カップルで行きたい!大阪・本町「セントレジスホテル大阪」でラグジュアリーなひととき

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

カップルで行きたい!大阪・本町「セントレジスホテル大阪」でラグジュアリーなひととき

カップルで行きたい!大阪・本町「セントレジスホテル大阪」でラグジュアリーなひととき

更新日:2017/08/10 09:47

さとう ゆうこのプロフィール写真 さとう ゆうこ フリーライター

セント レジス ホテル 大阪があるのは、本町駅の真上。大阪の梅田と心斎橋の中心に位置しており、キタとミナミへ地下鉄で5分〜10分とショッピングや観光にも便利なんです。またビジネス街の御堂筋沿いにあるため、夜は静かに過ごせるエリアです。
そんな本町にあるセント レジス ホテル 大阪は、カップルで泊まってみたいラグジュアリーな施設やサービスがたくさん!カップルでプチ贅沢するには、おすすめのホテルです。

大阪のビジネス街に佇むラグジュアリーホテル!甘い香りに包まれて…

大阪のビジネス街に佇むラグジュアリーホテル!甘い香りに包まれて…

写真:さとう ゆうこ

地図を見る

大阪・本町のビジネス街に建つひときわ堂々とした佇まいのホテル「セントレジスホテル大阪」。一歩足を踏み入れると、独特の甘い香りに包まれます。これはセントレジスの「キャロラインズ・フォーハンドレッド」と呼ばれるオリジナルの香り。バラ、ユリ、すみれなどのお花を使ったブーケをイメージした、優雅で華やかな香りに、女子はうっとりしちゃうかもしれませんね。

ホテルの部屋からは大阪の街を一望

ホテルの部屋からは大阪の街を一望

写真:さとう ゆうこ

地図を見る

チェックインして部屋につくと、バトラーがリクエストに応じてウェルカムドリンクを持ってきてくれます。コーヒーや紅茶など、好みに合わせたドリンクが!部屋の窓から一望できる大阪の景色を見ながらホッと一息つけますね。夜はキレイな夜景も堪能。ビジネス街だから夜は意外と静かなので、ゆっくり過ごしたいカップル旅にはぴったりです。

非日常な日本庭園でお散歩&ディナーはイタリアンで決まり!

非日常な日本庭園でお散歩&ディナーはイタリアンで決まり!

写真:さとう ゆうこ

地図を見る

12階のエントランスからは、日本庭園風の中庭に出ることができます。ホテルとは思えない非日常空間で、お散歩するのもアリ。9月30日まで、夏の間はここでシャンパン&ビアガーデンも開催されています。プチ贅沢なビアガーデンはドリンクだけでもOK!

ディナーには、イタリア料理「ラ ベデュータ」で彼女も大満足の食事に。北イタリア出身のシェフが作る、本場の味を堪能!地元の旬食材をふんだんに使った料理が、アラカルトから豪華なフルコースまで楽しめます。

ホテルのバーではオリジナルカクテルも楽しめる!

ホテルのバーではオリジナルカクテルも楽しめる!

写真:さとう ゆうこ

地図を見る

ホテル12階のセントレジスバーは、ちょっとオトナな雰囲気。いつもと違った落ち着いたバーで、素敵なカクテルを楽しんでみてはいかがでしょうか。セントレジスニューヨークで誕生したブラッディマリーをはじめ、大阪オリジナルカクテルのショーグンマリーもおすすめ!

チェックアウトはゆっくり12時が嬉しい

チェックアウトはゆっくり12時が嬉しい

提供元:セント レジス ホテル 大阪

http://www.stregisosaka.co.jp/地図を見る

チェックアウトの時間は12時だから、朝もゆっくりできるんです。ホテルのブッフェスタイルの朝食はサラダやフルーツ、焼きたてパン、その場で作ってくれる卵料理に和食まで!朝ごはんをルームサービスを頼むのも◎。朝食の後でのんびり荷造りもOK。バトラーが荷造りのお手伝いまでしてくれちゃいます。

また、セントレジスではウェディングフェアなども開催しているので、帰りにチェックしてみるのもアリかも?!

カップルにおすすめ!ラグジュアリーなホテルステイ

ショッピングにも大阪観光にも便利な本町という好立地にある、ラグジュアリーなホテル。施設やサービス以外にも、バトラーさんたちホテルスタッフの最高級のおもてなしを感じることができます。カップルにぴったりな旅ホテルステイを楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ