連泊してリピートしたくなる朝食!!品川「東京マリオットホテル」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

連泊してリピートしたくなる朝食!!品川「東京マリオットホテル」

連泊してリピートしたくなる朝食!!品川「東京マリオットホテル」

更新日:2017/08/22 10:26

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

「東京マリオットホテル」の朝食は何度も通いたくなるほど魅力的。その理由は、欧米からの滞在者も多く、2泊以上連泊するゲストが毎朝食べても飽きない魅力にあふれているから。都心にありながら雑踏から遠い「東京マリオットホテル」。1日のはじまりを豊かにしてくれる記憶に残るホテル朝食をいただきませんか。

明るい日差しが差し込む「ラウンジ&ダイニングG」

明るい日差しが差し込む「ラウンジ&ダイニングG」

提供元:東京マリオットホテル

http://www.tokyo-marriott.com/

東京マリオットホテルは、品川駅から無料送迎バスで約5分。都心にありながら雑踏から遠く、隣接する御殿山庭園の緑に包まれた場所にあります。そのため、穏やかな休日を過ごす方にも、ビジネスの滞在先として過ごす方にも最適の環境と言えます。

ホテルに到着すると、明るい光が差し込む吹き抜け17mのロビーアトリウムが旅の疲れを和らげてくれます。朝食は、この開放的なロビーアトリウムの真ん中に位置する「ラウンジ&ダイニングG」で用意されます。1日のはじまりとなる朝時間を光と緑のシャワーをたっぷり浴びながら優雅に過ごすことができます。

明るい日差しが差し込む「ラウンジ&ダイニングG」

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

アラカルトメニューもありますが、おすすめは朝食ブッフェ。温かい料理、サラダなどの冷たい料理、ジュース、パンなどお料理ごとに、ブッフェ台が分かれているので、お目当てのお料理をスムーズにお皿にのせることができます。

目の前でシェフが焼いてくれる卵料理や温かいものが並ぶホットステーションは、食欲を刺激するいい香りが立ち上ります。ライブ感溢れるキッチンから出来立てをテーブルまで届けてくれるサービスはうれしい。卵料理は、オムレツ、ホワイトオムレツ、スクランブルエッグ、エッグベネディクト、目玉焼きと迷ってしまうほどの充実ぶり。

あなた好みの朝食でおいしい朝時間を過ごしましょ

あなた好みの朝食でおいしい朝時間を過ごしましょ

提供元:東京マリオットホテル

http://www.tokyo-marriott.com/

朝食ブッフェでは、卵料理だけでなくワッフルやパンケーキ、フレンチトーストも出来立てを提供しています。表面がサクサク、中がもっちりふわふわのパティシエオリジナルレシピで焼きあげたワッフルが美味しい。メープルシロップを添えた優しい甘さのスイーツは、朝時間を幸せにしてくれます。

あなた好みの朝食でおいしい朝時間を過ごしましょ

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

おいしい料理を引き立てるパンは、毎朝ホテルのオーブンで焼いています。バケット、カンパーニュ、食パン、クロワッサン、マフィン、デニッシュと15種類以上。

フランス産小麦を100%使用した本物志向のバケット。黒ビールの種でおこし、18時間も発酵させた風味豊かなカンパーニュなど、こだわりのパンが並びます。季節のフルーツがのったデニッシュは、お料理の引き立て役ではなく、主役級の美味しさです。クロワッサンやマフィンなどは少し小ぶりにできているので、気になるものをいくつかいただけるのもうれしい。

あなた好みの朝食でおいしい朝時間を過ごしましょ

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ライブ感溢れるキッチンで出来立てを提供しているのは温かいお料理だけではありません。ジュース&エスプレッソバーでは、その場でミキサーしたビタミンたっぷりのスムージーをいただくことができます。「あー、身体が目覚めた!!」と感じられるフレッシュ感がたまりません。

中でも柑橘系のジュースは、つぶつぶまでしっかり。濃厚なのにさっぱりした口あたりはくせになります。

平均38平米のゆとりの客室で気持ちのいい朝を

平均38平米のゆとりの客室で気持ちのいい朝を

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

東京マリオットホテルの客室数は、用途に合わせて選べる全249室。平均38平米、一番小さな客室でも30平米と、どの客室もゆとりの広さが備わっています。紫のさし色がスタイリッシュな洗練された空間です。

ベッドは1世紀以上の歴史を持つ米国の老舗メーカ・シモンズ社製。寝心地に定評のあるシモンズ社製のマットレスですが、実は色々種類があるんです。東京マリオットホテルでは、包み込むような安定感の7.5インチポケットコイルベッドを採用しています。ゆとりの空間でぐっすりお休みいただけます。

平均38平米のゆとりの客室で気持ちのいい朝を

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

広々としたバスルームも旅の疲れを癒すのに最適。バスタイムを重視する日本人にうれしいポイントです。洗面台の真っ白なボックスを開けると、タイのスキンケアブランド「THANN」のアメニティーが。いい香りがバスルームに広がります。

東京マリオットホテルでは、香りがよく、マイルドな泡立ちのTHANN Aromatic Wood Collectionのラインとなります。使用時は柑橘系のさっぱりした香りですが、お風呂上りには甘くウッディーなグラマラスな香りに変化します。男女問わず愛されるセンスのいい上品な香りに包まれるひとときは、ヒーリング効果抜群です。ゆとりの空間、癒しの香りと気持ちのいい朝を迎える条件がそろっています。

平均38平米のゆとりの客室で気持ちのいい朝を

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

東京マリオットホテルは、アメニティーの充実や客室のゆとりだけでなく快適なホテルライフを過ごせるホスピタリティーマインドも高い。ホテルマンの付かず、離れすぎずのサービスが心地よい。

ゲストのことを考えていると思うサービスのひとつが、「アット・ユア・サービス」。ゲストの様々な要望を1ケ所で承り、シンプルに叶えるために、客室内の電話には、「アット・ユア・サービス」のボタンがあります。ルームサービスから、各種手配やご案内までスムーズに対応してくれます。

高層階エグゼクティブフロア利用者専用ラウンジ

高層階エグゼクティブフロア利用者専用ラウンジ

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

東京マリオットホテルのある御殿山周辺は、由緒あるお屋敷街。品川駅前のように高い建物はほとんどありません。そのため、客室から眺める展望はすばらしい。高層階になるほど開放的な都会の景色を楽しむことができます。展望とワンランク上のサービスを求めるなら、21〜25階のエグゼクティブフロアがおすすめです。

エグゼクティブフロア滞在のゲストは、フロント横のエグゼクティブラウンジを利用できます。チェックインの手続きから、時間に応じた食事やデザート、アルコールのサービスが受けられます。特に17:30〜はじまるイブニングスナックタイムは、人気が高い。アルコールに合うおつまみはもちろんのこと、しっかりとしたお食事になりそうはホットミールや女性にうれしいデザートも充実しています。

※朝食は、記事中でご紹介している「ラウンジ&ダイニングG」でご用意となります。

由緒ある御殿山の緑に包まれた東京マリオットホテル

由緒ある御殿山の緑に包まれた東京マリオットホテル

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ホテルに隣接する御殿山庭園は、北斎や広重の浮世絵の題材にもなった桜の名所。初夏から夏にかけては青もみじ、秋には美しく紅葉した木々を楽しめます。周辺に住む方のお散歩やジョギングコースになっています。さわやかな朝を迎えたら、朝食の前後に周辺をお散歩してみてはいかがでしょうか。

毎日のジョギングを日課にしている方は、御殿山庭園や由緒あるお屋敷街をぐるっと巡ってみるのも面白い。

由緒ある御殿山の緑に包まれた東京マリオットホテル

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

東京マリオットホテルのエントランス前からは、羽田空港や成田空港行きのリムジンバスも発着します。加えて最寄駅の品川駅からは、東海道新幹線も利用できます。陸と空の東京の玄関口から好アクセスな立地はとっても魅力的ですね。

品川駅からは、高輪口の都営バス乗り場6番から無料送迎バスが運行されています。ホテルのロゴが付いた専用バスではなく、都営バスの貸切使用となりますので行き先を確認して乗り込みましょう。品川から歩いても約10分でアクセスできる距離ですが、多少の起伏があるのでバス利用をおすすめします。

気持ちのよい朝時間を過ごせる東京マリオットホテルへ

気持ちのいい朝を迎えられるかどうかは、ホテルの心地よい空気感とクオリティーの高い朝食にあります。朝食は、滞在したホテルで最後に食べるものだから、記憶に残るおいしさと楽しさに溢れているとまた訪れたくなりますね。

東京マリオットホテルは、連泊したい、また泊まりたいと思わせてくれる魅力にあふれています。好アクセスでありながら、緑に包まれる静かな滞在先をお探しならぜひ選んでみてはいかがでしょうか。東京マリオットホテルで特別な朝時間をお迎えください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ