福島観光のシメに最適!喜多方ラーメン「来夢」は味噌も深夜もOK

| 福島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

福島観光のシメに最適!喜多方ラーメン「来夢」は味噌も深夜もOK

福島観光のシメに最適!喜多方ラーメン「来夢」は味噌も深夜もOK

更新日:2017/08/18 13:47

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

喜多方ラーメン「来夢」(福島県喜多方市)は、地元民に人気の老舗。日本三大ラーメンの喜多方ラーメンは本来アッサリ系醤油味ですが、「来夢」なら味噌味も塩味も絶品で、自分好みの味で安心して楽しめます!
ランチ営業中心の老舗が多い中、年中無休で毎日深夜まで営業。定休日を気にせずに、福島観光の最後に気軽に立ち寄れます。郡山市にも支店があるので会津地方を経由して帰る必要もなく、旅行者に断然おすすめです!

喜多方ラーメン「来夢」は、喜多方市中心部にあり大駐車場も完備

喜多方ラーメン「来夢」は、喜多方市中心部にあり大駐車場も完備

写真:藤田 聡

地図を見る

喜多方ラーメンは、札幌、福岡と並び日本三大ラーメンに数えられており、福島県に旅行したら絶対食べたい逸品です。しかし、本当は味噌味や塩味が好きな人も多いハズ。「来夢」なら何味でも絶品なので、誰にでも安心しておすすめできます!

来夢本店は老舗にしては近代的な外観ですが、移転後にこうなりました。FC加盟店募集と書かれている通り、地元で特に人気がある店。喜多方市の本店の他、会津若松市に2店舗、猪苗代町に1店舗、郡山市に2店舗展開しています。

味噌味の喜多方ラーメンなら「来夢」がおすすめ!

味噌味の喜多方ラーメンなら「来夢」がおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

喜多方ラーメンは本来アッサリ醤油味ですが、「来夢」には各種揃っています。中でも味噌味が断然おすすめ。写真は味噌チャーシューメンの大盛りですが、チャーシューが多くて麺がほとんど見えない程です。

麺は玉子を使わないこだわりの麺で、小麦粉本来の風味が生きており「麺を食べた!」という実感がこみ上げて来ます。スープが旨いのは当然ですが、この麺だからこそ「来夢」の満足感が生まれるのです!

喜多方ラーメンの旨さの秘密は福島の水にあり!?

喜多方ラーメンの旨さの秘密は福島の水にあり!?

写真:藤田 聡

地図を見る

喜多方ラーメン「来夢」の店内は、カジュアルなイメージ。写真は郡山北店ですが、どの店も同様です。特に注目して欲しいのが、実は水。猛烈に美味しいので、実際何杯でもお代わり出来て不思議に思う程です。喜多方市だけでなく、都会の郡山市でも同様なので本当に驚かされます。

何の料理でも水が美味しいと本来の美味しさが引き立ち、忘れられない印象を残すもの。福島の水あっての喜多方ラーメンであり、「来夢」の旨さの根源でもあります。

福島観光のシメに最適!

福島観光のシメに最適!

写真:藤田 聡

地図を見る

福島観光で断然おすすめなのが裏磐梯高原ですが、山奥なので飲食店もコンビニも殆どありません。なので帰りに、喜多方ラーメンを食べて帰るのがおすすめ。裏磐梯から喜多方市は至近距離で深夜営業の「来夢」なら、夜になって観光が完全に終わってから移動しても間に合います。

しかし、東京方面に帰るなら、多少遠回りになるのも事実。このような場合には、郡山市の2店舗がおすすめです。味も喜多方本店と遜色なく、サービスのスタンプカードも共通して使えるので、安心して利用出来ます。

なお写真は郡山北店の味噌チャーシューメン大盛りに、玉子をトッピングした様子です。

来夢は深夜でも目立ちます!

来夢は深夜でも目立ちます!

写真:藤田 聡

地図を見る

喜多方ラーメン「来夢」のラストオーダーは本店が22時、会津若松市と郡山市の4店舗は23時45分と、まさに深夜でもOK。夜は赤いネオンサインがド派手で、ひと目で分かります。福島県では会津地方はもちろん、中通り地方だけを旅行する場合でも、美味しい喜多方ラーメンを食べて帰りましょう!

喜多方ラーメンで「来夢」以外におすすめの店は?

喜多方ラーメン「来夢」の魅力を、美味しさの秘密と観光帰りの立ち寄りやすさを中心に紹介しました。喜多方ラーメンの元祖は「源来軒」で、超人気店は「坂内食堂」です。しかし、あまりにも定番なので、少し冒険してみたくなるのも事実。「あべ食堂」は「坂内食堂」と同様に朝食から営業しているので、喜多方ラーメンを食べてから裏磐梯高原へ観光に行けます!

裏磐梯高原の観光では、紅葉と桜が特におすすめ。別の記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります。)

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ