奈良・平城京天平祭 夏「天平たなばた祭り」で過ぎ行く夏を感じよう!

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

奈良・平城京天平祭 夏「天平たなばた祭り」で過ぎ行く夏を感じよう!

奈良・平城京天平祭 夏「天平たなばた祭り」で過ぎ行く夏を感じよう!

更新日:2019/08/10 16:56

モノホシ ダンのプロフィール写真 モノホシ ダン 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

奈良・平城宮跡で行われる平城京天平祭は、2010年の平城京遷都1300年記念事業から2011年に平城京天平祭に名称変更されたものです。平城京天平祭は、春・夏・秋と年3回の開催で、夏は「たなばた」をテーマに夜の平城宮跡で「燈火会@朱雀門」や「天平七夕行列」などの灯りと光の幻想空間を楽しめます。また、同時に過ぎ行く夏の終わりを感じさせる「天平たなばた祭り」を訪れてみませんか?

「天平みはらし館」展望デッキから会場を見晴らそう

「天平みはらし館」展望デッキから会場を見晴らそう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

2019年「天平たなばた祭〜平城京天平祭・夏〜」の開催期間は8月23日(金)〜25日(日)です。開催場所は、2018年に新たに開園した「朱雀門ひろば」で実施されます。

朱雀門付近には、明治時代から大正時代にかけて平城宮跡の保存活動に奔走した、植木職人の棚田嘉十郎(たなだかじゅうろう)氏の銅像が建っています。もし、棚田氏の保存活動がなければ、平城宮跡は田畑や住宅地になっていたかも知れないと言われています。

「天平みはらし館」展望デッキから会場を見晴らそう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

朱雀門ひろばでは、「天平みはらし館」の展望デッキから会場を見渡してみましょう。手前に「朱雀門」、そして真北には「第一次大極殿」を望むことができます。

朱雀門の南には平城京の南北のメインストリートである朱雀大路が続いていました。朱雀門の南側には東西に二条大路が走っており、朱雀門前の広場では、外国使節の送迎や、歌垣などのイベントが行なわれていました。

「天平みはらし館」展望デッキから会場を見晴らそう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

朱雀大路には、「光の遣唐使船」が。朱雀門をバックに幻想的な光の海をゆく遣唐使船が来場者をお出迎えしてくれます。

楽しいイベントが目白押し

楽しいイベントが目白押し

写真:モノホシ ダン

地図を見る

イベントでは「キッズアートバッグ」が楽しい。「願い事」をテーマに、ペーパーバッグにイラストを描き、光るアートバッグとして作品展示されるもの。また、地元の小学校の生徒らによる作品展示も実施。

<キッズアートバックの基本情報>
実施場所:朱雀大路
参加費:無料(各日先着100名)
時間:全日程の16:00〜19:00

楽しいイベントが目白押し

写真:モノホシ ダン

地図を見る

ほかにぜひ参加したいイベントが「七夕・願いの大路」。七夕飾りに、平城宮跡で出土した木簡をモチーフにした短冊に願い事を記入して取り付けましょう。

<七夕・願いの大路の基本情報>
実施場所:朱雀大路
参加費:無料
時間:全日程の16:00〜19:00

楽しいイベントが目白押し

写真:モノホシ ダン

地図を見る

星空ファンにおすすめのスペシャルコンテンツでは、「天平星めぐり(星空観賞)」が。2019年の夏は、天の川の位置をはさんで「土星」と「木星」が並びます。天体望遠鏡や正座早見盤を使って、平城宮跡の夜空を楽しんでみましょう。

<天平星めぐりの基本情報>
実施場所:二条大路東
参加費:無料(各回先着80名/当日受付)
時間:全日程の19:00〜、19:40〜、20:20〜

ロウソクの優しい光が美しい「燈花会@朱雀門」

ロウソクの優しい光が美しい「燈花会@朱雀門」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

灯りと光を楽しむ幻想空間では、「ミラーボーラー」が楽しい。2019年は、シルクロードを経て日本に伝来した仏教の教えの根源といわれる「立体曼荼羅」を表現。場所は、朱雀門北側です。点灯時間は日没から21時までです。

ロウソクの優しい光が美しい「燈花会@朱雀門」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

2019年の燈花会は、朱雀門前で盛大に実施されます。ロウソクの優しい光が朱雀門を包み込みます。時間は、ミラーボーラーと同じく日没から21時までです。

なお、朱雀門は平城宮の正門で、約34億円の費用をかけて1998年に復元されました。高さは約22mで夜間は毎日ライトアップされています。

祭りのクライマックス「天平七夕行列」

祭りのクライマックス「天平七夕行列」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

「天平たなばた祭り」のクライマックスと言えるのが「天平七夕行列」です。朱雀大路から朱雀門を時間をかけてゆっくりと進みます。

<天平七夕行列の基本情報>
実施場所:朱雀大路から朱雀門
実施日:8月23日(金) 25日(日)
時間:19:00頃〜19:45頃

祭りのクライマックス「天平七夕行列」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

天平七夕行列は、万葉集に出てくる「天の海」「星の林」のロマンチックな歌の世界観を灯りと光で演出したものです。“彦星”と“織姫”が出会う光景を描いた光の行列が平城宮跡を幻想的に彩ります。

祭りのクライマックス「天平七夕行列」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

天平七夕行列のおすすめの撮影チャンスは、朱雀門前に勢ぞろいした時です。朱雀門前では撮影タイムをとってくれますので、ライトアップされて荘厳な朱雀門や第一次大極殿を背景に写真を撮ってみましょう。

ほかにも、2019年の「天平たなばた祭り」では、いろいろなステージイベントや、「天平かき氷祭り」などのフードイベントも行われます。幻想的な夜の平城宮跡で、過ぎゆく夏を感じながら祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

平城京天平祭 夏「天平たなばた祭り」の基本情報

住所:奈良県奈良市 平城宮跡
電話番号:0742-25-0707
開催日:2019年8月23日(金)、24日(土)、25日(日)
開催時間:16:00〜21:00
アクセス:近鉄「大和西大寺」駅またはJR「奈良」駅から無料シャトルバス運行
シャトルバス運行時間:会場行き 15:00〜20:00(会場発最終21:30)

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -