サンフランシスコ名所「Pier39」を遊び尽くす!

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

サンフランシスコ名所「Pier39」を遊び尽くす!

サンフランシスコ名所「Pier39」を遊び尽くす!

更新日:2017/10/18 16:32

COCOMI Cのプロフィール写真 COCOMI C ディスティネーションPR会社社長

サンフランシスコで有名なベイエリアと言ったら「フィッシャーマンズ・ワーフ(Fisherman’s Wharf)」。その中でもサンフランシスコ観光をギュッと濃縮して楽しみたい方にお薦めなのが「Pier39」です。水族館、メリーゴーランド、ゲーム、ショッピング、グルメにクルーズとなんでも揃っているので、一つの場所で観光が完結!サンフランシスコ初心者の方は勿論、リピーターの方も大満足間違いなしです。

まずウェルカム・センターへ直行!Pier39のクーポン&サンフランシスコ観光情報をゲット

まずウェルカム・センターへ直行!Pier39のクーポン&サンフランシスコ観光情報をゲット

写真:COCOMI C

地図を見る

「Pier39」はサンフランシスコ最大の観光エリア「フィッシャーマンズ・ワーフ(Fisherman’s Wharf)」にあります。
シーフードレストランやカフェ、スイーツなど30店舗以上が軒を連ね、しっかり食べたい人も小腹が空いた人も、スイーツの食べ歩きがしたい人にもおススメです。なんと言ってもインスタ映えしそうなダイナミックなシーフード料理、かわいいアイスクリームやチョコレートなどワクワクするようなお店が沢山あります。

また、お土産屋さんやお洒落な雑貨、ジュエリー、手品用品、カレッジチームのユニフォームを扱う店などあります。

その他、水族館、7D体験が出来るアトラクション、クルーズ、クジラツアー、自転車レンタルなどが楽しめます。

まずウェルカム・センターへ直行!Pier39のクーポン&サンフランシスコ観光情報をゲット

写真:COCOMI C

地図を見る

まずゲットしたいのが「SAVINGS FUN PACK」というクーポンブックです。これはPier39のショップ、レストラン、アトラクションや駐車代金1時間無料など、とてもお得にPier39が楽しめるもの。2階にあるカルフォルニア・ウェルカム・センターに、ウェブサイトにあるクーポンコードをみせると頂けます。
期限は2017年12月31日となっております。

まずウェルカム・センターへ直行!Pier39のクーポン&サンフランシスコ観光情報をゲット

写真:COCOMI C

地図を見る

Pier39のクーポンブックをゲットできるカリフォルニア・ウェルカム・センターはPier39の2階にあります。
こちらは旅を楽しくするための情報の宝庫で、それぞれの旅の希望を丁寧にサポートしてくれる、旅のコンシェルジュが常駐しています。知識が豊富な旅のエキスパートならではの耳より情報も聞けるので、旅の初めに立ち寄るのがお薦めです。

Pier39一押し!魚を身近に感じられる水族館「Aquarium of the Bay」とは?

Pier39一押し!魚を身近に感じられる水族館「Aquarium of the Bay」とは?

写真:COCOMI C

地図を見る

Pier39で一押しのレジャースポット「Aquarium of the Bay」。
この水族館では3つの水槽展示エリアを設け、この地域に生息する20000種類以上の海洋動物を紹介しています。
 
一つ目はディスカバー・ザ・ベイ(Discover the Bay)。
サンフランシスコ湾の最も彩り豊かな海洋動物、稚魚などを見ることできます。なかでも、円形の水槽の中をセグロイワシの大群がライトで照らされキラキラと鱗を反射させ泳ぐ姿は圧巻です。

Pier39一押し!魚を身近に感じられる水族館「Aquarium of the Bay」とは?

写真:COCOMI C

地図を見る

二つ目はアンダー・ザ・ベイ(Under the Bay)。
水族館の一番の見どころともいえる「水中トンネル」があるエリアです、ドーム状のトンネルを見上げると全長約2.5メートルの鮫、エイ・マンタ、タコ、岩礁魚などを見ることができます。
また、ミズクラゲや鉢クラゲなどの美しいクラゲたちがライトアップされている水槽はとても幻想的です。

Pier39一押し!魚を身近に感じられる水族館「Aquarium of the Bay」とは?

写真:COCOMI C

地図を見る

三つ目はタッチ・ザ・ベイ(Touch the Bay)。
ヒトデを触れる水族館は数多いですが、こちらはちょっと変わったイタチザメ、エイ・マンタ、ナヌカザメ、ガンギエイを実際に手で触れることができます。また気候変動のメッセージをシェアするため、太平洋アマガエル、カリフォルニア・キングヘビ、ブチイシガメなどの陸生動物もベイ・ラボで見ることができます。

必見!ベイエリアのアイドル「アシカ」、ゴールデンゲートブリッチ&アルカトラズ島

必見!ベイエリアのアイドル「アシカ」、ゴールデンゲートブリッチ&アルカトラズ島

写真:COCOMI C

地図を見る

Pier39に行ったら絶対外せない必見ポイントがあります。その一つが、愛らしい「アシカ」の群れです。

Pier39のウエストマリーナのアシカ達は、ロマ・プリータ地震の後、1990年1月に大挙してこのマリーナにやってきました。最初は10〜50頭ほどでしたが、ニシンなどの餌やドックスペースを確保して保護した結果、今では900頭にも増加しました。

必見!ベイエリアのアイドル「アシカ」、ゴールデンゲートブリッチ&アルカトラズ島

写真:COCOMI C

地図を見る

Pier39でおススメのクルーズが「ベイクルーズアドベンチャー」です。
60分間のコースで、海上からしか眺められない必見ポイントが沢山です。その中でも人気なのが、誰もが知っているサンフランシスコの名所「ゴールデンゲートブリッジ」を海上から見れることです。フェリーが橋に近づくに従って、その迫力ある存在感に圧倒されます。まじかに迫った橋を見上げる景色はまさに船の上からしか味わえません。

必見!ベイエリアのアイドル「アシカ」、ゴールデンゲートブリッチ&アルカトラズ島

写真:COCOMI C

地図を見る

こちも必見、絶対逃げ出すことのできないと言われた、世界一有名な刑務所がある「アルカトラズ島」です。サンフランシスコ市内から2.4kmの小島で、アメリカで最悪のマフィア、アル・カポネも収容されていました。

脱獄不可能アルカトラズ刑務所を舞台とした映画『アルカトラズからオからの脱出』は、フランク・モリスの実話をもとに製作されました。

現在はゴールデンゲート国立レクリエーション地域の歴史地区となっており、上陸して刑務所内を見るツアーは大人気です。

Pier39でアトラクション、ショッピング、お食事を満喫!

Pier39でアトラクション、ショッピング、お食事を満喫!

写真:COCOMI C

地図を見る

Pier39には誰もが一回は乗った事のある懐かしい乗り物「メリーゴーランド」があります。「メリーゴーランド」からは遠くに海も見え、遊園地では味わえない景色が広がります。

ノスタルジックな乗り物があるかと思えば、先端技術を駆使した7D体験も出来るというところが、Pier39が老若男女問わず愛される理由の一つです。

「ダークライド」というアトラクションは、最新レーザーテクノロジーを備えたデジタルシアターで、未来型のシューティングげムが楽しめます。最後に自分の姿とスコアが、大きなスクリーンに順位と共に表示されるのも面白いです。シューティングで夢中になっている自分の姿が、出口で写真として販売されています。

Pier39でアトラクション、ショッピング、お食事を満喫!

写真:COCOMI C

地図を見る

Pier39には50店舗を越える、個性豊かな専門店が軒を連ねています。2階建てのショッピングエリアには、お土産屋さんが沢山あるので、カリフォルニア土産を探すのにはピッタリです。

上記の「MFL/COLLEGE SHOP」という店は、プロの野球、バスケット、アメリカンフットボールなどのユニフォームやグッズが一同に揃うのでスポーツ好きにはたまらないお店として大人気です。また、カレッジチームのグッズの品揃えもサンフランシスコ市内でも最大規模です。

この他、左利き専門店、アルカトラズ島専門の本屋、手品グッズ専門店、キーチェイン専門店などなど、ちょっと変わった専門店が沢山あります。

Pier39でアトラクション、ショッピング、お食事を満喫!

写真:COCOMI C

地図を見る

サンフランシスコの名物料理と言ったら「クラムチャウダーinブレッドボール」。そのなかでも老舗パン屋「BOUDIN」は一度は試してみる価値ありです。

あつあつのクラムチャウダーがサワーブレットの中に入っていおり、スープを飲みながらブレッドを頂くのですが、このサワーブレッドがクラムチャウダーのまろやかさのアクセントになり、病みつきになるひと続出とか。

この他Pier39には、もちろん新鮮なシーフードが自慢のレストラン、ピザ、寿司、メキシカンまでいろいろなジャンルのお店が出店しています。また、インスタ映えするアイスクリーム屋ドーナツ屋などのスイーツショップも充実しており、買い物しながら食べ歩きするのもおススメです。

サンフランシスコ「Pier39」の魅力

短い時間でサンフランシスコを満喫したいなら、絶対おススメなのが「Pier39」です。ここにはお土産屋さん、名物料理、水族館にアトラクション、そしてクルーズまで、サンフランシスコの魅力がギュッと詰まっているからです。大人から子供まで、きっと満足すること間違いなしです。

<基本情報>
住所:Beach St & The Embarcadero, San Francisco, CA 94133

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -