バンコクの秘密の花園?おしゃれカフェ「アガリコ」で王族気分の週末限定ティータイム!

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

バンコクの秘密の花園?おしゃれカフェ「アガリコ」で王族気分の週末限定ティータイム!

バンコクの秘密の花園?おしゃれカフェ「アガリコ」で王族気分の週末限定ティータイム!

更新日:2017/08/30 15:04

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 旅行媒体編集ディレクター、旅行・グルメライター、ホテルマニア、タイブロガー

バンコクは今やシンガポールに次ぐ東南アジアの大都市。洗練されたカフェやレストランがずらりと並びます。そんな中、本物の王族のオーナーが経営するお屋敷が週末のみカフェとしてオープンしている…というカフェがバンコクのオシャレ女子の憩いの場になっています。その名も「アガリコ」。ショッピングやスパ巡りの合間に優雅なひと時を過ごせる事間違いなし。ただしオーナーの都合でお休みの時期が頻繁にあるので、気を付けて!

白亜のお屋敷カフェ「アガリコ」に一歩入れば静寂の世界!バンコクの喧騒が嘘のよう

白亜のお屋敷カフェ「アガリコ」に一歩入れば静寂の世界!バンコクの喧騒が嘘のよう

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

「アガリコ」はバンコクのおしゃれなハイソサエティー層が集うバーやレストランの集まるトンローエリアにあります。トンローはBTSですぐに行けるので迷う事はありません。ただし看板が出ていないのでソイ51に入ったら右側を注意深く見ていてください。白亜の素晴らしいお屋敷が見えてきます。
ガードマンがいるので訪ねれば「アガリコです」と教えてくれますよ。

白亜のお屋敷カフェ「アガリコ」に一歩入れば静寂の世界!バンコクの喧騒が嘘のよう

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

高い天井にはシャンデリア、そして全てオーダーメードだという白と濃紺の家具が迎えてくれます。なんて上品!夢に描いたような英国風の造りです。
というか、本当にここバンコク?と思わず窓から外をうかがいたくなるほど、別の空間。

バンコクのオシャレ女子が集う秘密の花園

バンコクのオシャレ女子が集う秘密の花園

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

この屋敷はタイ王族の血筋のオーナーの所有するもの。週末しか営業していないのは、平日は実際に王族関係者がプライベートで使用しているから。正真正銘の「お屋敷」を週末のみカフェとして営業するなんて、かなりセンスの良い方なのでしょうね。
こういった「特別感」にバンコクのおしゃれ女子たちが魅かれるのでしょう。満席のことも多いです。でも座席数が少ない上、この手の店を選ぶタイ人は騒ぐこともなく、ゆったりとしたひと時をすごしています。

その日のお勧めをカウンターでチョイス。レギュラーメニューが無いから毎回楽しみ

その日のお勧めをカウンターでチョイス。レギュラーメニューが無いから毎回楽しみ

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

「アガリコ」にはメニューがありません。飲み物もカウンターにいるスタッフに確認する事になりますが、大抵のカフェメニューは揃います。「お屋敷だから高いのでは?メニューが無いなんて恐い」と勘ぐることはありません。いたってバンコクの普通のカフェとあまり変わりません。例えばアイスカフェラテは、甘さの抑えた生クリームが添えられて120バーツほど。

スイーツはその日作るハンドメイドのケーキやスコーンがカウンターに並びます。店員さんに「これは何?」と聞くと、材料なども丁寧に教えてくれます。
キッシュが並んでいる日もあり、甘党ではない人にも対応してくれる細やかさが嬉しいですね。
王族のお屋敷で、手作りのケーキをいただけるなんてまるでお茶会に呼ばれたような気分になりませんか?

小鳥のさえずる中庭も素敵

小鳥のさえずる中庭も素敵

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

うっそうと緑の生い茂る中庭もあります。天気が良い日はテラスでお茶を飲む人もいるのだとか。ほんの少し先の大通りは車のクラクションであふれているのに、この庭には雑音は聞こえず、小鳥のさえずる声が聞こえるのみ。
大都会の真ん中にあるとは思えない「秘密の庭」です。

小鳥のさえずる中庭も素敵

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

思わず開けたくなる「秘密の扉」もありますが、残念。ゲストは開けられません。お屋敷のオーナーが平日使用しているのでしょうね。

今も使われている本物の屋敷で寛ぐティータイムは夢のよう!

まさか喧騒の街、バンコクでこんなに緩やかな時間が過ごせるカフェがあるなんて驚きでしょう?タイには「古い屋敷を改造した」というとても素敵な場所がいくつもありますが、ここは「まだ実際に使っている普通の屋敷を週末だけ公開している」状態。そして、バンコクにはおしゃれなカフェが沢山ありますがバンコクの王族にゆかりのある屋敷でゆったりと寛げるカフェはここ以外にありません。
あなたの旅の予定が週末金・土・日に被るようなら、町歩きの休憩はここに決まり。

ちなみに営業時間は10:00〜18:00です!
オーナーの都合により長期クローズの時期もあるようなのでバンコク滞在中、行ってみたい人は電話で確認を。TEL:02-662-5857

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ