ミシュラン3レッドパビリオン!淡路島・洲本温泉「海のホテル 島花」

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ミシュラン3レッドパビリオン!淡路島・洲本温泉「海のホテル 島花」

ミシュラン3レッドパビリオン!淡路島・洲本温泉「海のホテル 島花」

更新日:2017/10/09 18:09

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

兵庫県淡路島、洲本市の洲本温泉には「ミシュランガイド兵庫2016特別版」ホテル部門で非常に快適と評価される3パビリオンの中でも、特に魅力的であることを表す3レッドパビリオンを獲得した海辺のオーベルジュ「海のホテル 島花」があります。マリーナの中に建ち、優雅なリゾートの魅力も兼ね備える宿。食に温泉、専用グラスボートを使って同じグループの宿を行き来したり、絶景露天風呂等の湯巡りも楽しめます。

眺めの良いゆったりとした客室

眺めの良いゆったりとした客室

写真:水津 陽子

地図を見る

淡路島で8つのホテルを展開するホテルニューアワジグループ、その一角を占める「海のホテル 島花」は洲本市の東海岸、マリーナに佇む海辺のオーベルジュ。淡路島最大の温泉地「洲本温泉」の中にあり、オーベルジュでありながら温泉も有しています。

専用グラスボートを使えば、グループの「淡路夢泉景」、「ホテルニューアワジ」の間を自由に行き来、2つのホテルの温泉巡りも楽しめます。

眺めの良いゆったりとした客室

提供元:海のホテル 島花

http://www.shimahana.com/地図を見る

「海のホテル 島花」の客室は最もシンプルなスタンダードタイプでも37平米とゆったりしており、紀淡海峡に面したオーシャンビューとサントピアマリーナに面したハーバービュー等の客室タイプがあります。それぞれの客室は眺めも良く、バルコニーも広々しています。

眺めの良いゆったりとした客室

提供元:海のホテル 島花

http://www.shimahana.com/地図を見る

また、こちら最上階のスパテラスルームには、紀淡海峡を望むオーシャンビュータイプとサントピアマリーナを眺めるハーバービュータイプの2つのジャグジー露天風呂付客室があります。

アメニティ充実!眺めの良い温泉も楽しみ

アメニティ充実!眺めの良い温泉も楽しみ

写真:水津 陽子

地図を見る

「海のホテル 島花」はアメニティも充実。お茶のほか、ドリップ珈琲なども用意されており、お部屋で寛ぎのティータイムを楽しめます。

館内には新聞、雑誌なども置かれたライブラリーラウンジ、ダーツラウンジやキッズルーム、エステ、プールやドッグランなどの施設もあります。

アメニティ充実!眺めの良い温泉も楽しみ

写真:水津 陽子

地図を見る

客室にはアロマオイルも用意されていますので、風呂上りなどに利用してみてはどうでしょうか。客室のバスルームには女性に嬉しいコスメやカラフルでかわいいコットンなども置かれています。

アメニティ充実!眺めの良い温泉も楽しみ

提供元:海のホテル 島花

http://www.shimahana.com/地図を見る

「海のホテル 島花」の最上階6階スパフロアには「展望浴室 霑(てん)」があり、紀淡海峡を一望するオーシャンビューを楽しめます。温泉に入った後は、湯上りラウンジで冷たい水を飲みながら一休み。マッサージチェアーや岩盤浴もあります。

開放的な吹き抜けのメインダイニング

開放的な吹き抜けのメインダイニング

写真:水津 陽子

地図を見る

「海のホテル 島花」は吹き抜けの開放的なフロアを囲むように客室などが配置され、上から見るとその真ん中にメインダイニングとなるレストランが見えます。

開放的な吹き抜けのメインダイニング

提供元:海のホテル 島花

http://www.shimahana.com/地図を見る

オーベルジュというとなんとなく高いイメージがありますが、「海のホテル 島花」はカジュアルフレンドリーな海辺のオーベルジュを謳っており、料金も比較的リーズナブル。

料理は淡路島の地元農家から届く新鮮な旬の野菜が目にも鮮やか、近海の海の幸をふんだんに使った料理を楽しめます。夕食では各種コース料理(夏期はブッフェ)を提供しています。

開放的な吹き抜けのメインダイニング

写真:水津 陽子

地図を見る

ブッフェはスイーツも充実。ケーキ類に加え、アイスクリームなども用意されています。

専用グラスボートに乗って湯巡りに出かけよう

専用グラスボートに乗って湯巡りに出かけよう

提供元:海のホテル 島花

http://www.shimahana.com/地図を見る

「海のホテル 島花」と2つのグループホテルをつなぐ専用のグラスボートは予約の必要はなく、フロントにお願いするとすぐに用意してもらえます。いつでも思い立ったら湯巡りに出かけられます。


こちらは淡路夢泉景の湯賓閣「天宮の雫」。展望露天風呂の湯には空が映り込み、まるで空に浮いているようです。
※グラスボート運航時間外はマイクロバスでの送迎になります。

専用グラスボートに乗って湯巡りに出かけよう

提供元:海のホテル 島花

http://www.shimahana.com/地図を見る

ホテルニューアワジのスパテラス水月では「淡路棚田の湯」と「くにうみの湯」の2つが楽しめます。こちらは「淡路棚田の湯」、島に残る原風景の棚田を模した三段の湯船が魅力です。

専用グラスボートに乗って湯巡りに出かけよう

提供元:海のホテル 島花

http://www.shimahana.com/地図を見る

「くにうみの湯」は木の香が清々しい湯殿。洲本温泉に加え、敷地内に源泉の湧くミネラル分たっぷりのにごり湯「古茂江温泉」のほか、ジャグジー風呂や湯枕なども楽しめます。

朝食後もゆっくり過ごせるレイトチェックアウト

朝食後もゆっくり過ごせるレイトチェックアウト

写真:水津 陽子

地図を見る

朝食は夕食と同じくメインダイニングのレストラン海菜美(うさみ)で和洋ブッフェを頂きます。
※朝食の和洋ブッフェは年末年始、GW、夏期等の繁忙期のみとなります。

朝食後もゆっくり過ごせるレイトチェックアウト

写真:水津 陽子

地図を見る

「海のホテル 島花」のチェックアウトは11時。朝食後もゆっくり滞在し、まだまだ温泉を満喫したり、テラスでのんびりしたり、夏はプールを楽しむこともできます。

朝食後もゆっくり過ごせるレイトチェックアウト

写真:水津 陽子

地図を見る

「海のホテル 島花」の売店にはかわいいお土産物も充実していますが、グループの2つの宿の売店はより広く多くの商品が置かれています。湯巡りの際に立ち寄ってみるのもよいでしょう。

一度に3つの宿の温泉を楽しめる!

淡路島で8つの宿泊施設を展開するホテルニューアワジグループ。その中でも洲本温泉では6つの宿が集積、グループの宿を自由に行き来して湯巡りや食事、お買い物も楽しめます。

洲本市には「洲本城」や「野生ザルの王国 淡路島モンキーセンター」など、見所も多く、夏は海水浴、冬には水仙の名所に多くの人が集まります。温泉でのんびりした後は洲本観光に出かけてみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/25−2017/07/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ