上諏訪温泉で贅沢はしご湯!重文「片倉館」と「諏訪湖ホテル」

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

上諏訪温泉で贅沢はしご湯!重文「片倉館」と「諏訪湖ホテル」

上諏訪温泉で贅沢はしご湯!重文「片倉館」と「諏訪湖ホテル」

更新日:2017/10/18 18:04

八岳木 流泉のプロフィール写真 八岳木 流泉 温泉ライター

長野県南部の諏訪市。諏訪湖を中心に高い知名度を誇る同市には、上諏訪温泉が湧いています。多くの立派なホテルから、共同浴場、日帰り施設まで、温泉を楽しむ術は様々。なかでもおススメなのは重要文化財にも指定される日帰り施設「片倉館」と、同系列の「諏訪湖ホテル」です。ホテルに泊まって重文に立ち寄る、贅沢なはしご湯はいかがでしょうか。

片倉館は諏訪のシンボル

片倉館は諏訪のシンボル

写真:八岳木 流泉

地図を見る

上諏訪温泉は、水面が穏やかな諏訪湖のほとりに湧き出す温泉街です。温泉街には大型ホテルが建ち並ぶほか、お土産販売店や食事処などが点在しています。浴衣姿で歩く旅人も多く、人気も高い温泉地なのです。

そんな上諏訪温泉にあって、日帰り入浴施設の「片倉館」は外せません。1928(昭和3)年に建てられたもので、現在は国の重要文化財に指定されています。大正から昭和にかけては、輸入総額の4割が絹製品であった時代。その時代に生糸産業で財を成したのが片倉財閥です。片倉館は同財閥が造った文化福祉施設であり、現在は、財団法人片倉館が運営をしています。

片倉館は諏訪のシンボル

写真:八岳木 流泉

地図を見る

日帰り入浴施設の片倉館には、男女別の内湯があります。タイル張りで、ステンドグラスや柱の彫刻などが目を引く造りです。何より驚かされるのは浴槽のサイズ!長さ7.5メートル、幅4メートル、深さ1.1メートルという大きさで、“千人風呂”との愛称を持っています。

泉質は単純温泉で、茶色に澄んだ源泉が注がれています。また、浴槽の床には玉砂利が敷かれており、歩くたびに足の裏を刺激する珍しい入浴を楽しめます。

<基本情報>
住所:長野県諏訪市湖岸通り4-1-9
電話番号:0266-52-0604
アクセス:中央自動車道「諏訪」ICの利用が便利。JR中央本線「上諏訪温泉」駅から徒歩。

片倉館系列の諏訪湖ホテル

片倉館系列の諏訪湖ホテル

写真:八岳木 流泉

地図を見る

片倉館の横手には「かたくら諏訪湖ホテル」というホテルが建っています。こちらは片倉館と同系列のホテルで、宿泊者は無料で片倉館に入浴することができる特典付きなのです。

同ホテルには、一般の客室の他、皇室御用達の迎賓館や、離れにある別邸「菊の間」があります。特に離れの別邸は国の有形文化財に登録されるほどのものですが、現在でも一般の宿泊が可能です。

魅力あふれる多くの浴場

魅力あふれる多くの浴場

写真:八岳木 流泉

地図を見る

諏訪湖ホテルには、男女時間交替制の内湯と露天の他、貸切風呂、さらに離れの別邸に浴室があります。交替制の浴場の一方には、タイルの内湯と岩の露天風呂に加え、諏訪湖に浮かぶ温泉をイメージした檜の露天風呂が付帯しています。その檜露天は「びいどろ」と名が付いており、ガラスを使った綺麗な演出が評判です。

魅力あふれる多くの浴場

写真:八岳木 流泉

地図を見る

諏訪湖ホテルの温泉の泉質は、単純硫黄泉です。硫化水素の匂いは強くありませんが、どこかで確かに鼻へ感じます。タイルの内湯と岩の露天風呂。趣きの異なる浴槽がはしご湯気分にさせてくれます。豪華ホテルに泊まって文化財の片倉館へ!歴史を感じ、いで湯に和む、上諏訪の旅に出てみませんか。

ホテルと文化財で湯浴みの共演

文化財である片倉館の温泉は、千人風呂の見事な造り。一方、諏訪湖ホテルの温泉は、野趣あふれる岩が武骨な顔立ち。さらに上手くタイミングが合えば、ガラスが綺麗な露天風呂、びいどろにも入れます。どちらに入るかどちらが好みか、豪華な共演に酔いしれながら、諏訪湖の散策といきましょう。

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ