特別豪雪地帯の秘湯・信州小谷村のモダンな宿「雨飾荘」

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

特別豪雪地帯の秘湯・信州小谷村のモダンな宿「雨飾荘」

特別豪雪地帯の秘湯・信州小谷村のモダンな宿「雨飾荘」

更新日:2017/08/05 11:02

U KOARAのプロフィール写真 U KOARA ぬい撮りトラベラー

特別豪雪地帯である長野県小谷(おたり)村。百名山・雨飾山の麓、標高900mの大自然の中にひっそりと建つ一軒宿「雨飾荘」。夏は涼しく、一足早く訪れる秋には紅葉を楽しむことができます。そして国立公園内にありながら野趣溢れる秘湯に入れるのが最大の魅力。山深い宿でのおもてなしと静寂をお楽しみください。

山奥のモダンなお宿「雨飾荘」

山奥のモダンなお宿「雨飾荘」

写真:U KOARA

地図を見る

百名山・雨飾山の麓にある雨飾荘。ここは長野県妙高戸隠連山国立公園内にあり、冬は特別豪雪地帯になります。標高900mというと都心と比べると5度ほど涼しく夏はすごしやすい場所。そして、こんな山深い宿でもおもてなしは一流。ここでは源泉かけ流しの秘湯と地元の里山料理、そして静かな時間を過ごすことができます。

山奥のモダンなお宿「雨飾荘」

写真:U KOARA

地図を見る

山奥なのにこんなにモダンなの?と驚いてしまう館内。ロビーでは朝は雨飾山の湧水でいれたコーヒー、夕方までは雨飾山の湧水と信州牛乳のサービスがあります。ちょっとしたおもてなしが嬉しい。

また、ここは標高900mの山奥、スマホの電波がありません。Wi-Fiはロビーのみ利用できますがたまにはスマホを見ない時間を過ごすのもいいでしょう。

山奥のモダンなお宿「雨飾荘」

写真:U KOARA

地図を見る

北アルプスを臨む和モダンの客室

北アルプスを臨む和モダンの客室

写真:U KOARA

地図を見る

雨飾荘の客室は13部屋。こちらはベッド付の和室です。アメニティはバスタオル・ハブラシ・浴衣・はんてん・足袋が用意されています。電源も多め。冷蔵庫には雨飾山のおいしい湧水が冷えています。

客室からは遠くに北アルプスを臨むことができます。右から、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳。ベッドに腰掛けながら優雅に北アルプスを眺めるなんてなかなかできないですよ。

北アルプスを臨む和モダンの客室

写真:U KOARA

地図を見る

森の中の秘湯で贅沢な時間を

森の中の秘湯で贅沢な時間を

写真:U KOARA

地図を見る

雨飾荘の目玉といっても良いのが宿から徒歩3分ほどのブナの森の中に突然現れる露天風呂。開放的過ぎてびっくりします。ナトリウム炭酸水素塩泉の熱めのお湯で宿泊客以外でも寸志で入ることができます。登山の後の露天風呂なんて最高ですね。
こちらは21時消灯。それ以降はランタンを借りて入浴することができますが動物が出ることもあるそうなのでなるべく1人では行かないように。

森の中の秘湯で贅沢な時間を

写真:U KOARA

地図を見る

宿の温泉も贅沢な源泉掛け流し。内湯は温度が高いため雨飾山の湧水で加水しています。内湯を通ってドアを開けて露天風呂に入る作りも珍しく、山の香りと自然の音を楽しめる気持ちよい露天風呂で心も体もリラックスできますよ。こちらも日帰り入浴可能です。

信州の里山料理フルコース

信州の里山料理フルコース

写真:U KOARA

地図を見る

夕食は地元の食材をふんだんに使ったご馳走が並びます。山菜、自分で生わさびをおろしながらいただくイワナの姿造り。信濃ユキマス、A5ランクのとろけるような信州プレミアム牛、そして手打ち蕎麦。信州ってこんなに食が豊かなんだ、と驚いてしまうでしょう。

アルコールは雨飾山オリジナル黒ビールや日本酒、ワインなどが揃っています。

信州の里山料理フルコース

写真:U KOARA

地図を見る

おもてなしを感じるのは朝食の時間も。羽釜で炊いたごはんはふっくらと美味しい。小谷村は新潟県にも近いのでメインのおかずは日本海直送の魚の一夜干し。そして蕎麦湯で炊く湯豆腐も絶品です。

信州の里山料理フルコース

写真:U KOARA

地図を見る

10分のプチトレッキングで展望台へ

10分のプチトレッキングで展望台へ

写真:U KOARA

地図を見る

宿のすぐ横からは約10分弱で展望台に出られるプチトレッキングコースがあります。のんびり深呼吸をしながら山道を歩いていくと目の前に雄大な景色が広がります。朝の散歩コースにちょうど良いですよ。

栂池自然公園入り口へ30分

雨飾荘周辺はお気軽に楽しめるトレッキングスポットが沢山あります。車で10分の場所には美しい鎌池があり、遊歩道を1周約1時間で歩くことができます。また、車を30分ほど走らせれば栂池高原の入り口、ゴンドラリフト乗り場に着きます。
山奥のおもてなしの宿で小谷村の大自然を楽しんではいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/06−2017/07/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ