「伊香保のお宿、いかほど?」伊東園ホテル「金太夫」なら安心価格で温泉満喫!

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「伊香保のお宿、いかほど?」伊東園ホテル「金太夫」なら安心価格で温泉満喫!

「伊香保のお宿、いかほど?」伊東園ホテル「金太夫」なら安心価格で温泉満喫!

更新日:2017/08/31 14:05

藤 ともみのプロフィール写真 藤 ともみ 「子連レジャー通リスト」、主婦メディア企画運営・提携ライター、元編集者

湯治場としても名高い群馬県の伊香保温泉。中心の「石段街」は400年以上歴史を見守り、温泉宿やカフェに射的、土産物屋が両側に連なります。そんな風情ある町並みに憧れる旅行客も多く、中には「宿は高級なのでは?」と思う人も。今回は予算が心配な家族連れにもお勧めの伊東園ホテル「金太夫(きんだゆう)」をご紹介。石段街にすぐ出られる好立地で温泉が満喫でき、365日定額リーズナブル料金はお値段以上ですよ。

貸切風呂無料が家族連れに優しい

貸切風呂無料が家族連れに優しい

写真:藤 ともみ

地図を見る

家族の温泉旅行先にあると嬉しい「貸切風呂」。子供が小さければ小さいほど、貸切風呂の有無が両親の負担を左右するものですが、名湯の温泉街でも全宿に標準装備されているわけではありません。また貸切風呂があったとしても有料だったり、ハイクラスのお部屋の「露天風呂付客室」というスタイルだったり、お財布との相談が必要になりますが、伊東園ホテル「金太夫」は「貸切家族風呂」が無料!

貸切風呂無料が家族連れに優しい

写真:藤 ともみ

地図を見る

「貸切家族風呂」はホテルエントランス目の前にある別の建屋で、岩風呂や露天が6室あります。利用時間は1組40分、完全予約制。1時間置きの受付で、6時〜10時・14時半〜22時半とあるので、部屋数と比較しても無料貸切風呂のチャンスは多いはずです。ただし観光スケジュールや夕飯、夜の街歩きなどを考え、希望の枠がある人は早い段階で押さえてしまうのがおすすめ。チェックイン時でなくても宿泊日当日、朝10時から電話でも予約できるので、夜の行動もシュミレーションしておくとスムーズですよ。

展望露天風呂もお忘れなく

展望露天風呂もお忘れなく

写真:藤 ともみ

地図を見る

子連れの夫婦にとって「貸切」は確かに魅力ですが、ホテル7階にある展望露天風呂もぜひ入りたい温泉です。過ごし方や動線の参考までに、夕飯前にこの大浴場で入浴を済ませ、夜の温泉街を歩いてから寝る前に「貸切家族風呂」を利用という流れも快適。それとは逆に、チェックイン直後に「貸切家族風呂」で子供の入浴という大仕事を夫婦共同で済ませてしまうのも楽です。7階展望風呂は夜24時まで入れるので、子供が寝てから夫婦交代で入浴しにいくのもおすすめです。旅行の1日の〆を一人で温泉が堪能する時間は、子育て世代にとって嬉しい贅沢ですよ。

「石段街」へお散歩がてら足湯も

「石段街」へお散歩がてら足湯も

写真:藤 ともみ

地図を見る

伊藤園ホテル「金太夫」は伊香保温泉のシンボルでもある「石段街」にすぐ出られます。位置としては365段ある階段の上部で、射的やスマートボールに輪投げのお店もすぐ見える場所付近。石段街を流れている温泉を観察できる小窓もあるので、浸かるだけでなく温泉を目で見る喜びもあじわえます。小さい子連れでも気軽に遊びに行かれるので、浴衣でぶらりとおでかけすると粋ですね。

「石段街」へお散歩がてら足湯も

写真:藤 ともみ

地図を見る

「石段街」へは、ホテルと「貸切親子風呂」の間を抜けてすぐですが、ホテル貸切風呂建屋の横に「足湯」があるのでこちらもお忘れなく。石段街を歩いた足をリラックスさせてからお部屋に戻るのもまた「金太夫」での温泉の楽しみ方の一つですよ。

日帰り温泉「黄金の湯館」の利用も

日帰り温泉「黄金の湯館」の利用も

写真:藤 ともみ

地図を見る

伊東園ホテル「金太夫」に宿泊すると、同グループ「伊香保グランドホテル」に併設する日帰り温泉「黄金の湯館(こがねのゆかん)を無料で利用することができるメリットもあります!温泉はもちろん、ゲームコーナーに卓球、マンガといった娯楽施設も充実しているので、親子で楽しい時間を過ごすことができます。

場所は伊香保温泉街の入り口付近につき、「金太夫」からは歩くと距離がありますが、送迎バスが運行しているので安心です。せっかくなので、タオル持参で遊びに行ってみましょう。

最後に

伊香保温泉という名湯の地にありながら、貸切家族風呂や足湯、日帰り温泉「黄金の湯館」まで無料で楽しめる「金太夫」。温泉だけでも十分魅力的ですが、ここは伊藤園ホテルの宿なので、夜はバイキングでアルコールも飲み放題。1泊2食付がリーズナブル価格で提供されているうえに、365日同一料金です!

なお伊香保の石階段は365段あり、この数字には「温泉街に365日賑わいを」とのメッセージが込められています。365日同一料金で幸せのお裾分けをしてくれる伊東園ホテル「金太夫」にも通ずるものがありませんか?夏休みやGWに年末年始、連休を伊香保で過ごしたいと計画する人には絶対におすすめの宿ですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/13−2017/08/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ