JR大湊駅に隣接!「ホテルフォルクローロ大湊」は下北観光に最適

| 青森県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

JR大湊駅に隣接!「ホテルフォルクローロ大湊」は下北観光に最適

JR大湊駅に隣接!「ホテルフォルクローロ大湊」は下北観光に最適

更新日:2017/08/14 11:46

ヨッシー 宙船のプロフィール写真 ヨッシー 宙船 トラフィックトラベルナビゲーター

青森県むつ市にある「ホテルフォルクローロ大湊」は、JR大湊線の終点・大湊駅の隣に位置するJR東日本グループのホテルです。交通アクセスが抜群、ホテルからの景色良し、無料朝食や駐車場が充実!下北半島の観光に最適な「ホテルフォルクローロ大湊」を紹介します。

アクセス抜群!駐車場完備!「ホテルフォルクローロ大湊」

アクセス抜群!駐車場完備!「ホテルフォルクローロ大湊」

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

下北半島西部を陸奥湾に沿って走るJR大湊線の終点・大湊駅で列車を降りると、ホームからすぐ見えるホテルが「ホテルフォルクローロ大湊」です。駅前からはJRバスが発着するほか、季節運行・予約制の観光バス「ぐるりんしもきた観光ルートバス」が発着するため、車なしの下北旅行者にも便利。

またホテルには、車高を考慮しなくてよい屋外駐車場が完備され(45台まで駐車可能)、車での旅行者にも最適です。

アクセス抜群!駐車場完備!「ホテルフォルクローロ大湊」

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

20時まで営業しているスーパー「マエダストア大湊店」はJR大湊駅の目の前、最寄りの24時間営業のコンビニ・サークルケイまでは徒歩5分以内にあるので、買い物に便利です。

また地元に愛好者が多い、餡とマーガリンをサンドイッチにしたアンバターサンドで有名な「大湊吉田ベーカリー」もすぐです。大湊吉田ベーカリーではサンドイッチなどパンの他に、惣菜や弁当も売られ、朝6時から夜8時まで営業しています。

海側は陸奥湾、山側は釜臥山の眺めヨシ!「ホテルフォルクローロ大湊」

海側は陸奥湾、山側は釜臥山の眺めヨシ!「ホテルフォルクローロ大湊」

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

「ホテルフォルクローロ大湊」は5階建てで、シングル18室、ツイン34室(写真)、ユニバーサルルーム1室があり、海側と山側に部屋があります。自動販売機コーナーとマッサージコーナーは3階です。海側の部屋からは陸奥湾が見え、海上自衛隊の船が見える事もあります。

海側は陸奥湾、山側は釜臥山の眺めヨシ!「ホテルフォルクローロ大湊」

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

海側に窓がある部屋の方が全体的には多いのですが、もし山側の部屋に宿泊となった場合で海を眺めたい場合は、3階にある自動販売機コーナーの窓から眺める事が可能です。なお山側の部屋からは市街の一部と釜臥山(かまふせやま)を眺めることが出来ます。

この他2階から5階の廊下のうち、JR大湊駅側にある窓からは、写真のようにJR大湊駅のホームや列車が眺められます。

無料朝食はバイキング!夕食は提携店でのプランも!「ホテルフォルクローロ大湊」

無料朝食はバイキング!夕食は提携店でのプランも!「ホテルフォルクローロ大湊」

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

朝食は1階のラウンジで和洋バイキング形式で提供。写真の和食・おかずの他に、パンなども準備されています。連泊する利用客が飽きないように、メニューは毎日変わります。お米など食材の一部は青森県産を使用。食事しながらながめる1階ラウンジからの景色は、JR大湊駅の一部です。

無料朝食はバイキング!夕食は提携店でのプランも!「ホテルフォルクローロ大湊」

写真:ヨッシー 宙船

地図を見る

夕食はホテル内での提供がありませんが、フロントではホテル周辺での「おすすめ食べどころマップ」を作成し、宿泊客に配布しています。また近隣の提携店である創作フレンチレストラン「ビアン・シュー」、海鮮料理「京華」での夕食セット宿泊プランを用意しています。

このうち居酒屋「京華」はホテル玄関から徒歩1分の場所にあり、「帆立満喫下北御膳」「天婦羅・海鮮丼御膳」のいずれかを選ぶプランを設定。プラン以外でのおススメは、写真にある下北の郷土料理の味噌貝焼き(みそかやき)定食です。

アクセス、景色、食事ヨシ!「ホテルフォルクローロ大湊」

「ホテルフォルクローロ大湊」は、JR大湊駅に隣接し、ホテルからの景色も楽しめ、無料朝食や近隣店での食事が楽しめる下北観光にはおすすめのホテルです。「ホテルフォルクローロ大湊」に宿泊する下北の楽しい旅へ出かけてみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/15−2017/07/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -