日本最古の縁結び!因幡の白兎を祀る鳥取・白兎神社

| 鳥取県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本最古の縁結び!因幡の白兎を祀る鳥取・白兎神社

日本最古の縁結び!因幡の白兎を祀る鳥取・白兎神社

更新日:2017/09/16 09:49

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、旅作家

「因幡の白兎」は誰もが一度は聞いたことがある神話ではないでしょうか。古事記にも記載がある由緒ある話ですが、その日本神話の舞台が鳥取市にある白兎神社一帯だとされています。

この神社は神様同士の縁結びにちなみ、日本最古の縁結びとされ、それだけではなく兎の皮膚が治った伝説から皮膚病をはじめとし、様々な病気に霊験がある神となっています。連日多くの参拝者が訪れる白兎神社とは、どのような神社なのでしょう。

因幡の白兎とは

因幡の白兎とは

写真:大里 康正

地図を見る

まずは白兎神社を理解するのに重要な「因幡の白兎」のお話。後の大国主命(大黒天)である大穴牟遅神。八十神である兄たちのお供をして因幡にやってきます。ここで肌が爛れ苦しんでいる白兎に出合うのです。話を聞くと、於岐ノ島から本土へ渡りたいが手段が無い。そこで兎とワニサメのどちらの数が多いか勝負しようと、騙して並ばせました。

背中を伝って本土まで進みますが到着する直前に、島から渡るために騙したのだと告げると、あっという間に捕まり、毛をはぎ取られます。

因幡の白兎とは

写真:大里 康正

地図を見る

苦しんでいるところに通りかかった八十神たち。彼らの目的は因幡の八上姫神への求婚でした。神々は海水を浴びて山の上で陽射しを浴びていれば治ると言い、その通りにしていると傷は悪化しさらに苦しみます。

そこに兄たちの荷物を背負わされ、遅れて兎の傍を通る大穴牟遅神。泣く兎を見て哀れに思い、真水で洗いガマの穂を並べてその上に横たわっていれば治ると伝えます。

因幡の白兎とは

写真:大里 康正

地図を見る

その通りにすると傷はあっという間に完治。喜んだ兎は「見たちの八上姫神への求婚は失敗し、結婚するのはあなたです」と伝えたのです。こうして兎は日本最古の縁結びの神となりました。

かわいい兎たちの参道と結び石の神秘

かわいい兎たちの参道と結び石の神秘

写真:大里 康正

地図を見る

参道は鳥居をくぐり、正面の石段を上るところから始まりますが、ここからすでにかわいい兎たちに出合うことが出来ます。参道の両脇の石灯寵の上には18羽の様々な姿の兎たち。それにしてもなぜ白い石が?それは拝殿横の社務所から拝受出来る「結び石」なのです。

かわいい兎たちの参道と結び石の神秘

写真:大里 康正

地図を見る

結び石は「良縁、子宝、繁盛、飛躍、健康」の五縁を意味し、その使い方は三つとされています。

・兎の石像に祈りを込めて乗せる
・鳥居の上に投げあげて祈願する
・自分で持ち歩きお守りとする

かわいい兎たちの参道と結び石の神秘

写真:大里 康正

地図を見る

拝殿横で拝受し、ぜひ結び石に願いを込めてみましょう。なお、鳥居から落ちてしまった石はどうなるのでしょうか?神職が定期的に集めて奉納しているそうです。

御身洗池の不増不滅の不思議

御身洗池の不増不滅の不思議

写真:大里 康正

地図を見る

神話の中で、白兎は八十神たちに騙され苦しみました。大穴牟遅神の言葉でその体を洗った場所が、白兎神社正面の「御身洗池」と伝えられています。そしてこの他は「大雨」、逆に「渇水」でも水の量が変わらないと言われる摩討不思議な池。

御身洗池の不増不滅の不思議

写真:大里 康正

地図を見る

神秘の池には時々鯉が顔を出しますが、鯉は恋に繋がっているのではないでしょうか。

珍しい本殿の菊座石とお守り

珍しい本殿の菊座石とお守り

写真:大里 康正

地図を見る

白兎神社の創建は分かっていませんが、かつては兎の宮、大兎大明神、白免大明神等と呼ばれていたと記録があります。白免神を主祭神としますが、この白鬼神が因幡の白兎と同一となっています。

珍しい本殿の菊座石とお守り

写真:大里 康正

地図を見る

また、本殿の基礎に使われている6つの土台石。そこには28弁の菊の紋章が刻まれていることから、菊座石と呼ばれています。今でもその様子を見ることが出来るのは貴重な歴史です。菊は皇室を意味しており、神社創建に皇室が関わっているのではと言われていますが、詳しいことは分かっていません。

珍しい本殿の菊座石とお守り

写真:大里 康正

地図を見る

正面から見て左側が社務所となっています。日本最古の縁結びと言われる白兎神社ですから、ぜひともお守りを頂きましょう。様々な種類があるので、お気に入りのお守りがあるはず。

白兎神社前はお土産品も充実

白兎神社前はお土産品も充実

写真:大里 康正

地図を見る

由緒ある白兎神社の手前は「道の駅神話の里白うさぎ」となっています。100台以上が無料で止められる駐車場が整備されていることからレンタカーでも便利に利用出来ます。本数は少ないのですが、鳥取市中心部からバスで往復することも可能。

白兎神社前はお土産品も充実

写真:大里 康正

地図を見る

もちろん、お土産品の販売、食事も出来る便利な場所ですので、休憩を兼ねてゆっくりしてみましょう。

白兎神社前はお土産品も充実

写真:大里 康正

地図を見る

また、歩道橋を渡って日本海に行けば、そこは白兎海岸。遠くに神話の舞台の一つである於岐ノ島が見えますので、そちらも観光しておきましょう。

最後に

白兎神社には砂丘がある鳥取県らしく、大穴牟遅神と八上姫神、そしてそれを見守る兎の砂像があります。参道を入ってすぐ左側にありますので、こちらも忘れずに見ておきましょう。

白兎神社は神話の故郷ともいえる場所。病気平癒はもちろん、日本最古とされる縁結びパワーで、素敵な恋を実らせましょう。今現在カップルの人は、末永き幸せを祈ってみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -