディーを取り揃えているのが、セントロにある「ラ パレテリア (la paletteria)」。ショーケースに並ぶカラフルなアイスキャンディーを見ると、女性なら心踊ること間違いありません。微妙な色の違いで味が変わるのです。

フルーツベースのコロンビアならではものから、ヨーグルト入り、定番のピスタチオなど。これだけあると、違う味を試してみたくなり滞在中にリピート確定な場所で、やめられない、とまらない1本です!日によって味が変わることもあるので気になったら即お買い上げが原則。

街にあるジェラート屋も日本では馴染みの薄い、パッションフルーツや熟していないマンゴー、ココナッツなど種類が充実しています。気になったらまずは試してみてくださいね!

美味しく間違いない!定番のチェーン店も

美味しく間違いない!定番のチェーン店も

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

コロンビアと海外にも展開するレストラン「クレープ アンド ワッフル」。食事系クレープと甘いクレープに加え、ワッフル、スープにおつまみまで揃っています。とにかくメニューが豊富すぎて選ぶのに迷ってしまいます。

ピタパンに具がたっぷり乗った一皿はボリューミーで大満足な一品。お店の人の一押しは、リコッタチーズが入りクレープにフルーツソースがかかったもの。
南米の味を求めている人には、コロンビアらしい甘すぎるアレキペ入りクレープにチャレンジしてみてください。アレキペとは、濃厚なキャラメルソースのようなもの。同じ南米でもアルゼンチンではドゥルセ デ レッチェとして知られています。

美味しいコーヒーは、「Juan valdez cafe」で。道でコーヒーを売っていますが、お約束の砂糖入り。コーヒーにぴったりのスイーツもあるので、朝から夜まで利用範囲が広いカフェです。

まだまだあるストリートフード、お気に入りを探してみて!

屋台で売られているものは千差万別。気になったら訪ねてみて、試してみるのが一番ですよね?失敗したかもと思うこともありますが、それも旅ならではの思い出。
また、蒸し暑さが気になる時期もあり、そんな時はレストランやカフェで休憩したり、ココナッツ ジュースで水分補給を。

「カルタヘナ」は絵になる風景がたくさんあり、特に城壁と旧市街・新市街の組み合わせがここならでは。「カルタヘナ」の街に関しては、関連メモから別記事をご参考にしてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/02/12−2013/05/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ