大阪「ヤンマー本社」最上階でお得ランチ!社員食堂は土日だけ一般開放

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

大阪「ヤンマー本社」最上階でお得ランチ!社員食堂は土日だけ一般開放

大阪「ヤンマー本社」最上階でお得ランチ!社員食堂は土日だけ一般開放

更新日:2017/09/21 10:20

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

ぼくの名前はヤン坊、ぼくの名前はマー坊♪どこか懐かしいこのミュージック、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
ヤン坊マー坊天気予報でお馴染み「ヤンマー本社」の社員食堂は、今まで社員しか入れませんでしたが、土日のみ一般開放されるランチレストランとしてオープン!社食とは思えないオシャレ感、美味しすぎるメニュー。しかもフリードリンク付で超お得。数量限定メニューにつき、攻略法もご紹介します。

創業100周年を機に生まれ変わった「ヤンマー本社」

創業100周年を機に生まれ変わった「ヤンマー本社」

写真:安藤 美紀

地図を見る

大阪・阪急「梅田駅」の「茶屋町出口」から徒歩30秒、ユニクロやGUが入っている巨大な12階建てのビルがあります。ここが、2014年末に完成した「ヤンマー」の新本社ビル。

「ヤンマー」といえば、CMでお馴染みのキャラクター「ヤン坊、マーボ坊」を思い浮かべる人も多いと思いますが、2012年に創業100周年を迎えたことで、ロゴやコンセプトを一新!「ヤンマー」の最新技術や新たなチャレンジを凝縮したのが、新本社ビルなのです。

社員食堂の一般開放も新たな取り組みのひとつ。今までは「ヤンマー」社員の胃袋を支えてきた食堂ですが、2017年2月から、土日限定で一般開放されるランチレストラン「Premium Marche OSAKA(プレミアムマルシェ大阪)」としてオープンしました。

創業100周年を機に生まれ変わった「ヤンマー本社」

写真:安藤 美紀

地図を見る

さて、ここからは肝心な「Premium Marche OSAKA」にスムーズに入店する方法をご紹介します。

「Premium Marche OSAKA」へ行くには、まず1Fのエレベーターホールで整理券を受け取る必要があります。ランチの営業時間は、11時〜15時までですが、整理券の配布は10時30頃からスタートします。大体350食程度の整理券が用意されているものの、毎日13時頃までには配り終わってしまいます。ですので、余裕をもって12時までに行くのがオススメ。ディズニーランドのファストパスと同じで「整理券だけは先にとっておくこと」が重要です。

創業100周年を機に生まれ変わった「ヤンマー本社」

写真:安藤 美紀

地図を見る

ちなみに、エレベーターホールは「Premium Marche OSAKA」の待合室にもなります。ここはブラックとウッディな要素で統一され、開放感抜群。フロアの奥には「水が流れ落ちる壁」もあり、驚くほどラグジュアリーです。まるで高級ホテルのラウンジにいるような上質な空間で、自分の順番を待つ…。これだけでも、ワクワクです!

「Premium Marche OSAKA」の利用方法

「Premium Marche OSAKA」の利用方法

写真:安藤 美紀

地図を見る

整理券の番号が呼ばれたら、エレベーターで12階へGO!こちらが「Premium Marche OSAKA」の入口です。

「Premium Marche OSAKA」の利用方法

写真:安藤 美紀

地図を見る

提供されるメニューは全部で3種類。週替りのお肉料理(税込1,000円)、週替りのお魚料理(税込1,000円)、定番メニューのカレー(税込900円)。どれも美味しそうで本気で迷いますが、一番人気はお肉料理だそうですよ!

「Premium Marche OSAKA」の利用方法

写真:安藤 美紀

地図を見る

「Premium Marche OSAKA」は社員食堂なのでセルフサービス。整理券をレジで渡したらお金を払い、配膳コーナーでお料理を受取りましょう。

大阪のど真ん中に養蜂場が!

大阪のど真ん中に養蜂場が!

写真:安藤 美紀

地図を見る

ちょっと不思議な光景ですが、「Premium Marche OSAKA」には養蜂場があるんです。養蜂場は吹き抜けになっていて、その中でミツバチが元気良くブンブン飛び回っています。なんと「ヤンマー本社」から3〜4km先、淀川を越えた大阪城のあたりまでミツバチは飛んでいくとか!どれだけ遠くへ行っても、ちゃんと巣箱まで戻ってくるなんてミツバチって賢い…。しかも、毎週NPO法人 梅田ミツバチプロジェクトの人たちが「ヤンマー本社」に来て、採蜜も行っているそうです。

大阪のど真ん中に養蜂場が!

写真:安藤 美紀

地図を見る

先ほどの蜂蜜は、お店で購入することもできます。大阪のど真ん中でとれた蜂蜜は珍しい逸品。お土産にも喜ばれますよ。

大阪のど真ん中に養蜂場が!

写真:安藤 美紀

地図を見る

「Premium Marche OSAKA」は最上階にあるため、ここからの景色は絶景です。普段目にすることができない、阪急「梅田」駅の屋上も見下ろすことができます。

美味しくてヘルシー!ヤンマーが作る極上のランチ

美味しくてヘルシー!ヤンマーが作る極上のランチ

写真:安藤 美紀

地図を見る

お肉料理とお魚料理は、一汁三菜の考えを取り入れたメニュー構成。旬の野菜がたくさん使われているので、胃もたれ感は一切なし。素材の旨味を引き出す上品な味付けで、どれもレベルが高い!1つ1つの食材が厳選されているので、噛みしめるごとに深い味わいが楽しめます。

「ヤンマー」はトラクターや耕うん機などを手がけ、日本の農業を長らく支えてきた大手メーカー。昔から農業と深く関わってきたことから、お料理に新鮮な減農薬野菜を使ったり、お米も時期によって産地を変えているそうです。

美味しくてヘルシー!ヤンマーが作る極上のランチ

写真:安藤 美紀

地図を見る

定番のカレーには、ヤンマー産の蜂蜜が添えられています。ピリ辛なカレーに蜂蜜をかければ、マイルドなお味に。ボリューム満点のサラダ付きで、こちらもオススメ。

美味しくてヘルシー!ヤンマーが作る極上のランチ

写真:安藤 美紀

地図を見る

さらに驚くのが、全てのランチメニューにフリードリンクが付くこと。ウーロン茶・ジュース・コーヒー・紅茶などが、すべて飲み放題です!時間制限も特にないので、ゆっくりできますよ。

また、別料金にはなりますが、ランチビールや「ヤンマー」の蜂蜜を使った豆乳ベースの野菜ジュースもあります。「ヤンマー」で昼からカンパーイ!なんていうのも粋ですね。

「ヤンマー」とフェラーリの意外な関係!?

「ヤンマー」とフェラーリの意外な関係!?

写真:安藤 美紀

地図を見る

「Premium Marche OSAKA」の特色の一つが、個性的なデザイン!社員食堂の中に養蜂場があることから、半個室のテーブルや天井の照明レールは、蜂の巣型(六角形)の珍しいデザインになっています。SNS映えもバッチリ。

また、コンセントが挿せる席もいくつかありますので、電源スポットとしても役立ってくれそうです。PCやスマホの利用頻度が高いヘビーユーザーにとっても、頼りになる救世主!

「ヤンマー」とフェラーリの意外な関係!?

提供元:ヤンマー株式会社

https://www.yanmar.com/jp/地図を見る

こちらは、「ヤンマー」各フロアを繋ぐ赤色のらせん階段。この階段を手がけたのは、高級イタリア車「エンツォ・フェラーリ」をデザインした奥山清行氏です。エンジンのシリンダーに見立てて作られた美しいらせん形状。真っ赤な色もインパクト大です。どことなくフェラーリ・スピリットを感じられて、カッコイイですよね!一般の人は立入禁止になっていますが、ガラス越しにらせん階段を見ることができますよ。

コスパ最強、絶景も楽しめる「ヤンマー本社」の社員食堂へ

社員食堂というと「可もなく不可もなく」というイメージ。そこそこカロリーなどは計算されているものの、オシャレな要素なんて皆無…という所が多いのではないでしょうか。「Premium Marche OSAKA」はオシャレな上に、味よし、景色良し、コスパ良し、で良いことづくめ。利用方法さえ事前にチェックしておけば、誰でもお得に絶景ランチが楽しめます。大阪でお財布に優しく優雅なランチを食べたいときは、ぜひ「ヤンマー本社」へ!

※なお、「Premium Marche OSAKA(プレミアムマルシェ大阪)」が一般開放されるのは、土日のみ。祝祭日やお盆休み、年末年始などはお休みとなりますので、ご注意ください。


<プレミアムマルシェ大阪 詳細情報>
■住所:大阪府大阪市北区茶屋町1-32 ヤンマー本社ビル12F
■電話:06-7636-9342(予約は出来ません)
■アクセス:阪急 梅田駅の「茶屋町出口」から歩いてすぐ

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ