米東海岸の大学街を歩く!名門プリンストン大学の歴史とアート

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

米東海岸の大学街を歩く!名門プリンストン大学の歴史とアート

米東海岸の大学街を歩く!名門プリンストン大学の歴史とアート

更新日:2017/08/24 11:54

いしい ひいのプロフィール写真 いしい ひい アメリカ旅行ライター、フードコーディネーター

ニュージャージー州のプリンストン大学は1746年設立、全米トップクラスの名門校。ツタのからまる歴史ある校舎、美しく整備された庭園、充実したコレクションを誇るミュージアムなど、誰でも自由に見学できます。活気ある大学街にはお洒落なお店が集まり、緑いっぱいの歴史公園も。ニューヨークから電車で行ける街プリンストン、アカデミックな雰囲気のなかで歴史とアートを体験してみませんか!?

かつて村上春樹氏も在籍した名門大学

かつて村上春樹氏も在籍した名門大学

写真:いしい ひい

地図を見る

プリンストン大学は、世界の大学ランキングでも常にトップクラスの名門校。これまで2人の大統領、41人のノーベル賞受賞者、14人のフィールズ賞受賞者らを輩出し、作家のスコット・フィッツジェラルド、アマゾンのジェフ・ベゾスやアメリカ史上初のアフリカ系アメリカ人のファーストレディであるミッシェル・オバマなど、そうそうたる顔ぶれがこの大学で学んでいます。
2001年米映画「ビューティフル・マインド」に描かれたジョン・ナッシュ氏もこの大学で研究活動に携わり、村上春樹氏も客員研究員として2年間在籍されていました。まさに世界中の頭脳が結集する場所!

アカデミックな業績だけでなく、自然環境に恵まれたキャンパスの美しさも魅力。ツタのからまる美しい校舎は、アメリカ全土で8番目に古い大学の伝統を感じさせる重厚な造りです。

アカデミックでもフレンドリー!気軽にキャンパス見学

アカデミックでもフレンドリー!気軽にキャンパス見学

写真:いしい ひい

地図を見る

学生のみならず一般市民も自由に足を踏み入れることができるので、キャンパスのアカデミックな雰囲気をじっくり味わいましょう。
ステンドグラスが美しいゴシック様式のチャペルでは、パイプオルガンの演奏会も行われます。

アカデミックでもフレンドリー!気軽にキャンパス見学

写真:いしい ひい

地図を見る

美しく整備された庭園は、訪れる人々に癒しのひとときを提供しています。季節ごとにさまざまな花を楽しむことができますよ。

アカデミックでもフレンドリー!気軽にキャンパス見学

写真:いしい ひい

地図を見る

プリンストン大学の学生はボート、ラクロス、バスケットボールなどスポーツにも熱心に取組んでいます。
大学のスポーツチームのマスコットは、タイガー。雄雄しいタイガーの彫像と一緒に記念撮影をどうぞ!

充実したコレクションを誇る附属ミュージアム

充実したコレクションを誇る附属ミュージアム

写真:いしい ひい

地図を見る

必見なのは、プリンストン大学附属のミュージアム(Princeton University Art Museum)。1882年創設、現在は古代から現代のアートまで72,000点以上を所蔵しています。

アッパー・ギャラリーには モネやマチスらヨーロッパの芸術、アンディ・ウォーホールら近代アートなどが、美しく展示されています。テーマごとに分かれていて、見やすいのが特徴です。

充実したコレクションを誇る附属ミュージアム

写真:いしい ひい

地図を見る

地階のギャラリーに展示されているのは、古代ローマ及びギリシャの彫刻やモザイク、そしてアジアの芸術作品の数々。
日本の埴輪や掛け軸も所蔵しています。

充実の常設展のほか、ユニークな企画展も随時行われています。これだけの本格的なコレクションを無料で一般公開しているとは、この大学が人類の英知を万人に分かち合おうとしている姿勢がうかがえますね。

充実したコレクションを誇る附属ミュージアム

写真:いしい ひい

地図を見る

芸術鑑賞はミュージアムの中だけではありません。キャンパスの中に点在する数々のアートも、見所のひとつ。いろいろ探してみましょう!

若者が集まる大学街がお洒落!

若者が集まる大学街がお洒落!

写真:いしい ひい

地図を見る

プリンストンの町の人口14,000人あまり、当然多くの大学生が住み、24歳以下が総人口の半分以上を占めています。大学周辺にはお洒落な大学街が広がり、若者に人気のお店がぎゅっと集まっています。

中でもNassau StreetとWitherspoon Streetという通りに沿ってたくさんのレストラン、カフェ、ショップがあるので、のんびり歩いてみましょう。
クレープが人気のJammin’ Crepes、サンドイッチが美味しいOlive Deli & Bakery、本格的なアメリカ料理が手頃な価格で楽しめるWitherspoon Deli、さらにピッツァ、カップケーキ、アイスクリーム、エスニック料理からラーメンまで、世界中から人が集まる大学街には世界中の食が大集合!

Princeton University Storeで、大学のロゴが入ったお土産を買うのもよいですね。大学のマスコットであるタイガーにちなんで、スクールカラーはオレンジと黒になっています。

若者が集まる大学街がお洒落!

写真:いしい ひい

地図を見る

大学街にある、理論物理学者アルベルト・アインシュタインの頭像。
ドイツからアメリカに移住したアインシュタインは、1933年にプリンストン高等学術研究所の教授に着任してから1955年に亡くなるまでプリンストンに住んでいました。過去に住んだどの町よりも落ち着いて過ごせる場所だったそうです。

かつてここで独立戦争が!緑いっぱいの古戦場公園

かつてここで独立戦争が!緑いっぱいの古戦場公園

写真:いしい ひい

地図を見る

大学街からMercer Streetという通りをまっすぐ2キロあまり歩いて行くと、見渡す限り緑の続く平原があります。
ここはプリンストン古戦場州立公園(Princeton Battlefield State Park)。

アメリカ独立戦争中の1777年1月3日、この地で総司令官ジョージ・ワシントン率いるアメリカ大陸軍と、イギリス軍との間で戦闘が起こりました。
この「プリントンの戦い」で大陸軍が勝利、アメリカ兵士の士気は大いに上がり、イギリスに勝てるという自信を得たと言われています。

今はまさに、つわものどもが夢のあと。州立公園の中には小さな案内所がありますが、戦いがあったことを感じさせる遺跡は殆んどなく、住民がハイキングを楽しんだり、ウサギやリスが元気に駆け回ったり、平和に満ちた空間になっています。

かつてここで独立戦争が!緑いっぱいの古戦場公園

写真:いしい ひい

地図を見る

ところどころに置かれたプレートの説明のみが、昔ここで戦いがあったことを伝えています。例えば、致命傷を負いながらも戦場を離れることを拒み、指揮官としてオークの木の下で戦況を見守った、マーサー将軍。独立戦争の英雄を称えて、そのときのオークの木「The Mercer Oak」は、今も大切に守られているのです。

1783年大陸議会はプリンストン大学のナッソー・ホールに集まり、プリンストンは4ヶ月間だけアメリカ合衆国の首都になりました。プリンストンはアメリカの歴史を語る場所のひとつでもあります。

まとめ

プリンストンはニューヨークから通勤可能な郊外都市。車がなくても、ニューヨークのペンシルベニア駅から電車で2時間足らずで訪れることができます。
高層ビルが集まり都会の喧騒があるマンハッタンと、整然としてアカデミックな雰囲気のプリンストンは、同じアメリカという国にあっても、まさに別世界。プリンストンに来ると、ニュージャージー州のニックネームが庭園の州(Garden State)であることに納得することでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ