南アルプス支脈の極上秘湯!山梨県南部町「奥山温泉」

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

南アルプス支脈の極上秘湯!山梨県南部町「奥山温泉」

南アルプス支脈の極上秘湯!山梨県南部町「奥山温泉」

更新日:2017/08/17 09:05

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

山梨県南部町にある「奥山温泉」は、標高1000mクラスの南アルプス山系に囲まれた福士川上流にある温泉施設です。雄大な自然に恵まれていて、新緑や紅葉など四季折々の自然を愛でながら温泉を満喫できます。夏は、エアコンが要らないくらい涼しく、避暑地にも最適! また、露天風呂・ジャグジー・サウナなど温泉設備も充実しており、1日のんび〜り秘湯をたっぷり堪能できる「奥山温泉」をご紹介します。

福士川源流!山奥にあるたった一軒の温泉施設「奥山温泉」

福士川源流!山奥にあるたった一軒の温泉施設「奥山温泉」

写真:sachie

地図を見る

ご紹介する山梨県南部町「奥山温泉」は、国道52号線沿いにある道の駅「とみざわ」から、福士川上流を遡ること約13.2km。まるで施設を取り巻くように、十枚山・篠井山などの1000m級の山々が連なる奥深い森の中にひっそりとあります。

温泉までの公共交通は運行しておらず、交通手段のほとんどは車。自家用車でないと来れない不便な場所にあるため、比較的空いている穴場な温泉です。

蒼き森と清流、自然のざわめきが出迎える癒しの場

蒼き森と清流、自然のざわめきが出迎える癒しの場

写真:sachie

地図を見る

施設は、ログハウス風。館内の床やベンチ、パウダールームに至るまで、間伐材が使用されている木のぬくもりが伝わる優しい造りになっています。

ロビーからは、青々とした美しい木々、川のせせらぎが聞こえ、自然と調和した和みの空間が旅人をもてなしてくれます。ここは、標高597mに位置し、真夏でも涼しいためエアコン要らず。天然の風がクーラー替わりになるので、体への負担が少なく優しいため、夏場は特にお勧めな季節です。

これぞ山奥のマル秘湯!心も体も引き寄せられる、とろ〜り濃密湯

これぞ山奥のマル秘湯!心も体も引き寄せられる、とろ〜り濃密湯

写真:sachie

地図を見る

誰もが目当てにやってくるのが、こちらの温泉。露天風呂の湯口から湧き出る温泉は、鼻を突くような硫黄特有の匂いがする正真正銘の天然温泉。とろ〜っとするような、滑らかな感触の湯で、神経痛・筋肉痛・うちみ・こわばりなどに効能があります。

南アルプス山系のダイナミックな自然に抱かれながら入れるため、温泉効果に加え、リラックス効果も抜群! 夏は、漲るエネルギッシュな青い木々。秋は、紅葉を愛でながら季節の移ろいを体感できるのも、ここならではの楽しみ方の一つです。

露天風呂は、年間を通して40度前後と、温めに設定されているため、ゆったり入って、体の芯から凝りを解せるので大人気な湯です。

『温泉データ』
泉質:アルカリ性単純硫黄温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
源泉温度:44.1度 pH9.7
外来入浴:あり

これぞ山奥のマル秘湯!心も体も引き寄せられる、とろ〜り濃密湯

写真:sachie

地図を見る

大浴場は、露店風呂の他、内風呂・ジャグジー湯・サウナ・水風呂など、多彩な湯を完備した本格的な温泉施設です。内風呂やジャグジー湯にも温泉が使われ、中でもジャグジー湯は、温泉の効能にプラスしてシェイプアップ効果も期待できるので、一石二鳥。また、気泡が背中などのツボを心地よく刺激してくれ、とっても気持ち良いですよ。

メニューは50種以上!甲州定番のB級グルメから地元グルメまで大集合!

メニューは50種以上!甲州定番のB級グルメから地元グルメまで大集合!

写真:sachie

地図を見る

温泉を満喫して、お腹が空いたら、地元のグルメを味わってみませんか? 食事は、フロント近くの無料休憩所で食べることができ、メニューは、ざっと数えても50種類以上と充実しています。

お風呂上がりに欠かせない!冷え冷えの生ビールから、なんぶ茶ラーメン・信玄おやき、地元で仕留めた鹿肉を使った鹿カレー、清流で採れた山女の塩焼きなど、地元の特色や食材を盛り込んだメニューを味わえます。

こちらは、とりもつ・白凰味噌ラーメンです。白凰味噌ラーメンは、近隣の早川町特産の白凰味噌を使った特製ラーメン。コクがあり、さっぱりした奥深いスープに、モヤシやコーンなどの具材と麺が絡み合った絶妙な旨さ。とりもつは、山梨県を代表するグルメ。B級グルメのイベントで顔なじみの保証付きの美味しさなので、訪れたら是非とも、味わっておきたい逸品です。

奥山の湯に惚れ込んだ人に朗報!金・土・日・祝祭日は宿泊が可能

ご紹介した「奥山温泉」は、平日は日帰り温泉施設ですが、金・土・日・祝祭日に限って、宿泊の受け入れをしています。手頃な料金で泊まれて、温泉を存分に楽しみたい方に一押しです。休館日は、毎週火曜日(祝祭日の場合は翌日)・年末年始となります。館内は、禁煙。飲食物の持ち込みは禁止。バスタオル・化粧水などの備え付けはないので、持っていく方が良いでしょう。

「奥山温泉」の日帰り温泉は、時間制ではないので、時間を気にせず1日のんびり寛ぎ三昧できるのも魅力。慌ただしい日常の中で季節の移ろいを見落としがちですが、奥山温泉を訪れて、自然の中に身を置いて温泉に浸かれば、きっと心の余裕も生まれリフレッシュできること間違いなし!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ