クオリティ高きコンセプトルーム「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

クオリティ高きコンセプトルーム「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」

クオリティ高きコンセプトルーム「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」

更新日:2017/08/25 09:58

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家

ビルが林立する未来都市のような東京汐留。地下鉄の駅をはじめ、新交通ゆりかもめの駅もあるのでお台場方面へのアクセスも良好です。汐留のホテルを拠点にすれば、お台場&都心スポットといった贅沢な観光も可能でしょう。いくつかホテルもある汐留ですが、オススメホテルといえば「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」。ロビーフロアからは都心の摩天楼が一望。コンセプトルームでも知られる素敵なホテルを紹介します。

コンセプトルームがトレンド

コンセプトルームがトレンド

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

いまのホテルトレンドをあらわすワードの一つが「コンセプトルーム」。デザインやプロダクトなど様々な要素が客室に採り入れられ、テーマ性が高められています。5年ほど前からその兆候は見られてきましたが、昨今のホテル業界の活況という中で更に進化しています。

最近のコンセプトルームには、和モダンの採用も増えていますが、インバウンド(訪日外国人)需要が増えていることが背景にあるのでしょう。インバウンド好みの和〞テイストは昨今のホテルのトレンドのひとつにもなっています。

また、著名なデザイナーや有名インテリアショップとのコラボによるコンセプトルームもあります。ロイヤルパークホテル ザ 汐留では、2013年にインテリアや内装にこだわったコンセプトルームが登場、まったく新しいタイプのコンセプトルームは話題です。様々な楽しみ方を提案してくれるホテルともいえるでしょう。

コンセプトルームのメリット

コンセプトルームのメリット

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルがコンセプトルームを設ける理由は様々ですが、ホテルへの注目が集まるだけでなく、ホテル全体のブランディングにもなるということもあり、増加傾向にあります。話題性を高められることや、コラボするキャラクターやインテリアなどへの興味から、新たなゲストがホテルを利用する契機になることも、コンセプトルーム誕生の理由といえるでしょう。

ロイヤルパークホテル ザ 汐留では、前述のとおり2013年のリブランドの際コンセプトルームが登場、現在では26階の22室を著名なデザイナーやブランドが手掛け、洗練されたホテルライフを提案しています。ずっと籠りたくなるような部屋づくりが魅力のフロアです。

ワイス・ワイスの木製家具で構成された2622号室は癒しの空間がテーマ。大塚家具とコラボした2614号室は独身貴族の書斎のような設え。また2627号室はホテル唯一の畳式で和モダンなジュニアスイート、というように多彩なテーマで演出されています。

ザ・コンランショップとのコラボ

ザ・コンランショップとのコラボ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

中でも英国発のホームファニシングブランド「ザ・コンランショップ」のコーディネートによる「Play」をコンセプトにした客室に注目です。ジュニアスイート約57平方メートルの客室は、落ち着いた中にも楽しさを感じさせてくれる工夫が施されており、上質な暮らしすら想像させます。

ザ・コンランショップは、テレンス・コンランが世界中から厳選した家具やインテリアアイテムを扱うハイセンスなショップ。そんなインテリアに囲まれて過ごすホテルステイなんて素敵ですね。

大塚家具のコンセプトルーム

大塚家具のコンセプトルーム

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

大塚家具コーディネートによる「隠れ家的SOHO STYLE」をコンセプトにした客室も素敵です。ヴィンテージ家具が配され、落ち着いた大人の男性のためのストゥーデュオといった趣も感じられます。

同じく大塚家具のコーディネートによる「住居のようなホテル」をコンセプトにした客室は北欧スタイルです。客室をキャンパスに見立て、ポップでカラフルなインテリアでまとめられています。

グルメも充実

グルメも充実

提供元:ロイヤルパークホテル ザ 汐留

http://www.rph-the.co.jp/shiodome/

ロイヤルパークホテル ザ 汐留にはグルメ度の高いレストランが集っていますが、イチオシは24Fのオールデイダイニング「ハーモニー」。「フレンチとワインを気軽に楽しめるビストロスタイルのレストラン」を銘打つ、洋食を楽しめるメインダイニングです。

まず圧巻なのが眺望。大きな窓からは、緑豊かな浜離宮庭園や東京タワーまでも望めます。白木や茶を基調にしたシックなインテリアだけに窓外はまるで絵画。

躍動感溢れるオープンキッチンでは、シェフ達が腕を振るう姿が印象的。見ているだけでどんな料理が出てくるのかワクワクしてしまいます。料理長は2012年ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポンでの優勝経験を持つ星野シェフです。

ディナーはもちろんですが、朝食やランチブッフェも大好評。宿泊しなくても利用したいオールデイダイニング「ハーモニー」です。

おわりに

コンセプトルームを中心に紹介しましたが、一般の客室も快適度はお墨付き。汐留での宿泊にロイヤルパークホテル ザ 汐留はいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/26−2017/01/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ