秀作彫刻の由緒ある秩父神社!秩父の街歩きで病みつき銘菓も

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

秀作彫刻の由緒ある秩父神社!秩父の街歩きで病みつき銘菓も

秀作彫刻の由緒ある秩父神社!秩父の街歩きで病みつき銘菓も

更新日:2017/12/16 14:24

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン

埼玉県秩父市には、かつての知知夫国(ちちぶくに)の総鎮守「秩父神社」があります。荘厳な境内にある本殿には、日光東照宮の「眠り猫」などで有名な「左甚五郎」作の素晴らしい彫刻が残されています。さらに秩父銘菓「ちちぶ餅」は、どこまでもやわらかく伸びる皮と素材の良さを感じさせる餡のベストマッチが大人気!神社参拝と街歩きで楽しむ大人気銘菓の楽しみ!祭礼行事、七五三、年始参りなどに見逃せないスポットです。

知知夫国の総鎮守!秩父神社は関東屈指の古社!日本三大曳山祭も

知知夫国の総鎮守!秩父神社は関東屈指の古社!日本三大曳山祭も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

埼玉県秩父市にある「秩父神社」は、秩父鉄道秩父駅から徒歩3分程度の場所にあり、秩父駅かいわいのシンボル的な存在。武蔵国(むさしのくに)ができる以前からある知知夫国の総鎮守として祀られています。

年間を通して秩父神社は様々な祭礼がおこなわれますが、毎年12月3日に行われる「御神幸祭」は規模が大きく、地域をねり歩く笠鉾(ささほこ)、屋台の曳航をはじめ、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、日本三大曳山祭のひとつに数えられています。

※写真は南門

知知夫国の総鎮守!秩父神社は関東屈指の古社!日本三大曳山祭も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

神門をくぐると秩父神社の核心に入っていきます。唐破風屋根様式の神門の崇高なイメージは、秩父神社の格式を感じさせてくれます。

知知夫国の総鎮守!秩父神社は関東屈指の古社!日本三大曳山祭も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

昭和41年の台風で幹中から折れてしまったとはいえ、それまで樹齢400年と言われた大銀杏はだいぶ復活し、秩父神社の御神木にもなっています。ちょうど七五三の時期には黄色い銀杏の葉で境内を彩ります。

ご本殿には名巧「左甚五郎」作の秀作が6個所も!見る価値あり

ご本殿には名巧「左甚五郎」作の秀作が6個所も!見る価値あり

写真:佐久田 隆司

地図を見る

ご本殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています。

ご本殿には名巧「左甚五郎」作の秀作が6個所も!見る価値あり

写真:佐久田 隆司

地図を見る

本殿正面から参拝した後は、本殿の側面と裏側を眺めれば、日光東照宮に「眠り猫」などを施した「左甚五郎」の彫刻が、つなぎの龍、子育ての虎、北辰の梟、三匹の猿、恵比寿様・大黒様、鯉の滝登りなど6か所にあります。どれもこれも素晴らしい彫刻で、これを眺めにだけ訪れる方も少なくありません。

動画:佐久田 隆司

秩父神社の様子を1分間の動画に収録しました。ぜひご覧ください。

<秩父神社の基本情報>
住所:埼玉県秩父市番場町1-3
電話番号:0494-22-0262
アクセス:秩父鉄道秩父駅徒歩3分
車の場合 関越自動車道花園ICから国道140号線を秩父方面へ

病みつき銘菓「ちちぶ餅」!B級グルメ「みそポテト」も堪能

病みつき銘菓「ちちぶ餅」!B級グルメ「みそポテト」も堪能

写真:佐久田 隆司

地図を見る

秩父の銘菓「ちちぶ餅」は、とにかく、やわらかく素朴な美味しさが魅力です。赤ちゃんのほっぺよりもやわらかい皮に包まれた、つぶし餡の風味と甘さがジャストフィット!病みつきになるのは必至です。やわらかさが数日持続するところも大福とは別物でしょう。

この驚きの美味しさにとりつかれる方が続出!そっけないパーケージですが、店頭に置いてあるだけで、どんどん売れていってしまいます。日持ちは約2日ですが、冷凍すれば長く保存できます。夕方には品切れになる場合が多いので、購入は早めがお勧めです。

病みつき銘菓「ちちぶ餅」!B級グルメ「みそポテト」も堪能

写真:佐久田 隆司

地図を見る

ちちぶ餅を製造している「秩父餅七福本舗 水戸屋本店」は秩父神社のすぐ近くにあります。今屋秩父の銘菓として親しまれているちちぶ餅は、この小さな店舗から始まりました。創業明治8年から120年以上の長きにわたり、純粋な味を守り続けられています。

秩父駅、西武秩父駅などの主要駅でも販売しています。250円(2ヶ入)、380円(3ヶ入)、760円(6ヶ入・箱入)

水戸屋本店の基本情報
住所:秩父市本町1-22
電話番号:0494-22-1237
アクセス:秩父鉄道秩父駅徒歩7分

病みつき銘菓「ちちぶ餅」!B級グルメ「みそポテト」も堪能

写真:佐久田 隆司

地図を見る

秩父のB級グルメ「みそボテト」も見逃せません。秩父のあちこちで「ポテくまくん」のキャラクターとともに1本から販売されていて、茹でたポテトのてんぷらに、甘辛のみそだれがかかった素朴な美味しさ!秩父散策のお供にも最高です。

秩父へはアクセスが良い特急で!都心からの直接乗り入れも

秩父へはアクセスが良い特急で!都心からの直接乗り入れも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

秩父駅までは西武鉄道の特急レッドアロー「ちちぶ」を使うと、池袋駅から4つの駅に停車するだけで西武秩父駅に到着します。広い座席やFREE Wi-Hiを装備するなど快適な旅が可能になるほかに、今年から相互乗り入れした「S-TRAIN」は、渋谷、自由が丘、横浜中華街駅や、有楽町、豊洲などの首都圏からダイレクトに西武秩父駅まで乗り換えなしに快適な旅が楽しめます。

特急券は主要駅もしくはネットから購入可能で、ネットからの予約は好みの座席を指定できる便利さもアップ!飯能駅から先は列車の進行方向が変わるので座席指定には注意しましょう。

※写真は特急レッドアロー号「ちちぶ」

秩父へはアクセスが良い特急で!都心からの直接乗り入れも

写真:佐久田 隆司

地図を見る

西武秩父駅と秩父鉄道の御花畑駅への乗り換えは、徒歩ですぐの距離!。御花畑駅の駅舎は昔ながらの風情があって旅情を誘います。また土日祝に西武鉄道が運行する各駅停車「長瀞」行きなら、時間はかかりますが秩父駅へ乗り換えなしで行かれます。

名巧の彫刻と荘厳な社殿!頬が落ちるほどの美味しいちちぶ餅

秩父神社は古社として、日本三大曳山祭もおこなわれるところ!名巧「左甚五郎」の彫刻や地域グルメの「ちちぶ餅」も見逃せません。風情ある秩父の街に出かけて、その目と舌で確かめてみては?

2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -