お台場が新たなガンダムの聖地に!?「ガンダムベース東京」が新オープン!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

お台場が新たなガンダムの聖地に!?「ガンダムベース東京」が新オープン!

お台場が新たなガンダムの聖地に!?「ガンダムベース東京」が新オープン!

更新日:2017/08/25 16:06

Yuma A.のプロフィール写真 Yuma A. 観光学修士、インバウンド観光推進施設代表

東京のお台場と言えば、等身大のガンダムがランドマークとなっているガンダム好きの聖地のひとつですが、その等身大ガンダムは2017年の春に展示終了となりました。しかしながら2017年の夏(8月19日)にガンダム好きを唸らせる新たな聖地がダイバーシティ東京の7Fにオープンしました!それがガンダムのプラモデルのテーマショップ「ガンダムベース東京」です。早速覗いてみましょう!

ガンダムベースはプラモデルの殿堂!

ガンダムベースはプラモデルの殿堂!

写真:Yuma A.

地図を見る

この新しくオープンした「ガンダムベース東京」はガンダムのプラモデル(通称ガンプラ)の総合施設です。入口から歴代ガンダムとプロモデラーの作品がずらりと並んでいる様が壮観です。もはやちょっとした芸術作品ですね!
入口はダイバーシティ東京の東館エレベーターで7Fに行くと目の前にありますので迷うことはないでしょう。

ガンダムベースはプラモデルの殿堂!

写真:Yuma A.

地図を見る

ガンダムの名前ぐらいは知っているけどガンプラってそんなにすごいの?という方もいると思いますので、一応説明しておきます。

1980年に最初のガンプラ(御覧の通り、当時は色はほとんどなくて自分でカラー塗装するモデル)が株式会社バンダイから発売され、大ブームになったのをきっかけに代を重ね、今なお毎月多数のモデルが新発売される超ロングセラーの玩具が「ガンプラ」です。

当時子供だった世代が親になり、その子供も新しいガンダム作品で新たなガンダムのファンになるので、今やガンプラは親子で楽しめる稀有な玩具といえるでしょう。最も主に男性向けですが(笑)

ガンダムベースはプラモデルの殿堂!

写真:Yuma A.

地図を見る

「ガンダムベース東京」はガンプラの総合施設ですから、品揃えもスゴイです。最新のモデルは言うに及ばず、ガンプラ創世記の古いモデルも当たり前のように販売されています。当時のハコのデザインのままなので、懐かしくなって手に取る方も多いことでしょう。

ただのショップではない!ガンプラの全てがここにある!

ただのショップではない!ガンプラの全てがここにある!

写真:Yuma A.

地図を見る

この「ガンダムベース東京」にはガンプラを知るための施設、「バンダイホビーセンター」が併設されています。そこではガンプラの命ともいえる金型や箱のデザイン、設計書などが展示されており、どのようにガンプラが造られていくのかを知ることができるようになっています。

ただのショップではない!ガンプラの全てがここにある!

写真:Yuma A.

地図を見る

さてこの「バンダイホビーセンター」というのは実は静岡にあるガンプラ工場の名称です。実際に静岡まで工場見学に行けない人のために!?そのガンプラ工場の模型(動きます!)が用意されており、ボタンを押すとどの工程がどこで行われているのか、示してくれます。もちろん見学無料です!

ただのショップではない!ガンプラの全てがここにある!

写真:Yuma A.

地図を見る

ガンプラと言えば、多色成形。発売当時と異なり、今は組み立てるだけで色塗り不要のため大人から子供までレゴブロック感覚で楽しめるようになっています。その元になるカラフルな樹脂チップにも触れるようなこだわりで、ガンプラ工場内の臨場感を演出しています。

まだまだある特設設備!

まだまだある特設設備!

写真:Yuma A.

地図を見る

ショップでガンプラを購入したが、家まで我慢できない!今組み立てたい!という人のために専用ブースまで用意されているのが「ガンダムベース東京」です。この施設の周りにはガンプラコンテストで優勝したプロモデラーの作品も展示されており、プロモデラーのようにガンプラの仕上げたい人向け(実際にマイスターが教えてくれます)にとっても聖地となりそうな場所ですね。

まだまだある特設設備!

写真:Yuma A.

地図を見る

「ガンダムベース東京」は各種ガンダム情報の発信が行われています。取材時はガンプラのアニメ(ガンダム作品ではなく、作中でガンプラを競わせるガンプラのアニメです!)であるガンダムビルドファイターズの展示(プラモだけでなく絵コンテなどもあります)が行なわれていました。そして写真の舞台の対面にはオンエアスタジオもあり、東京におけるガンダム情報の発信基地の様相を呈しています。

まだまだある特設設備!

写真:Yuma A.

地図を見る

さてこの「ガンダムベース東京」の目玉の一つがガンダムベース限定ガンプラの販売です。そのための巨大ブースが並んでおり、土日は長蛇の列を作ることが伺い知れますね。言い換えますとゆっくりガンダムベースを楽しむなら平日のほうが良さそうですね。

等身大ガンダムもリニューアル予定

等身大ガンダムもリニューアル予定

写真:Yuma A.

地図を見る

「ガンダムベース東京」の入っているダイバーシティ東京の外に出てみると、等身大ガンダムが建設中(製造中!?)でした。あれ、展示は終わったはずでは、と思うかもしれませんが、実はこれはガンダムではなく、2017年秋に完成予定のユニコーンガンダムです。

2016年に地上波でも放送されたガンダムシリーズの最新作「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の機体で、今の子供たちにとってのガンダムと言えば、これになるのでしょう。完成した時の姿が楽しみですね〜

等身大ガンダムもリニューアル予定

写真:Yuma A.

地図を見る

お台場と言えばデートスポットでもありますが、「ガンダムベース東京」はガンプラメインなので女性受けが心配という方は、等身大ガンダムの背後にある「ガンダムカフェ」はいかがでしょうか。かわいらしいガンダムグッズも多く取り扱っており、お土産を探すのにもオススメです。

「ガンダムベース東京」は夜9時まで!

子供だけでなく、あの頃子供だった大人たちの心を捕まえて離さないガンプラですが、なかなか行く時間がとれない・・・なんてこともあると思います。しかし「ガンダムベース東京」は夜9時までやっておりますので、仕事帰りでも大丈夫!懐かしのガンプラを探しに足を運んで見てはいかがでしょうか。
最寄駅は台場駅(ゆりかもめ)や東京テレーポート駅(りんかい線)です。

では気を付けて行ってらっしゃいませ〜

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ